イシタクプレ


参加してくださった手嶋さん・梅さん・そして一年生に感謝!
日程:3/8~3/15
参加者
一年 石井、五十嵐、ヤマケン、中野
三年 梅山(3/12~)
四年 手嶋

一日目(3/8) 千葉大⇒福山

つーつープレと共に福山まで輪行。
中野のタイヤがまさかのバースト寸前。
テレホンカードの裏技を覚える。

風呂もつーつープレと一緒に済ませ、
ツダテツの『すき屋があるよ!』の言葉に負け、夕飯はすき屋。

福山城近くの公園にてキャンプ。

輪行中の中野&ヤマケンと
つーつー&五十嵐&手嶋さん

輪行解除中にメカトラ

二日目(3/9) 福山⇒因島

6時起床で天気はあいにくの雨。
雨の中走るのか…
と思いきや、まさかの雪&みぞれで大荒れ。

スプロケに雪が凍りつき変速できない、
というまさかのメカトラ。
顔にみぞれが刺さり痛い、
というまさかの苦行。
そのせいもあり尾道までの20㌔に
午前中を掛けるというまさかまさか。

尾道ラーメンを食べつつ作戦会議。
マジで帰りたくなったよ!

とりあえず因島にわたり、五十嵐の強い希望の元
囲碁の名手・本因坊秀策記念館に行く。
…が、まさかの休館日。
寒すぎてテンションがた落ちの中、水軍城もスルー。
身の危険を感じ、因島の民宿にて素泊まり。
そしてハイパードカベンタイムへ。

三日目(3/10) 因島⇒波止浜⇒(輪行)観音寺

朝は晴天。太陽の光に感動するも
しばらくして、あいにくの天気に。
出発前に宿のおばちゃんに
大量のはっさくやらネーブルやらをもらう。
ありがとう!

生口橋にてみかん?のポーズ

生口島のレストランがやってなかったり
みかんがあるにもかかわらず大三島でさらに購入したり、
海鮮レストラン『大漁』が定休日だったり、
道の駅よしうみいきいき館すら、
まさかの休館日でいきいきしてなかったり。
定休日の呪縛にまたもや縛られる5人。

今治近くの波止浜駅から観音寺まで輪行し
観音寺・琴弾公園でキャンプ。
風呂&テンバ共に最高でした。

四日目(3/11) 観音寺⇒琴平

前日の就寝が2時近くだった事もあり、出発が遅れる。
そして木曜日は、
ほとんどのうどん屋が定休日…
またもや定休日に悩まされる5人。

しかし二日ぶりの快晴!
そして川沿いの道!海からの追い風!
ヤマケンのパンクがあるも、ガンガン飛ばします!
道沿いにあるうどんを食べ歩き(走り?)しつつ
無駄に峠のある道を選び、
琴平の金比羅山へ。

パンク修理本番。まだ不慣れな感じ。

奥社には雪が残るも、景色は最高。
SPを抱えている、あれな人はいませんでした。

金比羅巡りに時間がかかり、
阿波池田まで行くことを断念。
峠手前の道の駅にてキャンプ。

山間の異様な寒さ+食後の大量のみかんのため、
イシタクが寒さにやられる。
会話も・片づけもしなくなり、
ただ突っ立ってるだけの置物状態。

ほんとにすみませんでした!!!

五日目 琴平⇒大歩危・小歩危

大型トラックのアイドリング音で目覚めは最悪。
しかし阿波池田で合流する梅さんのために
みんな早起き!

さくっと400㍍峠を越え徳島県へ。
朝の気温は6℃。
寒さを堪えつつ、
トンネルを越えるとそこは0℃の世界でした。
マジデワラエナイ

くだりで五十嵐がパンク。さすが手馴れてる感じ。

買い物をしつつ無事に阿波池田到着。

梅様~~!!

合流後に目指すは、かずら橋。
ゆやかなのぼり道をひたすら登る登る。

途中の展望台にて休憩&写真撮影!

