セシリア市

かつてセシリア諸島国の首都「セシリア都」の中心地であり、現在は1990年代中から構想段階にあったセシリア都湾岸23特別区構想が2009年より実行され、セシリア区、グリーンヒル区、空見区の3つに解体された。
セシリア都の都庁所在地が、グリーンヒル区の港湾地区にある。
国名、首都名がともに「セシリア」であるが故、どれを表すのか分かりづらいために区別するために「セシリアシティ」と一般的に呼ばれていた。
セシリアの流行最先端都市であり、世界経済の中心地ともいわれる。
1970年代より実験が進められてきたリニアモーターカーが2006年から営業運行をしている。
3大観光名所として、グリーンヒル区には世界で2番目に高い超高層タワー(実用自立電波塔としては世界一の高さを誇る)であるテレビ電波塔『ノースポール放送局テレビ管制塔セシリア総本部(通称『ノースタワー』、全高3102m、正式名称ではない一般的な呼び方として『スカイフロア3102』とも呼ばれている)』、セシリア区には世界随一の過密空港として有名な『セシリアシティ国際空港』,地元住民でも迷ってしまうということで悪名高い、首都高速およびフリーウェイの分岐点『グリーンヒル・ジャンクション(同時13方向、目的地別には37方向に分岐)』がある。

空見区-Sorami Ward-

セシリアシティ3区のうちのひとつ。
かつてセシリア空港と呼ばれていた時代のセシリアシティ国際空港へ離着陸をする航空機のための大型誘導灯施設『空見台』が存在していたため、この名が与えられた。
現在はその跡地に「空見台駅」と「そらみだいスカイミュージアム」がある。
空見台駅は、都営エアポートシャトル及びセシリアメトロ空港線,空港新線の始発終着駅、セシリアメトロ中央線及び中央新線の途中駅である。
また、3特別区解体に伴い、その記念的なランドマークとして、西空見地区に『空見スカイタワー600』が建設された(竣工は市解体当日の2009年9月1日)。

グリーンヒル区-Greenhill Ward-

都内及び国政の中心地である、セシリアシティ3区のひとつ。
世界経済もここから動くと言っても過言ではないほどの大商業都市。
15世紀半ばのセシリア島開拓時代において、なだらかな丘陵地帯に豊かな自然が広がっていたことから、この名が付いたとされている(諸説あり)。
セシリア版新幹線「トランスバレット」や、セシリアマグレブの本社及び営業運転の中央制御施設、セシリア国有鉄道の運営担当である「鉄道省」など、セシリアの主要な公共交通機関や大手企業の本社が軒を連ねる。
1992年から2006年まで続いた高度経済成長期によって様々な高層ビルが建てられ、セシリア中央駅界隈の地上にはもはや道路とビルしか存在できないほど窮屈に密集している為、区内を走る鉄道はほぼ全てが地下を走行する。
また、都庁と警視庁の所在地でもある。
最も北にある第三京浜からは世界中への船舶輸入出が盛んである。
国内のレースカテゴリーである「フォーミュラセシリア」と、世界最高峰カテゴリー「F1」が毎年、この港湾地区の道路を閉鎖して行われていることでも有名。
また、国内最多の鉄道発着駅である「セシリア中央駅」がある。

セシリア区-Cesilia Ward-

国内で最も過密な航空機の離発着が行われる「セシリアシティ国際空港」がある、セシリアシティ3区のひとつ。
2009年9月にセシリアシティが3区に解体されたが、かつて「セシリアシティ」の名で呼ばれた頃の名残で、この呼称で呼ばれるのが一般的。
区内の半分程度にわたって空港が存在しているため、建造物の建立制限があり、住宅地や低層ビル以外はほとんど建物は存在していない。

(以下編集中)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。