バトルROワイアル@Wiki 2-288


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


288.彼女の結末[三日目昼頃]

 気付いた時、辺りには誰もいなかった。
 己の相棒の姿も、何処にもなかった。
 戦闘の跡か。これは、何だ。不気味な生物の残骸のようなものと、その体液であろう気味の悪い染みが散らばっている。
 おぼろげに辿ってみた記憶の最後の映像は、羽虫の女王と大勢の人間との対峙。一体あれから、どうなったのだろうか――。
 そうだ。こうしてはいられない。
 あの頼りない相棒は一体、どこに行ってしまったのか。探さなければ。
 ばさりと広げた翼に違和感と多少の痛み。火傷をしている。
 ……この程度、何でも無い。
 何が起こっているのか。
 ♀ハンターは、何処に行ってしまったのか。
 把握しなくては。
 そう思うや否や、彼はひとりその場を飛び立った。


    ◇  ◇  ◇


「……お前の負けだ」
「………………」
 己にぴたりと拳を向けたままのグラサンモンクを前に、最早♀ハンターであったものはクロスボウを片手に突っ立っている。ぴくりとも動かず、相変わらず焦点の定まらない目元も振り乱された髪に隠れてわからない。
 ♂セージの思惑は、ただ♀アルケミストが最も重傷だと判断したからではない。♀アルケミストの持っていたクロスボウが奴の手に渡ったのであれば、せめて♀アルケミストがクロスボウとセットで使っていたもうひとつの武器、毒矢を奴から遠ざける必要があった。そうすれば、グラサンモンクほどの腕と体力があるならば、暫くは矢の攻撃にも耐えることができるだろう。そして敵の闇雲に矢を射ちまくる、あの攻撃スタイルならば。
「――そう、矢はいずれ尽きる」
 彼女の所持品であったオリデオコンの矢筒の中には、もう埃以外には何も入っていない。代わりを見つけたばかりの弓も、使い切りの消耗品である矢がなくなってしまってはどうしようもない。彼女は遂に、攻撃する武器を失ったのだ。
 グラサンモンクの勝利、である。
「俺の言葉が、わかるか」
 グラサンモンクの問い掛けにも、反応は無い。しかし、肩が小刻みに上下しているということは立ったまま死んでしまっているなどということはなさそうだし、何を思っているのかはわからないが逃げる意志も感じられなかった。
「何があったんだ。いや、何かがあったのか……? その姿は、どういうことなんだ?」
 返事は返って来ない。
 言葉が話せないのだろうか。
 暫し、グラサンモンクは思案する。
 少なくとも、目の前にいる存在は危険因子には違いない。放っておくわけにはいくまい。だが、戦意を失った彼女に止めを刺すのは少し、グラサンモンクには躊躇われた。
 それでもここでこうしてぐずぐずしているわけにはいかないのだ。さっきのあの、悲鳴の主は誰だったのか。♂セージを追い、♂モンクも♀騎士も手当てをしてやらなくては。早く仲間と合流しなくては。悪ケミストにまた叱られる。
 そう、俺はもう、迷わないと誓ったのだ。
「……すまないが、少しの間動けなくなって貰う」
 そうやって、拳を握ったまま彼女に一歩近付いた、その時。
「…………!!」
 何を言ってもぴくりとも動かなかった彼女が、反応した。
 凄い勢いでぐるりと彼女が首を向けたその方向をグラサンモンクも目で追うと、そこには。


    ◇  ◇  ◇


 ふたりの人間が、そこにいた。
 片や見覚えの無い男。どうやらモンクのようだが、サングラスをかけており、無愛想に見える。
 もう片方はどろどろの、不死者のような奴だった。
 どうやらこのふたりは戦闘をしていたらしく、よく見れば遠くの方にもう何人か、人間が倒れているように見えた。
 どろどろの奴が一歩、鳥の存在に気付いて足を踏み出した。
 ふぁると名付けられたその鳥は、おぼつかない足取りでよろよろと自分に近寄ってくるそいつの足元にあるものを見た。
 相棒の為に自分が運んで来た弓が、ぼろぼろになって折れていた。
 折れた弓は、目の前の奴の体液にまみれていた。
 こいつが、♀ハンターを。
 ふぁるは、どろどろの奴に向けて、自分の主人に向けて、グラサンモンクの脇を抜けて、傷ついた翼にも構わずそれを翻して、電光石火の勢いで迫ると、
「ぶぁ゙…………る゙」
 手を伸ばそうとした♀ハンターであったものへ、ふぁるの爪が一閃、二閃し、ゆっくりとその躯が地に伏すその間際に、彼女の口から潰れた声で漏れた呟きは、愛鳥の元には届かなかった。



<残り12名+4匹>

<♀ハンター>
現在地:E-6
所持品:スパナ、古い紫色の箱、フォーチュンソード、オリデオコンの矢筒、+2バイタルシュールドボウ[3]
    (所持品は全て寄生虫の体内にいたため痛んでいます)
外 見:全身の皮膚が半分溶けた異様な姿
スキル:ファルコンマスタリー、ブリッツビート、スチールクロウ、集中力向上、ダブルストレーピング
備 考:対人恐怖症、鳥と会話が出来る、純鷹師、弓の扱いはそれなり
状 態:死亡

<ふぁる>
現在地:E-6
所持品:リボンのヘアバンド
スキル:ブリッツビート スチールクロウ
備 考:なんだかんだいいながら♀ハンターが心配で堪らない、ツンデレ? GM側の拠点を発見するも重要視せず無視
    寄生虫に捕食されかけた事で異様な姿になった♀ハンターを♀ハンターと認識できず
状 態:JTによる負傷、♀ハンターが殺されたかと激昂

<♀騎士>
現在地:E-6
所持品:S1シールド、ツルギ
外見:csf:4j0i8092 赤みを帯びた黒色の瞳
備考:殺人に強い忌避感とPTSDを持つが、大分心を強く持てるようになる。刀剣類に抵抗感 笑えるように
状態:気絶 負傷多数 重篤?

<♂モンク>
現在地:E-6
所持品:なし
外見:アフロ(アサデフォから落雷により変更)
スキル:金剛不壊 阿修羅覇凰拳 発勁
備考:ラッパー 諸行無常思考 楽観的 刃物で殺傷
状態:腕に裂傷、JTを複数被弾、意識不明、通電によるショック症状

<グラサンモンク>
現在地:E-6
所持品:緑ポーション5個 インソムニアックサングラス 種別不明鞭
容 姿:csm:4r0l6010i2
スキル:ヒール 気功 白刃取り 気奪 指弾 発勁 金剛 阿修羅覇王拳
備 考:特別枠 右心臓 したぼく二号 悪ケミを護る ♀ケミに疑念 デビルチを警戒
状 態:掌と肩に打撲 SP微妙に枯渇
参考スレ:【18歳未満進入禁止】リアル・グRO妄想スレッド【閲覧注意】
作品「雨の日」「青空に響く鎮魂歌」よりモンク(♂モンクと区別するため便宜的にグラサンモンクと表記)

戻る 目次 進む
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|