※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

共働きの子が急病になったときに、近所の人などが、代わりに看病をする制度。

先月から始動するはずだったらしい。

でも、引き受け手が見つからないところも多く、課題が多いようです。


人の子を預かるのは怖いよ、やっぱり。

自分の子でも大変なのに、人の子だもん。

ここで問題になるのが、医師との連携。

でも、小児科医って、儲からないし患者は暴れるしで減っているらしい。

共働き核家族だと、おばあちゃんに頼むこともできないしね。

でも、こういうところを何とかしていかないと、出生率は減少するしかないよね。


正直、たとえそういう体制が整ったとしても、預けるのはちょっと怖いかも。

このご時勢だし。


でも、頑張ってほしいな、この制度。

女の人が働きやすい世の中に少しでもなるように・・・。