奇跡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

奇跡


共通

造成 土地の上げ下げ
シンボル シンボルを移動させる
戦士 戦士を作成(神(悪魔)参照)
ハルマゲドン 最終決戦を発動

地の神

地震 土地を削り、数個の岩を作る
落ちると信者・戦士が死ぬ沼を作る。造成で消せる。
隕石 落下点の周囲に多数の岩ができ隆起する。落下点の信者は消滅。

風の神

突風 指定した方向に信者を吹き飛ばす。雨を消し飛ばせる。
竜巻 家を壊し、信者を吹き上げる。一定時間出現し消滅する。
台風 範囲内の家を壊し、信者を全方位に吹き飛ばす。雨を消し飛ばせる。

水の神

範囲内の家で信者が増えやすくなる。火柱や戦炎を消せる。
洗脳泉 落ちた信者が、落ちた泉と同じ信仰になる。造成や花で消せる。
津波 指定した方向に津波を起こす。奇跡発動点は海でなければならない。

火の神

火柱 発動点より隣接マスに燃え移りながら信者、家などに火をつける。海に沈めると消せる。
戦炎 戦炎に触れた信者はスピードUPし攻撃力が増す。雨で消せる。
火山 地面を盛り上げ、山頂から4方向に溶岩を流す。

木の神

周囲の家の信者を増えやすくする。岩や沼、洗脳泉なども花にできる。火柱で燃える。
キノコ 同じ高さに増殖し、信者を増えにくくする。造成で消せる。火柱で燃える。
ウイルス 感染した家はゲンキが増えない。感染した信者により他の家へと拡大する
感染者はシンボルに触れると死んで消滅する。



奇跡の活用法と対処法


共通

造成

効果:カーソル位置の土地の高さを変化させる。Aなら高く、Bなら低くする。
活用法:海にカーソルを合わせてA、A、A、B、B、B、Aで広大な平地が作れる。(もちろん画面内に自勢力の家が見えていないとダメ。)
     中盤で手早く領地を確保したいならこの方法で。
     サイコパワーが不安ならA、A、Bでもよい。
     またレフトキー+AかBで一定範囲をへこませたり隆起させたり出来る。また家に合わせてXキーでその家が城になるのに必要な平地を作ってくれる。
     これを利用し家にカーソルを合わせXキー連打をすることで終盤に動きが重くなっても高速で築城出来る。

シンボル移動

効果:自分のシンボルをカーソル位置に移動させる。 家の上に置くことも可能。
    信者への命令を「集合」にすれば、自分の信者はリーダーに合流しながらシンボルの元に集結する。
    リーダーがいない場合、最初にシンボルに触れたものがリーダーになる。
活用法:相手の陣地にシンボルを置けば、味方がどんどん敵陣に切り込んでいく。
     ただし家を建てないため破壊した家を制圧出来ず敵が他のところに家を建ててしまうこともある。
     3人以上の対戦では、マップ端に信者を集めておいたほうがハルマゲドンの時に有利。

戦士

効果:自分のリーダーのゲンキを2倍にしたうえで(風の神をのぞく)、戦士に変える。詳細は神(悪魔)参照。
    戦士は敵陣に向かって進んでいき、敵を殲滅する。
活用法:当然だが、戦士は奇跡による集中攻撃を受けやすい。
     なるべく敵領地内にシンボルを移動し、信者への命令を集合にして
     すぐに敵陣に切り込めるようにしておきたい。
     しっかりした強化を行っておけば凄まじい戦闘力になるので有利なときに狙うと良い。
     なお洗脳泉で寝返っても戦士の属性ごとの特殊能力(火柱や岩作りなど)はかわらない模様。
対処法:戦士といえども所詮は人。沼や溶岩に落ちれば即死するし、洗脳泉では寝返ってしまう。
     突風と竜巻で足止めするのも有効。
     ただし溺れさせることはできないので注意。
     火柱とウイルスは効かないので、この2つは戦士を作られる前に撃とう。
     どうしても対処できない場合は信者を集合させて一気につぶそう。ただし風の神の戦士は特殊な方法で潰す必要がある。

ハルマゲドン

効果:最終決戦を行う。家の中に入っていたものも含むすべての信者がマップ中央を目指して移動し戦闘する。(海は埋め立てられる)
    ステージ終了までどの神/悪魔も奇跡を使えなくなる。
活用法:ポピュラスの華。時間無制限のステージでは、どちらかのハルマゲドンが事実上の終了条件。
     自分の優位が固まったら逆転されないうちにさっさと使ってしまおう。
     3人以上の対戦では、マップ端に信者を集めておいたほうがハルマゲドンの時に有利。
     逆に1対1なら中央を制圧しておいた方が移動距離の面で有利になれる。
     ハルマゲドン時には隕石、台風、津波、火山などはキャンセルされる。
     沼、洗脳泉、戦炎、ウイルスの効果は持続。戦士は信者に戻るが、戦士になる時に増えたゲンキはそのまま。
対処法:電源を切るしかない。


