Requiem


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ART OF SOUNDS 

          ~Requiemfor angels life

一人の天使が音の絵画を描いている。

繊細さの中に激しさを込めた絵を。

やがてその絵に引き寄せられた一匹の蝶がその絵に色をつける。

どのくらいそうして描き続けていたのだろう。

気がつけば周りには4匹の蝶が。

4匹の蝶がそれぞれ複雑に色をつけてゆく。

絵に生命が宿り始める。

それは激しくも儚いメロディー。

孤独な天使が描いたこの絵の終わりは愛か憎しみか

今は美しくも秩序無きこの絵の世界は変わる。

時に哀れみ、時に憎悪する。

感情を持つ世界が何かを愛するようになることは運命だったのか

苦悩に壊れかけている世界を救うにはどうすればいい?

蝶たちは焦り、天使が描き加える何かを待つ。

やがて天使は一輪の花を書き込んだ。

蝶たちはそれに光を与えた。

世界を光が明るく照らしている。

しかし、それでも世界は狂気に向かって進んでいた。

天使の奏でる儚く、哀しい音によって

キャンパスの中央に繊細な絵が描かれてゆく。

蝶たちは色をつけることなく、ただこの絵の終焉を待つ。

天使の音が強くなり、絵に感情をつけてゆく。

終焉へと向かうカウントダウンが始まる。

音に乱れ、舞い狂う天使。

絵の感情がついに暴走し、不協和音が広がる。

時に繊細でありながら深い悲しみと憎しみを持つその音は

他の音と決して交わることは無い。

一人孤独なステージで音に感情を吹き込み、絵を描き続ける。

美しく妖艶な不協和音の中を淫らに舞う堕ちた天使。

すでに翼は傷つき果てているのに舞うことを決して止めない。

舞う 舞う 舞う。

どの位の時が流れたのだろう&

翼が完全に千切れ落ちたとき、天使は音も無く消えた。

残された絵には確かに天使の思いが在った。

蝶たちが鎮魂歌を奏でながら絵の周りを飛び回り、

絵に色をつけてゆく。

その絵はとても激しく、切なく、儚い。

そして、この世の何よりも妖しく、美しい絵画となった。

まるで自分自身の冥福を祈っているようなその絵は

今、完全に終焉を迎えて、

色をつけていた4匹の蝶は、みな美しい白い翼を手に入れた。

4人の天使はみな涙を流している。

あまりに終焉を迎えた絵が美し過ぎて。

繊細で、激しく、狂気に満ちている 永久に完成する事無き

この作品の名は

ART OF LIFE

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

更新履歴

取得中です。