YSX-3C


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1997年に、セシリアの三大企業のひとつの『株式会社シーエーエムエス』が開発した超音速高高度迎撃機。
当時としては大型機ながら小型戦闘機並みの驚異的な機動力や高い信頼性を持っていたことで、各国の自衛隊や海空軍が導入していた。
機体前方に『コンコルドノーズ』と呼ばれる、ノーズ先端が折れ曲がる可変フラップを導入していたが、航空法の改正により耐久性に問題があるとして、2008年から同システムは廃止。
同機の生産もこの年を持って終了している。
現在では、同機の後継機として2009年から生産が続けられている『YSX-3CV』がフラッグシップとなっている。
生産が終了された主な原因は、大きな特徴であるこのシステムを失ったためだとも言われているが、その答えは断じて『イエス』である。

スペック

外観:PVを参照
名前:CAMS YSX-3C
大きさ:8.7m
重さ:9.67t
エンジン:CAMS CCV2-10LVX ×2(A/B標準装備)
エンジン最大出力重量:28.51t(A/B点火時)
最高速度:Mach2.5
最大巡航高度:42,000ft
最小旋回半径:339.56m/220kt
失速速度:126kt

主な装備


武装兵器:
空対地空汎用サイドワインダーミサイル(STDM)
長距離空対空ミサイル(LAAM)
ロケットランチャー
気化燃料爆弾

翼面機構:
コンコルドノーズ
ノーズカウル一体型フラップ
可変翼

その他特筆すべき装備等:

ステルスタイプ異方ベクトルノズル



戦闘機としては異例中の異例であり、当時の世界中の航空技術の粋を集めても実現不可能だった、極めて斬新な異方ベクトルノズルを装備したYSX-3Cは空戦での驚異的な機動力に勝るものはないが、その驚異的な機動力もあり、展示飛行での注目も高かった。
このYSX-3Cに装備されている異方ベクトルノズルは外観からはその姿を見ることが出来ない、所謂ステルスタイプのもので、Su-37のようなクルビット機動ならともかく、それを上回る『アドバンスト・マヌーバ』というSFアニメのような有り得ない機動を実現している。
この機構は、失速状態であっても機体の姿勢を変えることが出来、2004年には空戦において相手を錯乱させた過去もある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。