トニー・ワイエス

F1史上初となるバリアンテ出身のドライバー。
6歳の頃、父親に買ってもらったカートで腕を上げ、9歳でカート選手権のチャンピオンになり、その後はエストバニアF3にステップアップ、実力を見せ付ける。
その後はフォーミュラ・ツェントルージュやフォーミュラ・1000などに参戦、17歳でGP2デビューを果たす。
2022年にはF1のフォーミュラ・セラムF1チームの代表、ルビヤール・フェリュンに見出され、若干20歳で世界最高峰の舞台へステップアップを果たすや否や、実力を証明し、4年間で3度の戴冠という、信じられないような強さを誇り、世界的大スターとなっている。
その事故を恐れない果敢な走りから、『クラッシャー』の愛称を持つ。

プロフィール



名前:トニー・ワイエス(Tony Wyeth)
年齢:23歳
生年月日:2002年3月3日
性別:男
国籍:バリアンテ

エピソード


レーシングキャリア


2008年:父親に買ってもらったカートでレーシングキャリアを始める(6歳)
2011年:バリアンテ・レーシングカート選手権で王者になる(9歳)
2012年:エストバニアF3にステップアップ、ランキング2位(10歳)
2014年:エストバニアF3チャンピオン獲得、フォーミュラ・ツェントルージュに参戦、初年度王者(12歳)
2018年:フォーミュラ・1000に参戦(16歳)
2019年:フォーミュラ・セシリアに参戦、ランキング4位を獲得(17歳)
2020年:GP2にステップアップ、ランキング3位(18歳)
2022年:フォーミュラ・セラムF1チームよりF1参戦、ランキング6位、ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得(20歳)
2023年:F1参戦(セラム)、参戦2年目で悲願の世界王者に(21歳)
2024年:F1参戦(セラム)、ドライバーズチャンピオン獲得、チームにとって2007年以来のコンストラクターズ選手権も制覇(22歳)
2025年:F1参戦(セラム)、コンストラクターズ選手権2連覇と併せて、F1史上初となるドライバーズ選手権3連覇も達成、ベスト・オブ・ドライバー賞を受賞(23歳)

トリビア


  • GP2時代、あまりにも野生的過ぎる走りをしていたため、クラッシュ回数が極端に多く、チームの契約内容に『マシンを壊さない』と書かれていたことがある
  • F1を初めてドライブしたときの感想は「繊細すぎて走らせるのが怖い」だったが、実際はあまりの開発費の高さに物怖じしていたらしい
  • フォーミュラ・セシリアのデビューレースは、レコノサンスラップでモノコックまで大きなダメージを負う大クラッシュを喫したが、何事もなかったかのように無傷で生還した。
  • 2024F1シーズン中盤に投入された所属チームの新車『CF1-50』のことを、『AX24FC』と間違えて覚えた
  • 同年、チャンピオンを獲得した後の記者会見で、「僕がラゥドの記録を塗り替えようとも、僕自身はラゥドにはなれない」と語り、セシリア人F1ファンの涙を誘った
  • 2025年のシュリフコスカGP前夜祭で、セシリアのファンの目の前で「セスィリアノファンノ皆サン、応援アリガトウ、ガンバリマス!!」と、日本語で話した
  • F1にステップアップしてから自分の乗るマシンに名前をつけているが、2025年の空力『AX25F』に、ありえないような愛称を付けたことでマスコミが騒然としたため、名前を変えざるを得なくなった
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。