PAGE MENU


合計入場者数 アクセスカウンター
本日入場者数
アクセスカウンター









※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プレイ日記

(ネタバレを含むこともあるのでご注意ください)


生きてます「2007/1/1」

遅い更新がますます遅くなってます。大変申し訳ないです。
意気込みだけはあるんですけど…。
新年を迎えることができて、来てくださっている方々には本当に感謝しています。
これからもよろしくお願いします。


合成指南?弐 「2006/9/26」

レベル差があっても、APを考慮すると防具を軽くしたいため防御力が落ちてしまい、
瀕死になるケースに見舞われています。
かなり長い間使える『サラマンダーの尾』。
→アミュレット(アウェイリーフ+樫の杖)+ヘッドギア
一人に二つずつぐらい装備させ、防具は外すというのは自分のお勧めです。


合成指南?壱 「2006/9/11」

あまりに久しぶりの書き込みにて、ちょっと恥ずかしいのは内緒です。
プレイするにあたって、使いやすい合成をちょこちょこあげていこうと思っています。
まず手始めに。
スタート直後、
[資金集め] 成金がま口→アウェイリーフ+お守り

[経験値稼ぎ] 先人の教え
→羽付き帽子(アウェイリーフ+樫の木の小靴)+アミュレット(アウェイリーフ+樫の杖)

[経験値稼ぎ]  活の錬金術書→アウェイリーフ+ストーンアックス

これで少しはやりやすくなると思います。

情報がたまったら、合成でまとめようかと思っています。
相変わらずちびちびやっていますが、どうぞよろしくお願いします。


状況報告  「2006/3/21」

このところおかしな風邪をひいてしまい、治りつぶり返しつで一進一退。
教習所にも通っており、山場をむかえたため、なかなかサイトの更新ができず、
反省の毎日でございます。
細々と高ランクの合成は調べておりますので、気長に見てやって下さい。
決して、決してまだ閉鎖にするつもりはありませんので~。
アトラスの某新作をやっているため、さらに時間がないのは内緒です。


漢の生き様  「2006/2/6」

「トゥーラ台地の惨劇」で死霊と化したヴァイパーと、ギャラントの一騎打ち。
どうせ叩かれるならと、反撃30%をつけて臨む。
一ターン目
ギャラント先制。徐々におかしくなりつつある錬金術師に頂いたジェロニモを叩き込む。
見事に反撃で返される。うーん、やはり相手もやるな。
しかし800!さっきとは(一度目は200位しかダメージ入らず、あっさりと殺された)天地の差!
なんだ、AS使うより強いぞギャラント。
予定数値は1700ぐらいだったが、半減で800。おしい。

相手の攻撃。
ASを使われるが二桁。やはり移動より防御重視で防具をかためたのが功を奏す。

二ターン目
相手に先制され、攻撃を食らうも回避し、ずかさず反撃で返す。
うーん、殴り殴られ、なんかかっこいいぞギャラント。
そして株の上がりつつあるギャラントにはおしいが、次の攻撃を入れると完全に勝つ。
反撃されたら面白いのにな~、と思いいつつ、攻撃。
さっくり1700入り、相手はダウン。
カンカンカーン。
ゴングが鳴り響き、戦闘は終了した。
どこぞのゲームじゃないけど、反撃に反撃返しがあったら面白かったのに・・・。
しかしギャラントはまたお蔵入りになるのだった。重いし。ねぇ?(笑)


