ゲーム辞典『あ行』


ヴァルキリープロファイル (ばるきりーぷろふぁいる)
ロールプレイング(エニックス/PS)
  • あらゆる面で絶賛されているが、いざプレイすると フリーズの嵐 (泣)。必殺技でフリーズ、大魔法でフリーズ、連続コンボでフリーズ、戦闘終了でフリーズ、挙句の果てには セーブ中にフリーズ (汗)。PCゲームかこれは!?
  • それでもプレイしてしまうのはゲーム性が良いからであって…惜しい。
  • フレイ姉さんが次第に恐ろしくなって来るのは、誰も同じらしい(笑)。【メガフレア渉】

  • 相手によってはザコ戦でも 30分かかる ゲーム。【七瀬十左】

  • 通は武器を最弱にして あえて戦闘に30分かける。 魔晶石の為に。【メガフレア渉】

  • フリーズ直前の不具合っぷりは、あの『ロマンシング サ・ガ』をも凌ぐ。
  • 通常攻撃の途中でいきなりニーベルン・ヴァレスティが始まり、レナスが「フッ!」とジャンプしたところでフリーズという 大盤振る舞い に、思わず拍手喝采。【まりあろここ】

  • ルシオ、バドさん、Mr若本(ジェイさん)の大解放トリオで稼ぎプレイ中ホントに魔晶石が止まらなくなりフリーズ。
  • 結局2分ほど放置したら無事戦闘は終了してくれた。
  • その後ルシオの声がMr若本になってたけど。同様のネタがエニックスのVP4コマ(2)にもある。【うろおぼえ】


ウィザーズハーモニー (うぃざーずはーもにー)
シミュレーション(アークシステムワークス/SS.PS)
  • 基本的に私は声優には興味ないのだが、いくらなんでもこれはいけないと思った。
  • 声のヘタさは、あの『デスクリムゾン』にも匹敵する。
  • で、なぜ投稿したかというと、当時プレイステーションマガジン(現在廃刊)で読者がゲームを批評するコーナーをやっており、初めて自分の批評が載ったのがこのゲームであった。
  • しかも、不覚にも○評価(爆)。当時はゲームに飢えていたのだろう…。【ないすねいちゃ】


Wizardry (うぃざーどりぃ)
ロールプレイング(サーテック/PC.FC.SFC.GB.PCE.SS.PS)
  • 詳しくはこのサイトのWiz辞典をみるにょー(えー)。【管理人】


ウィル (うぃる)
キャラクター(だんじょん商店会
  • 魔法使いの弟子。
  • 研究命。師匠を出し抜こうと、惚れ薬から猛毒まで依頼されたらなんでも作る…ってゆーか 止めろよラオ師匠!! 【管理人】


Wings of fury (ういんぐすおぶふゅーりー)
シューティング(Broderbund/PC)
  • 和訳すると『怒りの翼』か。内容は第二次世界大戦中の舞台で日本軍を撃ちまくるゲーム。
  • 日本のPCに移植された時の題は『Wings』。なんと、 主客が見事に転倒して、自機はゼロ戦となっていた。 【管理人】


ウェポンブレイク (うぇぽんぶれいく)
技(ファイナルファンタジータクティクス)
  • ジョブ「ナイト」の戦技のひとつ。敵の武器を破壊する。
  • メンテナンスというアビリティを付けていない限り破壊される。(命中率に左右されるけど)
  • これを使えばエクスカリバーだろうがカオスブレイドだろうがなんでも木っ端微塵。ここでも伝説の脆さが出る…。【AIR】

  • まあ壊されても黒子が代わりを持ってきてくれるし(違)。【管理人】


うぐぅ… (うぐぅ…)
セリフ(Kanon
  • 月宮あゆの口癖。
  • 最近では思わず口をついて出てくる単語(笑)。
  • 「うぐぅは風邪をひかない」。主人公の名台詞!【LIM】


(うた)
叫べ!
  • 『サイコソルジャー』のようにゲームそのものが歌うものもあるが(もっと新しいゲームで例えようよ…)、密かに歌詞が用意されたゲームというのがなんか趣き深い。
  • 『ファンタジーゾーン』のラスボスとか『超絶倫人ベラボーマン』とか、なぜか色々歌う事ができた過去の自分、ちょっと痛い。
  • でもさすがに『リブルラブル』で『目蒲線の女』は歌わなかった(笑)。【管理人】


海の檻歌 The Legend of HeroesV (うみのおりうた ざれじぇんどおぶひーろーずふぁいぶ)
ロールプレイング(日本ファルコム
  • ガガーブ三部作(英雄伝説III/IV/V)完結編。物語の時代的にはIVとIIIの中間にあたる。
  • SS版「英雄伝説III」を除けば、III、IV、Vともかなり高い評価を得ている。
  • 確かに出来は良い……ラストがマ○ロス(覚えてい~ますか~)に似ている事を除けば。【ないすねいちゃ】


海のぬしつり (うみのぬしつり)
釣り(メーカーどこだっけ…)
  • 私は良く知らないが、初代のやつは 父の メモリアルゲーである。
  • 釣りシーンそのものよりイタチだろうが羆だろうが「おもいっきりぶんなぐ」って倒していた主人公の少年の グラップラー精神 が子供心に残ってたりする。【うろおぼえ】

  • ゲーム辞典を移植するに当たってメーカーを検索してみた。
  • 「パック・イン・ビデオ」という会社の作品。
  • シリーズ後期は「ビクターインタラクティブソフトウエア」に版権が移っているようだ。
  • なお、正確には「海のぬしつり」ではなく「海のぬし釣り」である。【M沢】


海腹川背 (うみはらかわせ)
アクション(エクシングエンタテイメント/SFC.PS)
  • 女の子版『ヒットラーの復活』
  • タイトルの本来の意味は「海の魚は腹に、川の魚は背中に油がのっている」という板前用語。
  • 川背さん(主人公の名前)、意外と胸でかい(爆)。【ないすねいちゃ】

  • 「海の魚は腹から、川の魚は背から焼く」では? と思い検索してみたのだが、この2つの他にも「捌き方説(海の魚は腹から、川の魚は背から包丁を入れる)」「盛り方説(海の魚は腹を手前に、川の魚は背を手前に盛り付ける)」等があるようで、情報が錯綜しているようだ【M沢】


ウルフチーム (うるふちーむ)
メーカーだったりブランドだったり
  • 代表作をあげようと思ったのだけど…面白かったゲームって?(えー)。
  • 『クォータービュー』 という用語を発明したのが一番メジャーな仕事(えー)。【管理人】








| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー