もうじき僕は歌わない。@Wiki blog > 2006年02月24日 > 雑談(20)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
 今回の企画に関する話題(議論対象になりそうなもの)を、伝言板に回すのはやめませんか? もちろんカウントダウンくらいは向こうでも構わないと思うけど、僕がこっちに書いたネタの反応を向こうに書かれたら、僕はどっちに返事を書けばいいのさ?

 ログが流れるとわからなくなりそうなので、転載。

マジで!?  投稿者:ヒナタ  投稿日: 2月24日(金)02時13分29秒
今回のioの作品、執筆者自身で「よい作品」と言っていたのが結構ショック。
何がショックかって???
彼が「OK」出すくらいの代物が制作されているということ。
どんなものが出来上がってくるのだろう。

 長くなると伝言板では邪魔かもしれないので、こちらに返事を書きます。

 書き上がるまでは(あるいは「書き始めるまでは」?)、みんないい作品です。始めからつまらない作品は書きません。みんなそうでしょ? ただ、十分に書ききれるかどうかは技量や集中力、状況その他に影響されて、いい話がいい話で提示できないことはあります。(「これはいい話です。」って提示できた例はありません。)

 でも、僕は基本的に、いつも自分にとって、いいものを書きたいと思っています。今回、書きかけの作品が「いい作品」であると僕が主張したことがショック、であるヒナに僕はショックです。


 とかシリアスな反論を書いた後で、ここから本音を。(ここまでが何だったのか、判断はお任せします。)

 言い訳に本当のことを書くわけがないじゃないですか。

 言い訳なんて、もっともらしい嘘だって相場は決まっています。「宿題はやったんですけどノートを忘れました」です。仕事を休むときは「親戚が急病で」です。デートに遅れたときは「夜、君のことを考えていたら眠れなくなって」です。そんなの、ものかきなら当然の判断ではないですか? 本当のことなんて、他人に言うものではありません。「宿題、やりたくなかったから無視して遊んでました」。正直がテーマのクラスだって、そんな理由を褒めてくれる先生はいなかったはずです。ずる休みなのに「課長だってわかってくれるさ、こんな僕の気持ち」って、スガシカオじゃないんですから。

 ということで、言い訳にはきれいごとしか書いてません。

 こんな説明では納得がいかないと思うけど、とりあえずこれを昼休みに投げっぱなします。続きはまた後で、時間があれば書きます。ごめん、たぶん時間ないけど。


カテゴリ: [io] - &trackback- 2006年02月24日 12:14:19

#blognavi