ディグニス家物語   「2006/1/9」

※ゲームとあわせてお読み頂くとより楽しめます。

ある朝の事。
ディグニス家の居間ではいつもの団欒が始まっていた。
クロワール母「エキドナ。最近調子はどうなの?ちゃんとやってるの?」

エキドナ娘「さあ?このままだとやばいんじゃない?」

クロワール母「何を悠長なことを言っているの。エキドナ!あなた仕事もせず
遊んでるそうじゃない!お母さん知ってるのよ!」

エキドナ娘「うるさいな。母親づらしないでおくれよ。どうせ家なんていっても名ばかりだろうさ」

クロワール母「なんてことを言うのこの子は!?」

エキドナ娘「すごんだって無駄だよ。あたしは
はなっから好き勝手やらせてもらうつもりだったんだからね」

クロワール母「まあ!お父様がご不在なのをいいことに・・・」

エキドナ娘「やろうってのかい?もとはといえば、やらかしたヴァイパー(三男)の
せいだろ。それより色男は叱らなくていいのかい」

ヴィゼ息子「私のことに余計な口出しはやめてもらおう。それより、無駄な買い物に幾ら資金を使っても仕方ない。私の設備に投資するのだ」

クロワール母「少しばかりお父様の役に立ったからって、指図する気なの!?私こそが妻でありお父様の代わりなのよ!子供に指図される覚えはないわ」

ヴィゼ息子「ふっ、私は権力などに興味はない。だた、お父様のご機嫌をとりたいのなら私に従った方が利口だぞ。新しい機械が完成した」

エキドナ娘、二人の会話にきれる。それに触発されヴィゼ息子がきれる。
エキドナ娘「悪いけど、いつまでもあの男につきあうつもりはないよ」

クロワール母「あなた!お父様になんて口の聞き方・・!!」
一緒に話しているはずが、全く会話のかみ合わない三人。各々がいいたいことを話す。
母収拾つけられず。

そこへディグニス父登場。
ディグニス父「ずいぶんと騒がしいな・・」
父の登場に三人収まる。やはり父強し。母、掻い摘んで最近の出来事を伝える。

ディグニス父「そうか、ならばお前が二人の面倒を見ろ」

クロワール母「え!?で、でもそれじゃあお父様のお世話が・・・」

ディグニス父「案ずるな。お前の代わりを連れてきた。入れ」
見知らぬ女が入ってくる。母驚愕。しかも代打を告げられる。

クロワール母(愛人!?愛人なの?しかも若くて美しい・・・。)

愛人ネブラ「・・・」

ディグニス父「ネブラという。以後、秘書をする」

クロワール母「待って下さい!そばにおいて下さい。どうか・・・」

ディグニス父「くどい」
ああ、いきなりの仕打ちに打ちひしがれるクロワール母。
全く意見のかみ合わない子供たちに、亭主関白な父。
ディグニス家はどうなるのか・・・。
⇒次回、スフィーダ教とその遍歴をお送りします(笑)。時期未定。


思い込み 「2005/12/23」

ずいぶん間が開いてしまいました。編集作業に没頭していて、なかなか
話が進みません。申し訳ありません。
さて、ティアを見るたびに思うのですが、奴は絶対盗賊だと思っていました。
ええ、一目見たときより頭から確信しておりました、私。
戦闘で一時的に操作できたときでさえ、盗賊だと思い込み、
仲間になってからしばらくして、ようやく気づきました。
目が点。
「アイアンフィストかよ-----------------!!!!!」
なんたる事実。
愕然とする私。
ようやくRPGらしく盗賊が手に入ったと思ったのに・・・。
いや、奴はあの格好からして、盗賊以外にありえないだろう。
むしろ、盗賊になってくれ。
崩れ落ちながらも、とりあえず使ってみると、
意外に奴、使えるではありませんか。
攻撃力もピカイチ。
移動力もNO.1。
スフィーダなんて霞むほど。
しかし、あの猫パンチがあれほどの破壊力を誇るとは。なんて女子軍が強い
ゲームなんでしょう、このゲームは。
この後ずっと、ジェイドが加わるということがわかるまで、私の中ではティアが
盗賊だという持論は崩れることがなく、何でか盲信し続けておりました。


リベンジ   「2005/11/26」

フジマルとセイオンを育てつつ、なんとなく回復魔法を使っていたら、
いつの間にかメインがLV51になっていました。
これなら~!と「軍事演習」をやってみたら、・・さもなく勝てました。
(まあ、ある程度は準備を整えてましたが)
これで心おきなく~と第二章へ。


惨敗   「2005/11/21」


武器のありがたみを知る。
第一章にて(まださして進んでいない:汗)、LV47か8のメンバーで「軍事演習」を
引き受けたところ、なんと13体LV46がでてきた・・・。第一章だぞ、今。
ちなみに、バーサーカー4体、ホーリーゴースト(エレメント)2体、ハイプリースト2体、
グランドマスター3体、スナイパー2体。
しかしLVが1~2もの差があれば、かなり有利なこのゲーム。勢い込んでやり始めたが。
が。
なかなかダメージが入らない。
すぐに回復されてしまう。
敵の範囲魔法3~4回連発食らう。
(グランドマスター、グランドマスター、グランドマスター、ホーリーゴースト・・・)
回復が追いつかない。
¨¨¨。
¨¨¨。
¨¨¨無理。
数で圧倒的に負けているため、同ランクの武器では埒があかない。
第一章でLV46を相手にできる訳ないと自分を慰めつつ、リベンジを誓いました・・・。くうっ。


一儲け  「2005/11/15」


意外に安上がりで重宝するのが「成金がま口」。
始めたころに右も左もわからず、移動商人にふっかけられ、後で泣く羽目になるあれですよ。
資金面でかなりシビアなこのゲーム。ないとあるでは大違いです。
使い方:
①六人にする。
②全員に「成金がま口」を装備させる。
③とりあえず 連係攻撃。