地の神/悪魔

地震

効果:画面内の土地をランダムに掘り下げた後、数個の岩を作る。災厄の卵を掘り当てることもある。
活用法:地震で相手の信者を家から追い出す→沼で一気に沈めるのコンボが地の神の基本戦法。
     軽く考えがちだがCPU相手には結構有効。序盤から連発していけば後半に入ってからかなり有利になれる。
     ポピュラスの基本である「領土拡大によるサイコパワーとゲンキの確保」を手軽に妨害出来ると考えればその便利さがわかるはず。
     また、敵の前線を崩した後、味方の家が見える範囲から造成を行い、敵信者を海にたたき落とすこともできる。事実上の敵陣造成てある。
     ※なお、CPUが自分の陣地に使われた火山に地震を使うことがある。おそらく地面を陥没させ冷岩を消そうというのだろうが、気にせずとも良い。
対処法:岩は四隅を海にすることで消すことができる。花の奇跡も有効。修復は揺れがおさまってからすること。
     集合命令を解除しておかないと壊れた家がなおらないので注意。

効果:画面内の平地に大量の沼を創り出す。信者や戦士は沼に落ちると即死する。(ペルシャでは落ちないので注意。)
    敵領土を狭める効果もある。
活用法:敵が戦士を作っている時に使えば一網打尽にできる。
     ハルマゲドン後も沼は残るので時間切れ間際になったら連発しよう。
対処法:沼は造成で消すことができる。木の神なら花で簡単に消せる。
     戦士の即死を防ぐため、自軍シンボルは必ず山地か浅瀬に置くこと。

隕石

効果:カーソル位置に隕石を落とし、対象範囲を海にする。範囲内の信者や戦士、家は消滅し、効果範囲の周りには大量の岩が出現する。災厄の卵を掘り当てることもある。
活用法:敵の城が集まったところで使えば大打撃になる。戦士潰しにも使える。 全ての奇跡の中で唯一信者の絶対死が約束される奇跡。
     火星では岩が消せないので鬼性能。火山には負けるが……
対処法:ガタガタになった地形は地震と同じ要領で修復する。ただし全部直す前に相手が次の奇跡を使ってくる可能性が高い。修復はほどほどに。
     隕石が海に消えてからでないと修復が難しくなる。(岩が多数できるため)

風の神/悪魔

突風

効果:画面内+指定した方向1画面分にいる信者や戦士を、家からの追い出しを行った上で指定した方向に向かって、範囲外か岩、木などに引っかかるまで吹き飛ばす。雨の奇跡を無効化する。
活用法:敵でも味方でも狙った場所に自由に飛ばせるので強力。
     敵の信者を海に落としたり、味方をまとめて移動させたり、敵の戦士を追い返したり、
     3人以上の対戦で敵同士潰し合いさせたりといろいろな使い方ができる。
     台風で空いた敵の平地に味方を送り込む戦術も可能。
     コストパフォーマンスも高く、慣れればかなり便利。
     逆にいえばこれを使いこなせなければ風の神での勝利は難しい。
対処法:信者を海に追い落とす戦法は造成(A連打)で対抗できる。なるべく発動中に被災地に向かいたい。
     うまく対処すれば逆に自分の領土を広げることも可能。

竜巻

効果:一定時間あたりをさまよい、家や信者、戦士にダメージを与える竜巻を起こす。
活用法:じわじわと体力を削っていくタイプの攻撃なので、1回だけでは効果は薄い。とはいえ、直接ダメージを与えられるので同じ場所で2、3回連発すればかなり効果的。
     発動後は突風で敵を被災地に集めればさらに被害が拡大する。戦士の足止めや撃破にも使える。
     意外にも与えるダメージが大きくゲージ満タンの戦士でも連発出来れば撃破は容易。(割合でダメージを算出しているらしく一撃でゲンキストックを2つ奪うことも)
対処法:効果時間も長く有効な対処法は特に存在しない厄介な奇跡。発動される前に自領地をなるべく広げておき、攻撃されても他の場所で挽回できるようにしたい。
     なお発動中に集合命令を出していると壊れた家がなおらないので注意。

