バトルROワイアル@Wiki 2-195


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

195.死神の世界 [2日目夜 定時放送③後]


『これ、やるよ。この指輪には魔法がかけてあるんだ。
 どんなときだってお前をまもってくれる、とっておきの魔法だよ。
 だからがんばって強くなって───いっしょに転職しような』

記憶は繰り返される。飽きることもなく、記憶は繰り返される。
いっそ改竄されてしまえば、すくわれるのに。
そう思えるほどに記憶は俺にからみついたままで、けして放そうとはしてくれない。

『ゴメンね。あなたに指輪のひとつもあげられなくて・・・・・・こんな風に自然に咲いてるお花くらいしか、あげられるものがなくて・・・・・・』
『気にするなよ。それにさ、こうすれば、花だって指輪になるだろ。ほら、きれいな花の指輪になった。
 いやだって言っても、いっしょに転職するからな』

薬指に銀の指輪をはめた少女の左手と、少年の右手がからみあう。
薬指に花の指輪をはめた少年の左手と、少女の右手がからみあう。
永遠を誓った、アコライトの少女と、剣士の少年。
忘れられない、記憶。

繰り返されるのは、あの日までの記憶で、そこで俺の時間は止まる。
ずぶりと鉄の塊を口の中へ刺しこまれた彼女と、なにもできなかった自分。
かけがえのない命を失った彼女と、命以外のすべてを失った自分。
止まった時計が動き出すことは、ない。

それからの自分がどうやって生きてきたのかは、自分自身ですらよく覚えていない。
気がつけばクルセイダーになることを許されて、気がつけばこの島にいた。
別にBR法の適用者に志願したわけでもなければ、強要されたわけでもなかった。
ただ俺にすがるように泣きついてきたクルセイダーの頼みを、聞き入れただけだった。

今にして思えば、俺はそのときにはすでに、壊れはじめていたんだろう。
生きる目的なんてなにもなく、死ぬ理由もない。
彼女の分まで生きようとする強さも、彼女のもとへ行こうとする弱さも、俺にはなかった。
からっぽだった。
なにもない、からっぽの俺。どうしようもないほど、空虚な俺の心。
善も悪も、その判断も、世界を憎むことも、世界に絶望することも、なにもできない、伽藍洞。

けれどそんな伽藍洞な俺を、悪魔というやつは放っておかなかった。
忍び寄ってきた悪魔は、かつて彼女が着ていたアコライトと同じ服装で、にこやかな笑顔で俺にこう言った。

『よかった。クルセイダーならこんな殺し合いに乗っていたりしませんよね。
 あぁ、本当によかった。やっぱり神様は、ちゃんと私たちを見ていてくださるんだわ』

そのとき俺は、うまれてはじめて自分の心が壊れる音を、聞いた。
それは、憎悪の波が、俺の心をこなごなに打ち砕いた音だった。
黒々とした炎が、打ち砕いた心ごと自分のからだを燃やし尽くす音だった。

───神さまなんて、この世にはいないとおもった

左手が赤い。女の血で左手が、べっとりと赤い。
彼女との約束も、指輪のあった薬指も、俺のからだも、握り締めた剣の刃も、俺が見る世界も、すべてが赤い。
ぬぐっても、ぬぐっても、洗い落とせない赤。

目の前にはアコライトの少女が同じように全身を赤く染めて、横たわっていた。
かつて少年の時間を止めた少女と同じように、口に鉄の塊を突き入れられて、少女は生き絶えていた。

『おめでとうございます、♂クルセイダーさま。いやはや鬼神のような闘いぶりでした。
 あなたが優勝でございます。どうぞ、生き残ったものとして、これからも生きつづけてくださいませ』

ジョーカーと名乗ったGMが、俺を笑っているゴブリン仮面のような顔で迎え入れた。
それが死神としてのはじまりだった。
俺のことを祝福されし死神と、人は言う。
神など信じないこの俺を、神に祝福された死神だと、人は呼んだのだ。

生きる理由が見つかった。死ねない理由が見つかった。
神を信じているものがいる限り、どうして死ぬことができるだろうか。
神に願うものがいる限り、どうして死ぬことができるだろうか。

こうして他者の信じる神を否定することが、俺のすべてとなった。

神はすくってくれなどしない。神はなにもしてくれはしない。
人々に絶望を与えることが、俺のすべてとなった。

───そのためにはこの島こそがふさわしい

だから俺は、もういちどこの殺戮ゲームに参加した。迷いなどない、はずだった。

『うそつき』
嘘じゃない。俺は本当に、心から神を否定し、神を信じるものを絶望の淵に叩きこむことだけを願っている。

『うそつき』
嘘じゃない。俺は本当に、心から神を信じているやつを、憎んでいる。

『うそつき』
嘘じゃない。俺は本当に、心からお前をすくってくれなかった神を───


◇◇◇◇◇◇


目覚めた俺の頬は、なぜだか濡れていた。どうやらいつのまにか、深く眠っていたようだった。

(誰にも殺されず、生きているだけでも感謝しなければならんな・・・・・・)

───誰に?

ズキリと背中が痛む。痛いのは背中だけではない。
開かない左目も、焼けただれた顔も、切り裂かれた脇腹も、痛みは少しもひいていなかった。
耳まで壊れているらしく、奇妙な音が頭の中をこだましていた。

不意に♂クルセイダーは右目を大きく見開いた。奇妙な音が本物であることに、気がついたのである。
痛むからだを無理矢理に動かして、♂クルセイダーは身に背負いつけていた荷袋から、しわくちゃになった一枚の紙を取り出した。
紙は水に濡れていたが、どういうわけかすこしもにじんではいなかった。

右目の視線を紙にぶつけて、記されている情報を読み取った。
地図上でD-3を示す場所が黒く変色しており、そしてときおり赤くなり、黒と赤を交互に表示していた。

ピピピ ピピピ

その奇妙な音は、♂クルセイダーの首から聞こえてくるようであった。

(祝福された死神も、いまやただの死神というわけか・・・・・・)

苛立たしく歯噛みして、♂クルセイダーはよろよろと立ち上がった。
助かるかどうかはわからない。
けれど彼は神さまに祈ろうとは思わなかった。
そんなことは絶対にしないと心に誓って、彼はがたついたからだを引きずるようにして東を目指し、歩きはじめた。

おそらく自分は助からないだろう。
そう思いながらも、彼は歩いた。
自分が生きつづけることだけが、死んでいった少女への慰めだと信じて、彼は歩きつづけた。

神さまに殺されるべき自分が死ぬことは、神さまがいることを認めることであり、
それではあの日、神さまは彼女を見捨てたということになってしまう。
♂クルセイダーにとって、それだけは、耐えられないことであった。

あれほど神を信じた少女が、神に見捨てられたはずがない。
だから神は存在しない。
♂クルセイダーは歯を食いしばって叫んだ。

「神などいない! だから俺は死なない。死ぬものか!」

夜空に浮かぶ無数の星々が、♂クルセイダーをあわれむように、またたいていた。


<♂クルセイダー>
現在位置:D-3から東へ
髪型:csm:4j0h70g2
所持品:S2ブレストシミター(亀将軍挿し) ナイフ(背中に刺さったまま)
状態:左目の光を失う 脇腹に深い傷 背に刺し傷を負う 焼け爛れた左半身
  精神不安定



戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|