バトルROワイアル@Wiki 2-224


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

224.目覚め [2日目深夜]


サラサラサラサラ
草の擦れ合う音がする中、くるぶしまで届くような丈の草原をゆっくり南下する。
月明かりがあるとはいえ、見える範囲は決して広くない。
足音がするような歩き方をしないとはいえ、ここまでの長さに成長した雑草を相手に忍足をするほうが無理だというものだ。
それゆえに彼は、その囁き声に気付くのに遅れてしまった。
あるいは、拍子抜けのあまり気が緩んでいたのかも知れない。
しかし、彼はエキスパートだった。
次の瞬間、背負っていたクロスボウを素早く構えた。
その獰猛な笑みとともに。

♂スパノビは意を決して♀BSの肩をそっと揺さぶった。
「ん・・・・?」
疲労していたとはいえ、不覚にも眠っていたようだった。
「ど・・・」
しゃべりかけた♀BSに対し♂スパノビは必死の形相で首を振り、ある方向を指差す。
様子がおかしい。
♀BSは♂スパノビの指差す方向を凝視してみた。
自分のへし折った炎の槍のかすかな光の向こうに何者かが動く影。
「おで・・・怖い」
♂スパノビは体を動かさず、♀BSに囁いた。
こんな時刻に単独で動く人間。身こなしを見る限り盗賊あがりだろう。そして、♂スパノビの怯え。
結論は一つ。あそこにいるのは、仲間を傷つける可能性のある、敵だ。
その瞬間、♀BSは眠気が吹き飛ぶのを感じた。そして、素早く頭を回転させる。
「相手は1人、こっちは2人いる。いくら向こうが手練れでも同時に畳み掛ければ十分に勝機はあるはずだよ」
トーンを落とした声で♀BSは言う。
「あたいが先陣をきるからあんたはフォローを」
「わかっだ」
♂スパノビは言われるがまま頷く。
「相手は1人・・・あいつをやるよ!」
♀BSの自分に言い聞かすような言葉は図らずも、♂スパノビのどこかにスイッチを入れてしまった。
「ぼずの命令・・・あいつを、やる」
二人は音もなく立ち上がる。かたや闘将のごとく。かたや幽鬼のごとく。

自分の勘が正しいことは即座に証明された。
背後の、それほど遠いわけでもない場所から立ち上がる2つの影を見付けたからだ。
「気を緩めた瞬間に急襲ってかぁ。面白い」
♂ローグは即座に相手の戦力を分析する。
ぱっと見る限りは2人である。
ほかにも伏せている可能性がないわけではないが、回り込まれた可能性は皆無だ。
油断していたとはいえ、警戒していたのは事実である。
また、自分の足音すら隠し切れない草原、遠くまで見通せない薄暗さでは狙撃の可能性も限りなく低い。
「おいおい、思ったより無謀だなあいつら。なにか奥の手でもあんのか?」
独りごちる♂ローグに向かって影の片方が間合いを詰めるように走り出した。
「ち、前衛と後衛か?だが!」
手元にあるのは準備されたクロスボウ。
ほんの一呼吸ほどで詰まるほどの間合い、が逆にその距離だからこそ必殺の一撃にもなりうる。
限界まで張られた弦が高い音とともに矢を弾き出す。

打ち合わせ通り走り出した♀BSの背中を見ながら、立ち尽くす。
頭の中でこだまする教官の声。
”お前、もしかして生まれつきのバトルオーダートリッパーか?”
そして♀BSの言葉。
”あいつをやるよ!”
そのとき、彼の体は意思とは裏腹に外部の状況に反応していた。

♀BSの反応は早かった。
立ち上がり、向こうの影が弓を構えていると知った途端走り出した。
扱いやすく力のないものでも強烈な一撃を繰り出すことができる石弓。
完全に接近してしまわないと安心できるものではない。
しかし、♀BSが♂ローグの顔の傷を確認できる場所に到達した瞬間、矢は放たれた。
彼女ではなく、その背後に立ち尽くす♂スパノビにめがけて。
「しまっ」

ゴゥ!
♂スパノビの足元から細い枯葉が舞い上がる。
矢の風切り音はその音に飲み込また。影に揺らいだ気配はない。
「ニューマだと?」
しかし、遠くに構ってられるほどの余裕はない。
目前にせまったワイルドな女、♀BSが手に持った斧を振りかぶったからだ。
「ちっ」
素早くバックステップをし、距離を取る。
空ぶった斧を既に構えなおし再び間合いを詰めようとする♀BSが見える。
精神集中を行い、気配を絶つ。
ターゲットを見失った♀BSはしばし逡巡するが、後ろも見ずに叫ぶ。
「♂スパノビ、ルアフを!」
返事もなく後ろの影は青白い光の玉を纏い、♀BSに走り寄る。
トンネルドライブを行使し、矢をつがえながら回り込もうとしていた♂ローグは舌打ちする。
「思った以上に厄介だな」
すばやく姿をあらわし、今度は♀BSめがけて矢を放つ。
しかし、先ほどと同じく♂スパノビはそれに反応しニューマを行使する。
二人は背中合わせになり、♂ローグの襲撃に備え始めた。

