試製栄光号空挺仕様

このページを編集する    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

試製栄光号空挺仕様(しせいえいこうごうくうていしよう)


試製栄光号空挺仕様
 士魂号の後を継ぐ人型戦車として作られた栄光号のうち、
極初期につくられた実験機の何体かを改装して作られた戦技研究機。
打撃力に劣る空挺部隊の火力支援を行うために
空挺強襲ウォードレスであるハウリングフォックスにあわせて
運用されるものとされた空挺戦車。

 実戦テストに供されたが輸送中無防備になるのと
大型輸送機を必要とされることが判明したため、本格量産されることはなく、
極少数機が特殊部隊に配備された。
輸送中無防備になる問題を軽減するために夜間輸送を基本とした。

 学生向けの広告塔である警護師団モデルと異なって実戦兵器であり、
士魂号にきわめて外見は似ている。目などの飾りは完全になく、
塗装も夜戦用のマットブラック塗装である。
空挺作戦における輸送上の都合で重量をなるべく軽くするため
装甲は薄く作られており、他の戦車のように被弾を受けながらの
長時間の戦闘には向かない。
変わって大量の火器を装備し、短時間で投射する運用を主とした。

登場ゲーム



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|