4時に起床のはずが、寝坊。
宿毛から
次は 四国最南端足摺岬!!!!

足摺岬の手前までは余裕のよっちゃん。
今日はゆとりだと思ったら、、、

足摺岬手前7,8kmぐらいから、強烈な登りに突入!
疲れた体に、鞭を打ち、頑張るもペースダウン。
中山は完全にちぎられる。

坂が終わったらと思ったら、また坂。
坂が終わったらと思ったら、また坂。
ひたすらこれの繰り返し。
坂が永遠に続くと思われた、、、

しかしあるところから、急激な下り坂に!
一気にそのまま下り足摺岬!



なかなかの風景。ただ正直、みんな疲れてる。

足摺岬を後にした一行は、いざ四万十へ。
そして四万十で伝説の男と合流を果たす!
その男の名は 武田大輝!