※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テニス ベースボール ボウリング ゴルフ ボクシング

Wiiスポーツ ボウリング ボールの衝突場面

■ボウリング(1~4人)

メニュー レポート
操作はリモコンを球を投げるように振る。10フレーム投げることができて最もリアルに近い競技
「まわりに人がいないか…」の画面から十字キーを押しっぱなしにするとボールの色を変えれる
↑だと青色、←だと赤色、→だと黄、↓だと緑色、にボウリングの玉が変化する
リモコンを速く振るほど球が速くなる。Bを離すタイミングによってリリースタイミングが変わる
ランダム性は全くないため、全く同じように投げれば同じ球筋になる
ひねりが大きく球が遅いほど曲がりが大きくなる
後ろにスイングしたときにリリースすると後ろに投げることができる
斜めに投げて隣のレーンに入れることもできるがガター扱い。
プロになるとボールに柄が付く

 

■ボウリング リモコンをひねる方向と球の曲がる方向について

メニュー レポート
投げるときにリモコンをひねると、ひねった方向に関わらず基本的にピンのある方向へ曲がる
↑(1投目などでピンが10本残っている状態では、中央に向かって曲がる。)
つまり少しでも左右にずらした地点から投げると、基本的に外側には曲げられない。
 (Aボタンを押して投げる方向をある程度内側に向けておくと、外側にも曲げられる。)
中央から方向を変えずに投げた場合は、利き手から逆の方向へ曲がる(フック)
つまり球を曲げたい場合は、その方向に関わらずリモコンを内側にひねればいい。
↑(外側にひねりにくい手首の関節を考えた仕様だと思われる。)

 

 

■ボウリング 簡単ストライク 

メニュー レポート
簡単にストライクを取る方法
右から2番目の▲を通過するように投げて、
1-3ピンの間を通すようにカーブをかけるのがストライクの定石。
ボールが直接当たるのは1,3,5,9ピンだけで、
他のピンはピン同士の衝突で倒す。左利きの場合は逆に考える。

 

 

■ボウリング 300点への道

メニュー レポート
ストライクを取るのを持続させるのかが重要になってきます。
上の簡単ストライクを取る方法と似ています。
狙うのは1-3ピンの間なんですが、投げる位置が重要です。一番端から思いっきりカーブで狙います
ですので端からカーブを投げれるように練習してください。
やり方は投げるタイミングを早めにして思いっきりWiiリモコンをひねってください
端から投げることによりピンアクションが大きくなりストライクが生まれます。

 

■ボウリング 好成績をとるためのコツ

メニュー レポート
1投目
1-3番ピンの間(ポケット)を狙うとストライクが出やすくスプリットになりにくい。
(左利きの場合は1-2番ピンの間がポケット)
右利きでの狙い方…目の前の7コの点の右から1~2コ目あたりのラインに立ち、
大きくひねってフックをかけ最速スピードで投げる。上手くいけば直前で曲がってポケットに入る。
2投目
曲がりがちになるときは、最速スピードでリリースをできるだけ遅くして
遠くに投げ落とせば、転がるストロークが短くなり、回転がかかってもまっすぐ捉えられる。
スプリットになってしまったら、一方の外側に薄く当ててピンを横に滑らせてもう一方を狙う感じ
10 海外版パーフェクト動画