GravityZero 設定集 wg1








実際の世界

構築中

序章:世界

一章:空間

二章:施設

GravityZero
┗存在しない

Chaos
┣中核都市
┗王の棺

SkyBlue
┣浪漫喫茶 蔵美亭
┗ゲート(浮遊石

Soil
┣ワールド
┗ゲート(ワールド

三章:神器

結晶
┣ガルド・クラスタ
┗ガルド・フラグメント

グリモア
┣マテリオール
┗エーテリオン

四章:領主

ABYSS
┣セラウフィア
┣アエリルム
┣スクトロア
┣ドライアズ
┣ヒュヴァトニア
┗ソパーズ

ハルモニア
┣ハルモニア
┣ガーディアン
┗ラウド・スフィア

ティアーズ
┣ティアーズ
┣ロウ
┣チャーム
┗アイテム

五章:ルール

六章:データ


更新履歴

取得中です。



旧コンテンツ






※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆中

ワールドジェネレーション

それは願いの一滴
儚い希望を追い求める、旅人達の物語

ようこそ、GravityZeroの世界へ。
手前が名はローレライ 。
まぁ、気軽に案内人 とでも思ってください。
では…手前に暫しお付き合い下さいます様お願いします。


この世について

このGravityZeroというエリアは、遠く昔…二つに引き裂かれたのです。

原因は今と成っては知る事も在りません。

如何なる命の一生でも、辿り行く事ができないほどに昔の事です。


ただ解るのは、引き裂かれたエリアはそれぞれ、


「虚無」のエリア、Chaos(いやはてのもん)

「存在」のエリア、SkyBlue(かなたのそら)


という名前であること。



ChaosとSkyBlueは、双極に位置するエリアでした。

元は同じ故に二つは元に戻ろうとし…、

二つに分かたれた故に、それを良しとしませんでした。

それは…

「虚無」は全てを無に帰す事が在るべき姿であると想い…

「存在」はそこに在る事自体が、既に在るべき姿だと想ったためです。





虚無と存在は侵食し合い、せめぎ合い…。

だからこそ、その狭間に隙間が生まれました。

その名を

「境海」のエリア、Soil(さまようだいち)


は誕生したのでしょう。


意見をたがえる双方の、境界線に生れたエリア。

「境海」は唯一「世界」を内包するエリアです。

単一の願いではなく様々な思いを孕んだエリア でした。


「境海」は虚無も、存在も、統合も、破滅さえも。

全てを認可し、全てを認め…。

そう、世界の数だけ望みの数…夢のカケラが在りました。

それは「虚無」でも、「存在」でもなく…

ただ「煌き」が、そこにはありました





Soilの存在は、虚無と存在にとって、まったく異質の存在でした。

故に双極は境海に接触し…。



やがて「存在」は「境海」の本質を理解し、争う事をやめました。

境海の本質は、存在し続ける事ではあませんが…。

それでも…、変化し、巡る命の煌きが、美しいと思ったからです。


やがて「虚無」は「境海」の本質を理解し、争うことを選びました。

境海の本質は、無であり続けることでは在りませんが…。

それでも、止まらぬ煌きの拍動が、忌々しいと思ったからです。




そうして、今…。

存在は「ただ傍観する事」を続け

虚無は「無に帰す事」を続け

境海は「夢を見続ける事」を続けています。


これが、手前の知る限りのことです。