バトルROワイアル@Wiki 230B


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

230-B.epilogue


プロンテラの一角、賑わう大通りから少し外れた広場に、必ず現れる男がいる。
楽器を手に日が暮れるまで演奏していくが、金は取らずにいつも下ばかり向いている暗そうな男だ。
どうしても気になってしまって、今日はついに声をかけてしまった。

「いい音してるのに……もったいないね」

突然目の前に出てきた私に、彼はとても驚いた様子だった。
何か用か、と控えめに尋ねてくるので、常々からの疑問を投げかける。

「なんでさぁ、あんた歌わないの? バードでしょ」

聞くと、いつもとは対照的に、恥ずかしくなるほどこちらの顔を見つめてきた。
あんまり真っ直ぐなので、綺麗な目だなぁ、なんて思考がずれる。

「歌わないと、おかしいかな」

妙なイントネーションの口調は、フェイヨンあたりから来た人なんだろう。
成り立てのアーチャーには良くある話だと聞く。転職するまで直らないのは珍しいことではあるが。

「おかしいっていうか、歌があればもっと素敵だと思うよ。その曲」

素直な感想だった。バードと言えば弾き語りにしろ歌唄いにしろ、無言で曲を弾くものは居ない。
ダンサーの伴奏を務める場合だって、演奏とともにその声を披露するものだ。
(もしかしてこの人、すごい音痴なのかしら……)
返事を待つが、こっちを見てはいるものの口を開こうとはしない。まぁいいか、と話題を変える。
何故いつもここにいるのか、金は取らないのか、他の街には行かないのか。
とりとめもなく聞いて、わかったのはこの広場が好きらしいということだった。
確かに、ここからプロンテラ城、そしてギルド砦と続く眺めは見事なものだ。
今は日も高く、王城と砦が誇らしげにそびえる様子が良く見える。夜になれば、無数にある部屋に明かりが灯され、その輝きは夜空の星々にも見劣りしない。
画家の卵が写生に良く利用するくらいだから、バードにとっても曲の発想を得るのに良い場所なのだろうか。

「そういえば、それ。なんていう名前の曲なの?」

「……battleROyale」

「それって、モンクのやるアレ? そんなに血生臭い曲には聞こえないけどな」

バトルロワイアルといえば、拳闘場で行われる試合形式のひとつだ。
数人が一斉に闘いを始めるので、勝者の予想がしにくく賭け試合として人気も高い。
けれどこの曲は、「郷愁」とか「悲哀」なんかの言葉が似合いそうな、感情に訴えるもののように思う。
気づけば、いつのまにか隣に座り込んで話してしまっていた。どこか物悲しい曲に物騒な名前をつけたこの男。
いつも下ばかり向いて演奏しているくせに、話すときはこっちを真っ直ぐに見つめてくる。
口数は少ないものの、笑顔で迎えてくれているところを見ると、私を疎ましいと思ってはいないらしい。
新しい発見に、もっと知りたい、と自然と心が弾んだ。

そのとき、久々にゆったりと流れる時間を邪魔するものが、突然現れた。
馬の甲高い嘶きと、少女の悲鳴。空気が騒いでいるのが、こんなに離れていても分かる。
テロだ。それも、かなりの規模だろう。すぐに援護に向かわなくては、立ち上がり
そのまま駆け出そうとする私の視界で、しかし彼は動かなかった。

「何やってんのよ? 助けに行くなり逃げるなりしなさいよ!」

早口でまくし立てる私を、きょとんとした顔で見てくる。ノービスじゃあるまいし、
何を言われているのか分からない、とでも言うつもりか。

「とにかく私は行くから、あんたも気をつけんのよ!」

走る視界の中でどんどん小さくなる姿は、やはり動こうとはしていなかった。


半時間ほどたってひとまず大通りのテロは落ち着いた。取りこぼした魔物も居たという話だが、
一匹ならさほどの脅威にはならないだろう。こっそりと拾ってきた戦果に顔をほころばせながら、
さっきのすっとぼけ野郎の所に向かう。

「まだぼーっと座ってればの話だけど……」

居た。さっきの場所でさっきの格好のまま、大通りのほうを見ている。
その、バードの向こう側には

「危ないッ!後ろ!!」

我ながら少し恥ずかしいくらいの大声を出してしまった。いや、実際に危機的な状況なんだからいいとして。
私に気づいた彼は、満面の笑みを見せて手を振っている。そして背後に迫る影はその手の得物を振り上げた。

