※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

君がため


古いアルバムに書いた落書きが
妙に恥ずかしく思える今日この頃

上手い生き方と上手いやり方で
僕ら少しずつ大人になっていくんだ

春夏秋冬年をとるごとに
瞳が乾いてなくことを忘れた

手を伸ばすその先に
いったい何を見てるの?
現実と夢の狭間で恋に揺られて

君がため書いた歌 遠い空を越えるだろうか
空がないた雨の後に 咲いた花に君を見た

どんな服を着て どんな靴はいて
どんな物背負い どんな夢持ってたって
ほかの誰でもなく 君は君だから
どうか心にまで 化粧はしないでおくれ

手を伸ばす その先に いったい何を見てるの?
現実と夢の狭間で 恋に揺られて

顔で笑い心で泣かず 声に出して叫べばいい
だきしめた傷の跡に 咲いた花に何を見た

耳を澄ませば ホラ聞こえるだろ
心に耳をかたむけて 心のまま

君がため書いた歌遠い空を越えるだろうか
空が泣いた雨の後に咲いた花に何を見た

要用ない 意味ない なんて本当は
決してひとつも ありはしないから