闇を切り裂き矢が飛来する。
常人とは思えない反応でそれにあわせてニューマをはる♂スパノビ。
その体躯を守るように青白い光が絶え間なく旋回している。
島に来る前に見たニューマとは比べ物にならないほどのお粗末なものだったが矢の狙いが定まらないのか致命的な1撃はいまのところない。
しかし、矢はニューマの切れ目に飛んでくることもあれば、気が緩みそうになる瞬間に飛んでくることもあった。
そのタイミングに規則性はなく、ニューマで防いではいるものの完全ではなくこちらにダメージを蓄積させている。
このまま、防戦が続けばいずれはこちらがやられてしまうだろう。しかし、向こうも焦れてきているはずだ。
お互い決定打に欠ける状態、忍耐や精神力を要求されてると言える。
相手が決着に向けて動き出せば、あるいは疲労によるゆらぎがあれば、その隙に勝機を見出せる。
「あたいらは、まだ負けてないよ」
再び足もとから上昇気流が巻き起こる。体のワキを矢が掠めていく。
もう何度この繰り返しを行っただろうか・・・。
そっと背後を見てみると無表情な♂スパノビの横顔が見える。頬に矢傷があるものの、その顔に疲労の色はない。
スパノビの精神力の脆弱さは有名なくらいである。
精神集中を要する単調作業にこれだけの時間もったことの方が驚嘆に値するだろう。

「粘るな・・・」
姿を隠せる分圧倒的に分があるが、人数の差は埋めがたい。
2人で動かず防戦に徹しているということは、この場に他の仲間はいないというだろう。
もしくは・・・援軍待ちの可能性もある。
あまり長引かせるのも得策ではない。
矢にも限りがある。あまり無駄弾を撃つほど余裕があるとはいえない。
ましてや、今夜の内に出来うる限り障害はなくしておきたいのである。
そのためにも遠近で攻める手段を手放すわけにはいかない。
ならば・・・。
ルアフの効果が切れたとき。その時が狙い目だ。
魔法は同時には行使できない。ニューマとルアフの一瞬の隙をつく。
この意図された膠着はその狙いを誤魔化すためのブラフでもある。
狙いに気づかれることはまずないだろう。
もちろん、矢傷によって倒れることが理想的ではあったが。
視界の中で草原に舞う草がなくなる。
もう少しだ・・・・。
じりじりと移動をしながら狙いをつける。これまでの数回も、ニューマがなければ致命傷になるように狙ってきた。
周囲を明るく照らす、青白い光が消える。
いきなり暗くなったせいで視界が闇に包まれる。
しかし、体はそれとは関係なく動く。
直前の狙いそのままに素早く矢を放つと同時にクロスボウを投げ捨てる。
腰に吊るしてあったポイズンナイフを構え、矢の命中も確認せず一気に走り出す。
目が闇に慣れていなかろうと淀みのない動き。
「本当の殺し合いはこれからだぜ!」

ふっと闇が押し寄せる。
風が舞い上がる気配。
そして、衝撃。
上下感覚がなくりなり、自分が立っているかどうかも判別できない。
地面がぐらぐら揺れているように感じる。
今度は閃光。
そばで剣戟が聞こえる。
♂スパノビが応戦しているのだろう。
あれだけ怯えていたのが嘘のような攻防である。
♀BSは、そこでようやく自分が倒れ伏してるのに気付いた。
青白い光に照らされて4本の足が少し向こうで踊っているように見える。
1対1では不利だ。ましてや、相手はここまで一人で生き残ってきたであろう人間だ。
起き上がろうと体を動かすと左の脇腹に鋭い痛みが走る。
左の下半身もしびれがある。
しかし、このままじゃ仲間に出会うどころかむざむざ二人ともやられてしまうだけだ。
そう思うと再び闘争本能に火が点くのを感じる。痛みも忘れることができる。
倒れても手から離すことのなかった斧を杖代わりに、争いあう男たちの傍らに立ち上がる。


<♂ローグ>
現在地:F-6
所持品:ポイズンナイフ クロスボウ(地面に打ち捨てられている) 望遠鏡 寄生虫の卵入り保存食×2 未開封青箱
外 見:片目に大きな古傷
備 考:殺人快楽至上主義 GMと多少のコンタクト有、自分を騙したGMジョーカーも殺す なるべく2人組を狙う
状 態:全身に軽い切り傷

<♀BS>
現在地:F-6
所持品:ツーハンドアックス 古いカード帖
外 見:むちむち カートはない
備 考:ボス 筋肉娘 覚悟完了
状 態:負傷箇所に痛みが残る。軽度の火傷。複数の矢傷。左脇腹に裂傷。毒?

<♂スパノビ>
現在地:F-6
所持品:スティレット ガード ほお紅 装飾用ひまわり
外 見:巨漢 超強面だが頭が悪い
備 考:BOT症状は発現?
状 態:HPレッドゾーン?
  • ニューマ
  • ルアフ



戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|