プロローグ
ホリプレ。
たった四文字に込められた思いは、他のどれとも似ていない。
常に孤高であり続ける僕らは、あるいは「異質」に映っているのかもしれない。
しかし、それでいいのである。いや、それだからいいのである。


第Ⅰ章 旅立ち 8/16(火)  道程
8:30。大宮駅でダークロと合流を果たすやいなや、走り出す。もちろん無言だ。この日の目的地は高崎。国道をひたすら北上する。大宮から約80km。途中、前方を行く一人のロード乗りを見てダークロが反応する。曰く、大宮までの自走の間に見かけた人らしい。これがこの日交わした初めてのまともな会話だ。

最初のコンビニで休憩しようとすると、そこにはあのロードが。手短に事を済ませ、出発する。しばらくして、二人は気付く。あの男につけられているということに。それからどれほどの間だろうか?後ろを振り向くたびに奴がいる。

風よけに使うならまだしも、車一台分以上離れた後方から追ってくる彼が不気味でならなかった。明らかに車が来ていなくても、奴は一向に抜こうとしない。ペースは、自分たちの前を走っていた時よりも確実に遅い。振り払おうと、二人はペースを上げる。しかし、所詮は荷物付きのMTB。ロード単体をちぎれるはずもない。結局、道が分岐するまで、奴は後ろを走り続けた。おかげで、15:00には高崎に着くという好ペース。しかし、いったい彼は何がしたかったのだろうか?

16:00。公園を下見したのち、迷いながらも風呂にたどり着く。風呂から上がると、休憩所にてセルフサービスの麦茶をエンドレスに流し込みながら、明日以降のルートについて話し合う。意外にもこれが初めてのまともなプレ会議だ。この辺がホリプレたる所以と言えるだろう。話がまとまった頃には、19:00を迎えようとしていた。

その後、松屋で食事を済ませ、高崎公園にて就寝。翌日からは、真のホリプレが始まることとなる。


第Ⅱ章 はじまり 8/17(水) 道程
4:00。公園内で飼育されている鶏の鳴き声で目を覚ます。その流れで、出発したいところだが、そうはいかない。第三の刺客、平田を待つからだ。仕方なく、二度寝を決め込む。次に目が覚めた時には、外はすっかり明るくなっていた。

だが、出られない。たくさんの人の声が聞こえる。朝の公園。そう、ラジオ体操だ。テントの表面には、老人が軽快に体操をする様が影となって映し出される。ただ、待つしかなかった。

ラジオ体操が終わり、人がはけたのを見計らって、外へ出る。夜は暗くて気づかなかったが、鶏以外にも孔雀や猿などが飼育されており、小さな動物園と言っても過言ではなかった。しばらくの間それらを鑑賞して時間をつぶしたのち、高崎駅へと向かう。

ついに、はじまる。ホリプレ夏の陣。

駅に向かう途中のコンビニで、まさかの平田発見。すでに、輪行解除を終えており、プレ初日とは感じさせないそのたたずまいは流石の一言に尽きる。そして、まったくもって無駄のない合流を果たした10数分後には、走り出す。

走り出して間もなく、三人はほぼ同時に見つける。反対車線には、「伝説のコンビニ」の姿が。先頭を引くダークロは迷いなく、休憩を英断。休憩後の三人が、高揚感に満ち溢れていたことは言うまでもない。

しばらく走り、峠の手前で昼食をとることに。頼んだ品を待っている間にメーリスのチェックを行う。「ダブルラインプレ」という文字列を見て、それまで忘れていた感情が甦る。

「和田の野郎」

本プレで事ある度にこのフレーズが使われるようになるとは、この時点では知る由もなかった。

話は出発前にさかのぼる。告知はしたものの、平田、黒田とお馴染みのメンバーしか揃わなかった事もあり、いっそもう一人くらいこのメンバーで違和感なく溶け込める人員を増やそうとしたのだ。そこで、白羽の矢を立てたのがワダケンだったのだが・・・

現実はあまりにも厳しかった。

くノ一の色仕掛け >>同級生の友情

行き場のない怒りを碓氷峠にぶつけ、軽井沢に到着。

たくさんの店があるにも関わらず、コンビニが全く見当たらない。流石は、メジャー観光地。

街の雰囲気を軽く味わったのち、風呂へ。通常1200円のはずが、夏期特別料金ということで1500円に。軽井沢の小ささが垣間見えた瞬間だった。

辺りがすっかり暗くなったこともあり、高原教会へ行くことに。ダークロのおすすめだ。夜に行くと綺麗らしい。無数のろうそくの燈火だけで照らされたその様は、幻想的という言葉がぴったりだった。夜の観光(もちろん変な意味ではない。)も悪くないなと思えた。

しかし、

男三人で行くような場所では決してなかった。

俺だっていつかは・・・

淡い希望を胸にそっとしまい、今日もまた眠りに就く。

(第Ⅲ章へ続くつもりでしたが、スタイルを笠井・近藤プレにパクられて以来やる気を失くしたので、ここで終わりにします。どうやら、ひねくれた性格はもう治らないみたいです。まぁ、最後まで書かないってのも「らしい」終わり方なんじゃないかな。)