バトルROワイアル@Wiki 204


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

204.紛い物の騎士


「大丈夫か?」
 ♂BSに一撃を放った後、そのまま地面に倒れこんだ♂ローグの耳に、聞き覚えのある声が聞こえていた。
 痛む体に強いて、首を捩ると声のした方向に向ける。

「…あんたか」
 見上げれば、♀セージがじっと彼を見ていた。
 冷たい様な瞳で。けれど、彼はその後ろに泣き顔を見た気がした。
 身を起し、立ち上がる。そこに刻まれているだろう傷を見たのか、彼女の氷が僅かに揺らぐ。

「今、プリーストを呼ぶ。少し…」
 待て、と言いかけた♀セージを、♂ローグは片手で制した。
 行かなければならないし、聞かなければならない事があった。

「子バフォと、♀アーチャーはどうした?」

 彼を見ていた冷たい瞳が、溶けて零れた。
 潤んだ瞳を隠しながら、彼女は首を横に振る。

「子バフォは判らない、でも♀アーチャーは…」
 ♂ローグは、そうか、とだけ答え、背を向ける。
 彼女は知らぬと言ったが恐らくは、子バフォも又。
 もう♀セージから言葉はなかった。
 ありがとう。彼は、心の中でだけ小さく礼の言葉を言う。

 ──足は重く、短い距離が酷く遠く感じる。
 バドスケのくぐもった声が彼方から聞こえる。
 見れば、泥だらけの服を着た小さな塊が、草を赤く濡らして彼の前に横たわっていた。
 歩を進める。近づいてくる♂ローグの足音は聞こえているだろうに、バドスケは彼の方を向かない。

 ぽたり、ぽたりと何処からか雫が滴る音が。
 少しして、それは頬を伝っているらしい、と気づいた。
 血か?♂ローグは思う。それにしては、少しも痛みは感じない。
 只、熱だけが。熱だけが、後から後から頬を顎を伝って落ちていく。

 アラームは。詩人の腕に、きつく抱かれて、眠っていた。
 口の端からは血が。包帯が幾重にも巻かれた腹も、真っ赤だった。
 眠っている様にさえ、見えた。死に顔は、眠る様に安らかだった。
 苦しまずに死ねたのか。そんな事が脳裏を光の速さで過ぎ去っていった。

「…よぉ」
 ♂ローグは、何時もの笑みを無理矢理浮かべながら、眠りこけるアラームにそう呼びかけた。
 熱。熱い雫が、幾つも幾つも。
 漸く、ゆっくりと詩人が男に向き直る。
 仮面が外れ、骸骨の素顔が露になっていたが、それさえ既に気にもならない様子だった。

 言葉を忘れているらしい詩人の横に、男はどっかと座る。
 煙草を懐から取り出し、かちかちと中々思い通りに着火しない火打石を打ち鳴らす。
 その僅かの間に、彼は思った。

 皆、死んでしまった。
 あっさりと。自分が護れてさえ居れば。
 そんな事を思う積りは毛頭なかったが。
 けれど。けれども。

 ──漸く火の付いた煙草を咥え、紫色の煙を吸い込む。
 少し吸い込み過ぎたか、ごほごほと♂ローグは咳き込む。

「アラーム」
 そうしてから、空いた手で、♂ローグは、くしゃくしゃと少女の頭を撫でる。
 それが、彼の知る中で、一番優しい振る舞いだった。
 詩人は何も言わぬ。少女もまた。只、男だけが喋っていた。

 彼は、今更ながらに。

「俺は、お前等と、一緒に、居たときな」

 声は、震えていた。

「知らない間に、俺は、お前等ん中に、なりたかった俺を見てた」

 振るう剣は弱者の為に。
 そんな願望。だが、夢が既に果てている事は他ならぬ彼自身が一番良く知っている。
 手にしていたツルギは、かつて一人前になった剣士が手にする物だったが、これほど彼に似合わない武器もあるまい。
 だから、共に居た時は何時も、それを考えないでいた。

「馬鹿みたい、だろ? 俺みたいな、糞悪党が、騎士になりたかった、なんてよ」
 言って、ローグはとんだ笑い種だと笑う。悪党は騎士になれない。
 片手の煙草から、溜まった灰が地面に落ちた。
 彼は根元まで燃え尽きた煙草を投げ捨てる。

「でもな、それでもな」
 彼は気づいたのだ。

「俺は、嬉しかった」
 嬉しかった。例え、自分は悪党に過ぎないとしても。
 男には、誇れるものなど何も無かった。あるのは只、惰性と怠惰、そして悪徳で過ぎていくだけの日々。

「だって、お前等は、俺に、大切な物を、くれたもの」
 あの♀プリーストに、そして彼等に出会った事が彼に命を吹き込んだのだ。

 もう一度、物言わぬ少女の頭をくしゃり、と撫でる。
 熱。熱が。先程よりも、より多く頬を伝っていく。
 顔をふと上げると、詩人が彼を見ていた。
 その視線に、自らの頬をに手を触れ、初めて彼は自分が泣いている事に気づいた。

 眼を瞑る。
 泣いてはいけない。悪党に涙は似合わない。
 死など見慣れていた筈だった。
 しかし、溢れる涙は止まる事無く。

「ありがとう。ゆっくり、眠ってくれ」
 だから、彼は笑った。大輪の笑みで。眠る少女を安心させる様に。
 既に死んでしまった、大切なものを彼に与えた者達の為に。
 彼は、自らの胸の内。未だ形を成さない何かを、強く強く誓った。

 ──どれ程、そうしていた事だろう。

「…?」
 何だ。男は、詩人は。眼前の少女の体に何かを見た。
 形容しがたい。しかし優しい何か。

 淡い、光が。始めは、何処からか注いでいるかとも思ったが、そうではなかった。
 それは、少女の体から発せられた光。
 彼等が、その正体を考えるより早く、淡い光に包まれた少女の体が縮んでいった。
 服、そして包帯。少女が身に着けていたそれだけを残して、ぱさり、と軽い音を残して何かが地面に落ちた。

 男が、詩人がそれを見る。
 涙が、再び流れた。
 奇跡だとか、そんな陳腐な表現はどうでもよかった。
 只、目の前にあるそれに、男は自ら誓いを立てた。

 所詮は、紛い物に過ぎないとしても、強く強く彼は誓った。

「…なんだよ、アラーム。お前、笑ってるんじゃねぇか」
 何時もの笑みを浮かべ、呟いた♂ローグ。滲んだその視線の先には、一枚のカード。
 一人の少女が、その内で、優しげに笑うカードが、草の上に落ちていた。

 『アラームc、一枚獲得』

 がんばって。背中を押すアラームの声を、その瞬間彼等は聞いた気がした。


<♂ローグ アラームc(効果は不明)一枚獲得 その他は変わらず>
<バドスケ 状態場所装備変わらず>


戻る 目次 進む
203 目次 205
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|