ロズグ・ルパリカ

セシリアでは知らないものはいない、超有名毒舌コメンテーター。
かつて2017年から2026年までF1のコメンテーターとしても大活躍し、お茶の間を大爆笑の渦に巻き込んだ。
現実世界では、古舘伊知郎氏のような存在である。
現在ではマラソンや水泳など、様々なスポーツ分野でのコメントを手掛けている。
生年月日は1989年6月29日生まれで、36歳。

名前:ロズグ・ルパリカ(Lozg Luparica)
生年月日:1989年6月29日
性別:男

ルパリカ語録


F1コメンテーター時代に、様々なドライバーに様々な愛称を付け、セシリア中を爆笑の渦に巻き込んだ彼の有名フレーズをいくつか紹介する。

M.アンダーソン


  • 大伶帝国の異端児
  • 華麗なるF1勝負師
  • 世界最速の球体
  • 生命を持ったトラクションコントロールシステム
  • 超音速の貴公子
  • 『マニュアルトラクション走法』

T.ワイエス


  • 走る解体屋
  • 世界最高峰の無差別爆撃機
  • 「こんなにマシンを壊していては、チームやファクトリーに、さぞかし高額な修理費を払っていることだろう!!」(2024年第7戦レラントンフGP)
  • 現役最強の超音速戦闘機
  • 『隙が無くても強引に割り込んじゃうぞ走法』

Ro.アルボレーゼル


  • ツェリムの特攻員
  • F1ドラマチックレイン
  • 未完の帝王の遺伝子継承者
  • スーパーチャージャーエンジンをねじ伏せるスーパーチャージャー
  • 『何のとりえも無いけど頑張るよ走法』

S.グラトリード


  • エランファルム発、深夜の超音速戦闘機
  • 振り向けばグラトリード
  • 光速ボーイ
  • 風の貴公子
  • 「F1界きってのゲーマー魂でチャンピオンに向けて爆走するシーンは、まさにマシンをステアリングコントローラーの如く、意とも簡単に操っているようだ!!」(2025年第15戦シュリフコスカGP)
  • 『ぶっちぎり走法』

J.ビクトリー


  • 走るシケイン
  • ファステストオブスタクル
  • 『ゴキブリ走法』
  • 黒旗のワールドチャンピオン

D.クルーズ


  • 愛すべき大衛帝国の英雄
  • 「平凡な速さだったけど、度胸はベテラン以上であり、彼には惹かれるものがあった。 でも同性愛者にならなくて良かったぜ!!」(2017年最終戦アデレードGP)
  • 『俺を誰だと思っているんだ走法』
  • 私生活のワールドチャンピオン

A.グラインシンガー


  • 時代の籠児
  • 音速を統る青年
  • 「運と度胸は一級品、最強ルーキーと念願のチームメイトバトルの実現だ!これが私生活にも及んでいたら妻の尻にしかれずに済んだのにな!!」(2025年第12戦ルーテシアGP)
  • 『アレックス走法』

(以下、編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。