CFA機墜落事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1986年8月16日の午前3時18分頃、レラントンフ・シロプルコ発のコーラルフリート航空144便がセシリア丘陵に墜落し、搭乗人数131人のうち106人が死亡するという惨事に見舞われた。
犠牲者の中には、セシリアを社会主義国から共産主義国へ転換させたジョーダン・リフスマン氏も含まれており、セシリア中に衝撃を与えた。
当時は事故との見解が強かったが、社会主義当時のセシリアの右翼による、一般人を巻き添えにしたリフスマン氏の暗殺計画であるという可能性もあった為、『事故』というよりは『事件』として扱われるようになった。
しかし、墜落事故から39年も過ぎた現在でも、その真相は未だ解明されていない。

時代背景


この墜落事件の発生までの経緯を簡単に紹介する。

1986年8月15日

  • 午後10時32分、CFA144便・シロプルコ国際空港離陸
  • 午後11時10分、セシリア・フィエストリアンニーヌ市上空

1986年8月16日

  • 午前0時41分、セルキリラス飛行場(現・メドウ空港)に燃料補給のため着陸
  • 午前1時50分、セルキリラス飛行場を離陸
  • 午前2時40分、エンジントラブル発生、救難信号を発信
  • 午前3時10分、セシリア丘陵付近を旋回中に燃料系統のトラブル発生
  • 午前3時18分、計器トラブル発生、空間失調のため墜落
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。