バトルROワイアル@Wiki 2-227

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

227. ビーチフラッグス [2日目深夜]


グラリスは血の跡をつけながら、芋虫のように地面を這いずりバスタードソードに向かう。愛するWを生かすために。左手を奪った♂クルセイダーを殺すために。

♂クルセイダーもまたバスタードソードへと歩を進める。大木に預けていた体重を自分の足へと戻し、一歩、また一歩と、地面を這いずるグラリスとさほど変わらない早さで。

(俺は生きる!)
(彼女を殺して、俺は生き残らなければならない)
♂クルセイダーは察していた。今の自分では彼女がバスタードソードを手にする前に彼女の元へたどり着けないことを。それでも、彼は思った。
(彼女がそれを手にし、構えるまでのわずかな時間に殺さなければ)
今の♂クルセイダーには、避けた後体勢を立て直す体力…、いや、避けるだけの体力も残されていないと感じていた。

(彼を殺す!)
(彼を殺して、Wを救わなければならない)
グラリスは必死だった。Wのために、彼を殺すことだけを考えてバスタードソードへ向かう。左腕からくる激痛は、スリープアロー程度では気休め程度にしか変わらず、予想を超えた感覚の鈍化と戦いながら。

グラリスがバスタードソードの一歩手前まで来たとき、急速に時は動き出した。
失った左手を地面に突き立て、悲鳴にも似た叫びを上げると、左手を支えに、それまで地面に伏していた身体を起こし、右手でバスタードソードを拾い上げる。
叫びと同時に♂クルセイダーはシミターを振り上げ、まだグラリスの存在しないバスタードソードに向かって振り下ろす。

直後、おびただしい量の鮮血があたりを染める。


<♂クルセイダー>
現在地:E-4
髪 型:csm:4j0h70g2
所持品:S2ブレストシミター(亀将軍挿し)
備 考:♂騎士を生かしはしたものの、迷いはない
状 態:左目の光を失う 脇腹に深い傷 背に刺し傷を負う 焼け爛れた左半身 体力は再びレッドゾーン シミターを振り下ろしている グラリスの攻撃を受けた可能性有り

<グラリス>
現在地:E-4
容姿:カプラ=グラリス
所持品:TBlバスタードソード、普通の矢筒、スリープアロー十数本とそれを穂先にした銛
状態:裂傷等は治療済み 左手首から先を失う 体力はレッドゾーン
備考:バスタードソードを拾い上げた直後 クルセイダー♂の攻撃を受けたかは不明



戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|