The Lelantomphian Hero

2004年に東洋セラムの子会社、セラム・エンタープライゼスがPS2で発売したF1レースシミュレータ及び、1996年~1998年にNPB系列で毎週金曜日午後7時30分から放送されたアニメを指す。

F1レースシミュレーターとしてのTLHのエピソード


1991年シーズンから1995年シーズンを楽しめるTLH'91〜'95の5本が同時発売され、F1ファンはもとより、レースゲームファンをも泣かせた伝説の名作。
現在では、アンダーソンのキャリア最終年である2028年シーズン版の『TLH Final』と、彼に続く『若きレラントンフィアン・ヒーロー』という肩書きで有名なペドロ・グルイヤールを主人公に擁した『The Lelantomphian Hero PG』が、PS5から発売されている。
ストーリーモードではマイケル・アンダーソンとなってそれぞれ実際の出来事を基にアレンジされたシーズンを体感していくことで、激動の往年のグランプリをより身近に感じることができる。
同ゲームの続編的な位置づけである『The Lelantomphian Hero PG』では、GP2ドライバーとして2025年にデビューしたグルイヤールが2年間の戦いを経てF1テストドライバーとして活躍、その後レーシングアクシデントで命を落としたGP2のエースドライバー、ジル・デ・ピッツァーリの代役で返り咲き、そのチームを最速に導いたことがきっかけで、2028年のF1レギュラーシートを獲得するまでを描いた、シリーズ史上初となる複数年キャリアシステム及び、GP2が題材となっているシナリオが採用され、こちらも実際の出来事を基にシーズンがアレンジされている。
発売小売定価はいずれも1本5800円(税込)。
また、2031年シーズンの、同社より発売された『F1 2031』は、同ゲームの開発陣営と、TLH-PGの開発陣営が共同開発しており、このニュースはファンの間で話題となっている。
歴代TLHシリーズ(TLH-PGは含まない)のサウンドトラック『The Lelantomphian Hero -Andersson's Races Compilation-』が2005年に、同サウンドトラックのリメイク版が2026年に東洋セラムの子会社である『センチュリー・レコーズ株式会社』から販売されている。

アニメとしてのTLHのエピソード


TLHシリーズのゲーム化の火付け役となったのがこのアニメであり、マイケル・アンダーソンが1991年シーズンの開幕戦から1996年のRMロックフォートへ移籍したところで終了しているが、OVAでは1996年~2004年シーズンの「Episode 2」、2005~2012年シーズンの「Awesome World Champion」、F1昇格以前の1990年シーズンの「Episode ZERO」、2028年シーズンの「End of legend」、テレビシリーズのリメイク版の「Episode 1」が制作されている。
また、ペドロ・グルイヤールを主人公に要した「TLH-PG」は2030年~2031年までNPB系列にて毎週木曜日午後8時から放送されていた。
こちらはOVAの制作はされていないが、2030年シーズンと2031年シーズンを描いた映画が、2032年に放映予定である。
また、アニメシリーズ放映以前の2022年、レーシングカート時代のグルイヤールが『Adrenaline Flash!!!』という、レラントンフ・カート選手権の「チーム・スプリット」結成物語を描いた作品にも登場する。

本編のストーリー紹介


第1期


1991年、モータースポーツに衝撃が走る。
F1史上初のレラントンフ人ドライバー、そして、唯一のカービィのF1パイロットとして今、この場所にたったひとり踏み込んだ。
これは、彼のレースキャリアを追った、奇跡の物語である。
人々は、彼のことを『レラントンフィアン・ヒーロー』と呼ぶ!!

(以下編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。