|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

sql*plus環境変数

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

sql*plus環境変数

◆環境設定&デフォルト値
appinfoはOFFであり、設定先は "SQL*Plus"です。
arraysize 15
autocommit OFF
insertやupdateやdeleteなどによるデータベースの変更を、
commitするかどうか
autoprint OFF
autorecovery OFF
autotrace OFF
blockterminator "." (hex 2e)
btitle OFF
cmdsep OFF
1行中に複数のSQL*Plusコマンドを使用できるかどうかを指定する
colsep " "
compatibility version NATIVE
Oracle SQLのバージョンを指定する
concat "." (hex 2e)
copycommit 0
COPYTYPECHECKは、ON
define "&" (hex 26)
describe DEPTH 1 LINENUM OFF INDENT ON
echo OFF
コマンドファイル実行時に、
コマンドファイル中の各コマンドを画面に表示
editfile "afiedt.buf"
embedded OFF
escape OFF
6 行以上に対するFEEDBACKがONです。
flagger OFF
flush ON
heading ON
問い合わせ結果表示する時に列名を
表示するかどうかを指定する
headsep "|" (hex 7c)
instance "local"
linesize 80
1行に表示する文字のサイズを指定する
lno 14
loboffset 1
logsource ""
long 80
longchunksize 80
newpage 1
null ""
numformat
numwidth 10
pagesize 14
pause off
一画面ごとにユーザがEnterを押すまで画面表示がとまるにする
pno 0
recsep WRAP
recsepchar " " (hex 20)
release 902000600
repfooter OFF であり、NULLです
repheader OFF であり、NULLです
serveroutput OFF
shiftinout INVISIBLE
showmode OFF
setコマンドを使用してシステム変数を変更するときに、
変更前と変更後のシステム変数を表示するかどうかを指定します。
spool OFF
sqlblanklines OFF
sqlcase MIXED
SQLコマンド実行前にSQLまたはPL/SQLブロックを大文字、小文字に変換
set sqlc[ase] [mix]ed /up[per]/ lo[wer]"
sqlcode 0
sqlcontinue
sqlnumber ON
sql*plus上の行番号の表示/非表示切り替え
sqlpluscompatibility 8.1.7
sqlprefix (hex 23)
sqlprompt "SQL> "
プロンプト表示を変更 set sqlp[rompt] 新プロンプト名
sqlterminator ";" (hex 3b)
suffix "sql"
SQL*Plusが使用するファイルの、デフォルトのファイル拡張子を格納
tab ON
SQL*Plusが空白をどのように端末に出力するかを設定
termout ON
time OFF
SQLプロンプトに時間を表示 set ti[me] on
timing OFF
経過時間を表示するかどうかを指定 set timi[ng] on
trimout ON
行の終わりにある空白を入れるかどうかを指定する
trimspool OFF
ttitle OFF
underline "-" (hex 2d)
verify ON
wrap
表示しきれない行は折り返されて表示