試練の洞窟1Fで、何もないと通常6000ですが、6人で三回連係攻撃すると20万くらいにはなります。
四人や五人でも、ないのに比べたら大きく違うので、できればゲーム開始直後に作っていただきたい一品です。
お守り+アウェイリーフ⇒成金がま口(1430+合成料:移動商人には2万でぼったくられる)


一息  「2005/11/11」


使い慣れないと泣きますね。書き上げたのを投稿し忘れ、全部消してしまいました。いっぱい書いたのに~。
まあそれはさておき、前回のやり方に「愛の雫」を使ってみました。
①「愛の雫」を全員に装備させる。
②回復魔法を適度に使い、一人を他のキャラより1LV高くする。(例えてこのキャラをAとします)
③LVを上げたいキャラを経験値45ぐらいにして(これをBとします)、Aを倒します。
④大体50前後は入るので、多分LVします。(EXP30%つけていなければ、35前後です)
⑤後はこれを繰り返します。(BをCで倒す。CをDで倒す...)
注:「愛の雫」を装備しないと、倒されたキャラの運が下がります。

問題は、経験値を貯めたいキャラが意外にたまらず、他のキャラが先にLVして、ぐだぐだになりやすい、といったところでしょうか。キャラ同士のLVが均一になりにくいです。
回避されやすいので、一体を何体かで当たりやすいほうから殴り、とどめを上げたいキャラでさして下さい。

ちなみにLVが一つ下のキャラを倒すと、EXP30%をつけていれば、25ぐらいは入ります。
「回復魔法は面倒だ~」という方は、一体で全員を倒せば速く上がるので、目安にどうぞ。
ただ、何度も戦闘をしなければならないので、さっくりクリアーしやすい洞窟1Fがいいと思います。

現在プレイ30時間ほどで、LV47になりました。いい加減話を進めないと(笑)。


実証 「2005/11/10」


気合入れてLV上げをしました。
LV40。プレイ時間27時間ほど。話はいぜん変わらず第一章(笑)。
ペースを上げるために、「猛勇自伝」を二つ追加。グレイとスフィーダにつける。
ブレイブリーより合成ラインがすっかり出来上がっており、いつもの癖でロンギヌスを作りすぎました。
ちなみにブレイブリー→マンゴーシュ→白銀→トマホーク→ハンドナックル→
リバース→鳴海→白銀の衣→ロンギヌスの槍。
ブレイブリー二つでマンゴーシュ一つなので、128個のブレイブリーが...。
事務作業になってます。


四回目はもう嫌だ。「2005/11/9」


何かというと、実は終盤までいきながら、すでに三回目をやりなおしています。
一回目:普通にこなすも、ジェイドが仲間になることを知らず、ティアはいたが、
    ヴィゼなどは甚だ無理っぽいのに気づき、悶絶する。確かLVは47~8。
二回目:また五章に入るも、クエストをスキップですっ飛ばしていたため、
    クエストでスパイを送り忘れていることに気づかず。泣く泣くやり直す。
    LVは50くらい。
三回目:どうせまたやり直すことになり兼ねないのならと、一章でガンガンLV上げる。
    現在LV32。しかし話は一章の中盤ぐらい。現在「猛勇自伝」二つとと「武器カタログ」
    「防具カタログ」を持たせ、何でかアドニスは翡翠を持っている。

■LVを上げるには、回復魔法がいいと思われます。
何故かというと、攻撃では回避率の高いキャラに同LVのキャラだと、二回に一回はかわされます。
しかし!!!回復魔法なら絶対に成功するのです。
これならLV差のあるキャラでも、簡単に経験値稼ぎが可能。
(対象は必ず一番LVの高いキャラにしましょう。1LV違うだけでかなり経験値を稼げます)
■自分がお勧めなやり方は、
①全員に回復魔法を覚えさせる
②できればリーンに猛勇自伝を習得させる(もしくは先人の教え?)
試練の洞窟1Fに行き、
③できるだけこまめに、リーンに回復魔法を使わせる→かなりの速さで経験値を稼ぎ出します。
④リーンと1LV差ができたら、他のキャラはリーンに回復魔法を使う(リーンはリーンに使わせる)
→おおよそ、リーンがまた1LV位差ができるので、これの繰り返し。

回復魔法が面倒だという場合、全員で殴り合ってもいいですが、上記の理由でかわされることが多く、
いちいち後ろを向かせないといけないので、いらいらしやすいです。

何故か、猛勇自伝を習得しでいるアドニスより、何もプラスのないリーンが同じペースで経験値を
稼ぐため、猛勇自伝をつけたらトップランナーになりました。
回復魔法と相性がいいのですかね?




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー