銚子には行くのに勝浦には行かねーのかよ
ということで勝浦まで走っていったラン
メンバーは鳥海、溝渕、石井
297勝浦までまっすぐ行って、128を北上の後126で帰るといったルート

得意の先頭交代システムを使い勝浦まで速攻で着く
「勝浦超近いじゃーん」「夕方には帰れるんじゃね?」と調子に乗る3人は勝浦に来たのだからと海に出る
しかし、海には何もなくショボーン
海沿いの道を北上し始めたのだがそこで気付く

自分たちが疲れていることに…

海沿いの向かい風がめちゃめちゃ強いことに…

結局126に入るころには日が暮れ、テンションが下がった3人はゆっくり帰ることに…

無事生還