小便小僧の高さとかずら橋は、
なかなかの怖さでした。

みんないいポーズ
手すりから手を離そうとしない梅さん

大歩危駅で駅寝の予定でしたが、
風呂近くにある道の駅がいいポジション過ぎたため、
道の駅にしいやにてキャンプ。

梅さん合流後の初料理は、盛り盛りカレーでした。


そしてイシタクは荷物と共に一人の夜。

六日目 大歩危⇒(輪行)土佐山田⇒高知

朝早く起きて、大歩危駅へ。
道の駅からトンネルまでのまさかの登りが、
朝一の僕らにはパンチが効きすぎました。

大歩危駅から土佐山田まで輪行。
寝ていたためこの間の記憶がありませぬ。

土佐山田から龍河洞へ。
吉武・八角プレと感動の対面。
とりあえずかさばっていたみかん等を
中村さんに渡す男たち。

龍河洞見学後にお土産探索。いいお土産買えたかな?

龍河洞を後にし、一路高知へ。
エチオピア饅頭なんて無かったことにしませんか?

併走する路面電車に大興奮。チャリのほうが早い!!

高知アイドルを見ながら軽食、
ランドリーをしつつ高知城へ。
高知城はなかなかの見栄えで感動。
金比羅に続き、天守閣まで階段をひたすら登る。

買い物&ランドリーが終わる頃には真っ暗。
銭湯がなかなか見当たらなく迷いつつも、
ひたすら走って桂浜に到着。

暗いし目立たなそうだから、
桂浜にテントを張るという行動に出る。

屋根付き明かりつきの休憩所にて、
贅沢にかつおのたたきを食べる。旨い!

この日は、五十嵐が一人の夜。

七日目 高知⇒(輪行)中村⇒足摺

朝日を見るために早起き。
空が明るくなる頃みんなで散歩。
そして夜が明けていく桂浜の美しさに心奪われる。
まさに日本の夜明けぜよ!

竜馬と一緒に夜明けぜよ!

そしてなぜか流行った自分プロマイド

桂浜を後にし、高知駅でお土産を物色する。
高知駅から中村まで輪行し、いざ足摺に向けて出発!
しかし時は既に三時…

芋けんぴパワーにて向かい風の中、五十嵐が鬼引き。
迫りくるアップダウンの連続。
そしてブラインドコーナー。
上り返しスキルがLVアップする。
そしてイシタク・中野・手嶋さんの無駄なアタック。

結局到着前に日が沈み、
街灯が無く暗く細い道を
ひたすらびくびくしながら走る。

足摺にて再び吉武・八角プレと対面。
国民宿舎、足摺テルメは
カッパスタイルで入っていい場所ではなかった!

お風呂から帰るころには、
中村さんを除き寝静まっていました。

それなのに
うるさくしてごめんなさい!

そしてまたもやイシタクが一人の夜。

八日目 足摺⇒中村

朝食の準備のため5時過ぎに起きる。
すると八角・吉武プレが出発するところでした。
シュッパツハヤクナイデスカ

調理中にガス缶がなくなり、芯パスタに。
ガス缶を借りるの忘れてたorz


足摺の白山洞門にて集合写真!

そして、リベンジ!大漁屋にて朝食代わりのお刺身定食。
モーニングタイムなのに、作ってくれました。
天気が悪くなるらしいので、
素泊まりの予約も忘れずに行う。

休憩で寄った足摺黒潮市場は、
まさかのレストラン開店前。残念…

行きの苦労が嘘かのような快走路。
しかし、四万十川につく頃には天気が大荒れ。

四万十屋にて四万十の幸をとりつつ作戦会議を行う。
ごりの天ぷらが美味でした。

結局すぐ宿に向かい、プレは無事終了。
ランドリーをしつつ夜が更けていきました。


感想とか感謝の言葉とか

手嶋さんがいなかったら、このプレは崩壊してました。
またメンテについてもレベルアップできました。
ありがとうございます。

途中合流してくださった梅さんがいなかったら、
このプレはここまで楽しくならなかったと思います。
数日でしたが、楽しかったです!

そして率先して動く一年がいなければ
予定通りに動けませんでした。ありがとう。

色々な人に助けられ、色んなことを学んだプレでした。
プレを計画して引っ張って色々なことに気づきました。
失敗をするからこそ、次に活かせるんだと
実感したプレになりました。
そして失敗を温かくフォローしてくれる
みんながいたからこそ楽しいプレになりました。

短い間だったけど、ほんとに本当に、楽しかった!楽しかった!
大事なことなので二回言いました。
プレメンバーみんな、ほんとありがとう!