台風

効果:広範囲の家を破壊し、信者や戦士を放射状に範囲外か岩にぶつかるまで吹き飛ばす。雨の奇跡を無効化する。
活用法:敵陣に打ち込んでからシンボル移動+集合命令または突風で相手の土地を乗っ取ることができる。
     吹き飛ばされた敵は竜巻で足止めしておくとよいう。
     突風、竜巻の強化版としても使用可能。使いどころが難しいのでよく考えて発動しよう。 味方を吹き飛ばさないように。
対処法:すぐにシンボルを移動させ、信者を集合させて城を建て直させよう。
     場合によっては、吹き飛ばされたことを利用してそのまま敵陣を切り崩しにいくのもよい。
     陣地が壊滅するので精神的ダメージも大きいが、信者が直接減らされる訳ではないので挽回は十分可能。あきらめるな。
     空中や溶岩で使われると絶望的。ゲージのほとんどを持っていかれるので注意。

水の神/悪魔

効果:範囲内に領土を持つ家の人口増加率が一定時間上昇する。火を鎮火することもできる。
活用法:序盤で使えるようになったらすぐに使ってしまおう。
     中盤で敵勢力とぶつかり合い始めた頃に、前線近くの家に対して使っても効果的。
     本陣に使っておき、あふれた信者を合体させて戦士にすれば無駄が無い。
     火星、ペルシャでは火柱対策となるため温存しても良い。
対処法:人口が増えてきたところで攻撃系の奇跡で狙い撃ちすればよい。また、風の神の突風や台風で消せる。

洗脳泉

効果:画面内に複数の洗脳泉を出現させる。泉に落ちた信者や戦士は、泉の創造主の陣営に寝返る。(ペルシャでは落ちないので注意。)
    敵領土を狭める効果もある。沼と違って味方が落ちても被害はなし。
活用法:水の神様はこれさえ禁止されていなければ大抵勝てる。最強の奇跡といえるかもしれない。
     あえて言うなら、敵の戦士や、中盤以降よくいる“合体を繰り返しながらうろついている敵信者”を寝返らせるのが効果的。
     後者の場合、自軍にリーダーがいないなら、すぐにシンボルを近くに移動し集合させて戦士を作れば敵陣は大混乱に陥ること間違いなし。
     流れとしては、敵陣に洗脳泉を作る→寝返った敵を集合で素早く集める→戦士にして集合命令を解除→戦士が信者と家を奪う というのが理想。 
     沼と同じようにハルマゲドン後も残るので、うまく使えば大逆転も可能。
     さらには奪取した敵平野の味方陣地を防衛することもでき、応用性も非常に高いと言える。
対処法:放っておくと被害が拡大するので、使われたらすぐに造成で泉を消してしまおう。木の神なら花で簡単に消せる。
     水の悪魔を相手にする時は戦士を作らないほうがいいかもしれない。
     もし信者を奪われたら溺死させるのが最善。元味方を殺すのは後味が悪いだろうが仕方ない。

津波

効果:発動地点が海の場合、指定した方向に津波を起こす。津波に巻き込まれた土地は海になる。災厄の卵を掘り当てることもある。
    溶岩マップなら溶岩津波になる。火星や空中庭園では効果を発揮しない。
活用法:敵の海岸線が長いほど効果を発揮する。効果の持続時間が長いので敵の行動妨害にも有効。なるべく早い段階で使いたい。
     ただ水の神は雨と洗脳泉だけでもなんとか戦えるので基本的には不要。大攻勢に出たいときに。
     止めるにも労力を費やすため一回で敵を長時間妨害可能。
     なお海岸線が自分の陣地の方までのびていると自らのフィールドをつぶしてしまうので注意。
対処法:津波の進行方向に合わせて大きな山を造成し、堤防を作れば被害は最小限に。
     突風の奇跡と同じように、信者の溺死も造成で防げる。
     画面内の家がすべて破壊されると造成を行えなくなるので注意。

火の神/悪魔

火柱

効果:カーソル位置に火柱を落とす。火柱は短時間あたりをさまよい、信者に火をつけ、弱らせ焼き殺す。戦士は焼けない。
    家や花、キノコに当たると延焼する。(火柱の数がふえる。)また燃えている信者が家に入ると家が焼け跡になる。
活用法:火柱は花や家に当たると勝手に延焼してくれる。なるべく被害が大きそうな所を狙おう。(城と城の間の木や城の中心部など)
     状況次第では信者、リーダーに点火しても良い。燃えている信者が家に入ると家が焼けるので効果的。
     戦士には効かないので、相手がシンボル集合を始めたら信者の段階で狙い撃ちすること。
     戦炎の奇跡とアイコンを間違えやすいので注意。
対処法:火は海に沈めてしまえば消滅する。燃えている信者は一旦溺れさせれば助けられる。
     火星ではこの方法は使えないので、周囲の家を造成で消して延焼を防ぐしかない。
     雨の奇跡なら簡単に消せる。