「早く逃げなさい!!」

私のほうを、少し困ったような顔で見て立っている。そうじゃない、怒ってるんじゃなくて。
そうか、この人、もしかして耳が―――

瞬間、最上段に振り上げられた剣は息をのむ速さで落下し、思わず目を覆ってしまった私の耳に届いたのは、
風を切る音と石畳が砕ける音だった。
バードを真っ二つにしようとしていた剣は、しかし何も捉えられずに地面にめり込んでいる。

「いつの間に……」

完全に後ろを取られた攻撃を、男はあっさりと避けていたのだ。そしていつ手にしたのか、その手に弓を引き絞っていた。

「ダブルストレイフィング!」

ゼロ距離からの二重撃に、魔物はあっさりと崩れ落ちて形を失う。
一瞬の攻防に、すっかり見入ってしまった。

「あんた、凄いんじゃん……」

呟く私に、やはり男は、笑っていた。



「歌わない、のって、それが、原因?」

言って耳をつつくと、彼は静かにうなずいた。ゆっくりで良ければ聞いてくれ、と身の上話をぽつりぽつりと話し始める。
ある事故で聴力を失ったこと、それでもどうしても伝えたい物語があったこと。アーチャーだった彼は、それでバードを目指した。
楽器に傷ひとつ付いてない理由は、戦いの道具ではないからだそうだ。
そうして転職して、楽器の扱いを必死に練習した。耳が聞こえなくても、どうにか演奏は形になった。
いつも下を向いていたのは、別に性格が暗いわけじゃなく、常に手元を見てないと間違いに気づけないからだ。
けれど、歌はそうも行かない。こうして話している今も、自分がきちんと喋れているか不安になるという。

「歌は、もうなくても構わないんだ。俺はこんなだし、だからって他人に代わりに弾いてもらうなんてな」

そういう彼の瞳は何かを思い出すように歪み、悲しい色が見え隠れした。
ああ全く。駄目だ、私は捨て犬とか放っておけないタチなんだってば。

「なら、あたしが、歌って、あげるわよ」

伝えたい物語があるっていうのに、もっとちゃんと伝えなくてどうするのか。やっぱりこの人馬鹿かなぁ、と思う。
放っておいたらひたすら孤独に生きるんじゃないか、そんな気がして、ついつい悪い虫が出てしまった。

「え?歌?いや、だから俺は別に」
「とりあえず、コンビ結成、ってことで、あのお城に、乾杯、するわよ!」

なおも言いよどむバードを、懐からぶどうジュースを取り出しまくし立てて黙らせる。
見上げれば、既に日は落ち夕焼けで空が赤く染まっていた。
城も砦も真っ赤に燃えていて、まるでノーグの火山でも噴火してしまったみたいだ。


「……あの赤い砦にも、乾杯してやってくれ」


観念したのか、気が変わったのか、やっぱり諦めただけか、ともかく了承は取れたようだ。


「ヴァルキリーレルムに、乾杯!」
「俺達の旅と、あいつらの想いに」



数ヵ月後、ある2人組の話は静かに世界に広まっていった。
神出鬼没のバードは、耳の聞こえない演奏者としてその名を知られることになる。
そして、彼のオリジナルの曲もまた、多くの人の耳に届くところとなった。

「この詩の内容、夢で見ただけだとか言ってたけど、絶対ウソだね」
「あー、いや、まぁ……その、」
「いつか気が向いたら、話してくれればいいけど。そうだね、あと1年くらいの内がいいかな」

今日も狩りと興行を終え、酒場でグラスを傾ける。
モロクの夜は早いが、冒険者たちで賑わう酒場は明け方まで火を消さない。
他の人間のぬくもりが、日々命を削りながら生きる彼等にとって心休まるのだろう。

「お前は……俺の知ってる人達に、良く似てるよ」
「それはそれは、余程おせっかいな人なわけね」

明日はプロンテラに向かってたくさん歩くから、しっかり寝ておかないと。
そういって酒を切り上げ、それぞれの部屋に戻った。
彼らは月に一度、どこに居ても必ずプロンテラに戻る。
そして、ヴァルキリーレルムのベンチで一晩中曲を奏でるのだ。


「明日は久しぶりの宴会だな」


彼らを懐かしんで見上げる空に、まだプロンテラは見えない。



battleROyale……人間たちの物語


戻る 目次
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|