もうじき僕は歌わない。@Wiki blog > 2009年05月08日 > 「つつじ」想定問答(1)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
Q これはなんですか?

 ヒナタくんが構想中の「Blue Heaven」のスピンオフ作品「雨の中の庭」(構想中)のスピンオフ作品「普通の恋」(一部上梓済)のスピンオフ作品です。いちおう単品でも読めるように書きましたが、舞台は「雨の中の庭」「普通の恋」と完全一致で、「普通の恋」の主人公がタチバナユウキくんとして登場しています。

Q 登場人物の設定年齢、間違ってませんか?

 作中では小学五年生ですが、語りは中学二年生まで成長した真砂です。「普通の恋」の彼と同年齢ですので、これで妥当と判断しました。「普通の恋」のときも年齢低すぎって指摘があってどうかと思ったけど、僕の中では普通の中学生はこのくらいです。なお、真砂に関しては、優等生補正プラス三歳と女の子補正プラス三歳をあわせて、実年齢プラス六歳くらいのイメージです。そのくらいだとアリじゃないかと思うんですが、どんなものでしょう。

Q 男の子はなにゆえにタチバナユウキですか?

 普通の男の子、って考えたときに、思いついたら他の名前を選択する余地はありませんでした。浜野真砂だって、山川七海以来のずいぶんな名前ですけど、これがまた気に入ってたりするのでご容赦ください。本当は男女ペアで、ステラと晶(あきら)<どっちも星>、真砂と直(すなお)<どっちも砂>って使い方をする予定だったんだけど、直が出てくるかどうかはわかりません。

Q 「普通の恋」でタチバナくんの家族をネガティブに書いてたのに、「つつじ」では家族がうまく行ってるって、おかしくないですか?

 見解の相違です。当事者にとってはネガティブなものでも、他人からしたら違って見えても不思議はありません。

Q 書き終わった感想をどうぞ。

 チャットでのカオさんの予言通り、【humansystem】越えを目指す作品になっちゃいました。「普通の恋」越えにチャレンジ、だと思ってたのになあ。(なんか男の子を書くのに疲れたから、次は休憩のつもりで女の子にしようって思ったんですけどね。ぜんぜん休まらないったら)

Q 次は?

 これで「普通の恋」の続きを書く準備はできたっていうか、書かなきゃいけなくなったっていうか。タイトルだけは決まっていて、たぶん「君が僕を救い君が僕を駄目にする」になります。いつ書けるのかはわかりません。なお、省略形は「がおがお」です。

Q タイトルはどこからもってきてるんですか?

 「普通の恋」で引用した、谷川俊太郎の詩集「夜中に台所で僕は君に話しかけたかった」からの流用です。検索するとネットでも出てきますので、よかったら元の詩を読んでみてください。照れくさいのでここでは引用しません。



カテゴリ: [io] - &trackback- 2009年05月08日 10:27:57

#blognavi