戦炎

効果:カーソル位置に戦炎を発生させる。戦炎に清められた信者や戦士は攻撃力と移動速度がしばらく上昇する。(重ねがけ不可。誰かに当たるとすぐ消える)
活用法:戦士はもちろん、味方最前線の家や信者を狙って使えばかなりの戦力アップになる。
     また、速度上昇を利用し、味方陣地を広げるのにも一役買ってくれる。
     なお、戦闘中の信者に使うと相手も強化してしまうので注意。使用は早めに。
対処法:基本的な対処法は戦士と同じ。家を建てられる前に対処したい。
     あいてが火だけにほうっておくと戦士にされたときとんでもない被害を受けてしまうので気をつけよう。雨で消せるほか、信者のクールダウンも可能。

火山

効果:地面を隆起させた後、山頂から4方向に溶岩を流す。山頂付近は全て冷岩(岩と同じ性質。ただし突風を遮る効果はない)になる。
活用法:名実共に火属性の切り札。1回だけでも敵に大打撃を与えられる強力な奇跡。
     住宅地の破壊はもちろん、戦士を溶岩で焼き殺すこともできる。(ペルシャでは溶岩に落ちないので注意。それでも効果は高いが。)
     また、復興にもかなりの時間を要するため、連発すると敵陣に再生不可能なほどの打撃を与えられ、逆転も可能。
     火星では鬼性能。
対処法:すぐに被災地へ飛んで行き、B連打で地面が盛り上がるのを防ごう。
     全く盛り上がらなければ溶岩の流出を完全に防いだ上で冷岩の生成もある程度抑えられる。
     盛り上がってしまうと冷岩の生成は防げないが、溶岩の流出を喰いとめることはできる。
     画面内の家がすべて破壊されると造成を行えなくなるので注意。

木の神/悪魔

効果:画面内に花畑を作る。領土内に花畑がある家は、人口増加率が上昇する。岩や沼などがあればそれを優先的に花畑に変える。 木と同じ効果と思われる。
活用法:基本的な使い方は雨の奇跡と同じ。効率的に岩や沼、洗脳泉を消すことができるので便利。
     雨より範囲が狭い分永続効果のため、多用すれば元々の増えやすさと相まって驚異的な増殖力を得られる。
     火星では唯一の岩対策となる。
対処法:火柱の奇跡を使えば大炎上する。風の神の能力で家を破壊しまくってもよい。

キノコ

効果:画面内にキノコを生やす。キノコは平地を侵食していき、敵領土を狭める。
活用法:自分に被害が及ばないよう、なるべく敵の奥地で使いたい。別々の場所で数発放てば、相手の対処が間に合わなくなり大打撃を与えられる。戦士で荒らした所にキノコを撃ち込むのもよい。
     また、敵がウイルスを消そうと家を壊して信者を殺したところにぶちまければ損害を与えられる。
対処法:実際の被害よりむしろ精神的なダメージのほうが大きい?
     キノコは造成で消すことができるが、繁殖するので猛スピードかつ完璧に対処する必要がある。
     命令を「戦闘」にし、敵陣に信者を切り込ませてキノコを使うに使えない状況に追い込めば楽。
     建物と斜面にはキノコは生えないが、あらかじめ自分の領内に斜面を作っておくのは効率が悪いためオススメできない。

ウイルス

効果:画面内の家のうち2つにウイルスを感染させる。(城に優先的に感染する模様)家に感染した場合、家の収容可能人口が減り信者の追い出しも行う。
    感染した家からはサイコパワーが貰えず人口が増えない。感染者は移動力が低下し、シンボルに触れると即死する。
    ウイルスは信者を媒介して他の信者や家に伝染する。
活用法:ウイルスの治療法は基本的に存在しない。
     敵の城が固まっているところに撃てば被害は最大に。相手が対処のために家を消し始めたら、すかさずそこにキノコを生やせば完璧。
     戦士には効かないので、相手がシンボル集合を始めたら信者の段階で狙い撃ちすること。
対処法:被害が広がる前にシンボル移動をフル活用して感染者を殺してしまおう。
     感染している家は、シンボルを置いた後に造成で消せばよい。
     もしくは溺死させる。可哀そうだが治療法がない以上は仕方がない。
     リーダーが感染した場合は戦士にすれば完治するが、シンボルに触れないとリーダーになれないので、リーダー以外は事実上治療不可。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。