※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大衆とメディア

のまネコ問題では特にメディアの偏向報道、又は誤報、取材不足が目立った。

  • 取材したオフ活動には触れず、特に取材したとは思えない悪戯のような殺人予告を前面に扱った。
  • 会員制で、直接見る事ができる人の限られる場所での、「自分の味方に対しての謝罪文」を、「のまネコ問題を注意してきた人々に対する謝罪文」として扱った。
  • TV・雑誌などでは、「のまネコ問題」をタイトルに掲げながら、中身は「匿名性の問題」や「2ch及びネットに対する偏見」が主であり、論点のすり替えが見られる。

名前:
タイトル:
本文:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|