北の果ての長い長い旅が始まる........
(語り手:N、たまに間の手:K、見せパン:H)



Part1
ハンドルフラット

Part2
道東潮流



part5
宗谷の風



 - NHKの試される大地Part1 -

-1日目 青森~札幌(輪行)




天気:晴れ

夏合宿の余韻を引きずりながら、アフターへ!
皆が去って二人残るのは、想像以上に寂しいものだった・・
K「寂しすぎて笑えない・・・」


だが.....!
「北海道!」
その素敵な大地が僕らを行動させたッ!

たちまち僕らは夜行列車「はまなす」に乗り込む!

これで青森~札幌まで!
K「歯を磨いて寝る準備」


翌日は市原タイガースを回収しに旭川に寄り、アフター開始地点、美幌へ向かいます。


0日目 札幌~旭川~美幌(輪行)




天気:晴れ

目が覚めるとそこは北海道、札幌!


乗継まで札幌駅地下のMOSバーガーで時間をつぶす。主に読書。今回は時間があれば読書をしていたな・・
K「今ならもっさんフィギュアが貰えるよ!」

旭川へ行き、平田兄貴と合流!



ラーメンを食らう!蜂屋!油油!



さらに電車で移動し、やっと美幌に到着!



自称知床探検隊のおじさんが登場、口癖は
「この写真に写ってるこれ、おじさんな」
この日は、簡易ライダーハウス「びほろ後楽園」で宿泊。
K「後楽園では札幌からチャリ旅しにきたおじさんとも会ったね」


やっとスタート!



1日目 美幌~川湯温泉 68km(日数クリックでルートが出ます)




天気:曇り時々晴れ

びほろ後楽園を後にし、最初の見どころ美幌峠、屈斜路湖へ向かう!



朝ご飯はもちろんセイコーマート!進化してました。
K「この旅のMVPは間違いない!」



のぼる!のぼる!
青い三角形の旗は、ホクレンフラッグ。
美幌のホクレンにあった最後の3つを購入しました。



到着!標高はたった500未満!



だが!



この景色だぜ!ひょひょー!



美幌峠には、年金を心配する掃除のおじさんがいます。
「おいらの年金よろしくな」



そしてビューっと自転車で峠を下っていく!

和琴半島に到着!
そこで足湯につかる。広いので裸体で入浴してた人もいました。



そしてビューーっと走って、



掘れば温泉が湧く、砂場へ到着。平田さんが掘ってます。



ここで温泉に入る予定でしたが、いくら掘っても全身入れそうにないので、先に進むことに!



ぴゅーっとひとっ走りして、川湯温泉の公衆浴場へ。
道民漁師?と交流しました。



そして夕食!もちろんノンアルコールッ!



特大ザンギ定食!めしたりねぇ!
お刺身は店からのサービスサービスぅ!



大満足の後、野宿しました。
野宿場所の名前なんだっけ・・
K「阿寒国立公えn・・・ヨイコハマネシナイデネ」




2日目 川湯温泉~中標津 100km




天気:晴れ

今日も見どころ満載!

朝早く、野宿場所を後にします。


朝ご飯はもちろんセイコーマート!
ほぼ毎朝お世話になりました。

まずは神の子池へ向けて走ります。



こんなのも悠々と走っています。さすが北海道です。



そんなこんなで神の子池に到着!



神の子池まではダートなので、パンクが怖い僕らはすたこら歩いて行きました。2キロくらい?



そしてご対面!



真ん中の「青」がくっきりわかるでしょうか?



そして名所と名高い摩周湖を、裏から見る裏摩周へと向かいます。
ガンガン走る!


ちょっとだけ急な入口の坂を上れば到着。
K「るろうに剣心トークが白熱しました!」



ばーーん



どーーん


ここの休憩所でお昼を食べます。
K「休憩所のオバちゃん優しい!」


まだまだ走る!今日の最大の見どころ、開陽台へ!



牛うし!養老牛!



しか!
K「道ばたに落ちてるのが北海道クオリティー!」



北海道!



キツイ坂を登って、開陽台が、みえてきた!



ぐへへ!サイコーの天気でした。



格子状防風林! 逆側からは国後島までばっちり!



こばじゅんもばっちり!



K「しっかり思い出残してきました!」



開陽台を満喫し、中標津へ向かいます。




北海道の自然を堪能した後は、北海道の味も堪能しなくては!
ということで、中標津は国道272号沿いのすしロードへ。



回転寿司なのにクオリティが高い。そこにしびれるぅ!



Hも太鼓判!


中標津はこのあたりでは都会のようで、ショッピングセンターやホームセンターなどがありました。ここで本を買ったりネジを買ったりしました。
K「紳士服の青山が都会であるか否かの境目らしい」

その後マルエー温泉で汗を流して、円山公園で野宿。
温泉へ向かう途中、草野球ナイターを観戦。いい球場でしたな。
写真ある?



天気にも恵まれ、順調な滑りだしをみせるこの旅。
NHKは、北海道の本気を見るために道東へ自転車を向けるのであった。

K「それにしても毎日Hのパンツ見せられるが苦痛である」

第一部「ハンドルフラット」

  完!

第二部「道東潮流」へ続く!