会社設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

株式が存在した場合の対策
会社に株券が存在する場合、全株式を非公開とし、全ての株券を社長(ヒヅキタマキ)が保持する。
これで資本関係を使った社外からの浸透を防ぐ。
代わりに会社関係のL化費用や経費は社長が支払う。
(第七世界人の企業は銀行からの借り入れも無いので、そんなに心配しなくても良い)

製造に関するチェック体制
製品製造に使われる材料及び部品の入荷数と消費量と在庫、製品の製造数と在庫(あれば)、製品の販売数と販売先、不良品および廃棄する材料や部品の実数と帳簿数を連動させてアイドレス内時間で3ヶ月に一度チェックを行う。また、何らかの問題にISSが気がついた場合、その判断に従う。
この際、最初から会社で明らかな異常と判断する場合、1T内に実数と帳簿数の数値が10%以上違う場合などは、即時に藩国の警察とISSへ報告し調査を要請、自社内においても調査と問題解決に当たる。ISSからの要請、調査も当然受け入れる。必要と判断した場合、即時製造及び販売の停止も対応に含む。

このチェックは、コストと製品管理も容易となる利点がある。改善の前提が出来る。


カイゼン
W1では共通語となりつつある改善を行う。
1。品質改善。製造ラインの歩合率が分かるので、その原因究明と対策を行う事で、品質を向上させる。設計から、部品精度、輸送方法まで範囲に入れて行う。
2。コスト改善。設計段階での製品の部品数の検討、原材料と部品の価格、生産効率、必要な部品在庫数、輸送方法に至るまで、検討し対策を行う事で一万分の1にゃんにゃん単位でも安くしていく。ただし、品質への影響は出さないようにし、下請けの部品工場を持つ場合、限度を超えないようにして制限を掛ける。
3。自動化。産業機械を出来るだけ使用し、担当パートごとに必要な生産技術を分けて保持させ、共有も禁じる。