石嶺剛志


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石嶺剛志(いしみねつよし,1961年4月14日-)は、沖縄県豊見城市出身のローカルタレント・フリーアナウンサーで、元テレビ那覇(入社当初は沖縄はいさいテレビ)アナウンサーである。

概要

アナウンサー時代

1961年に、沖縄県豊見城市で生まれる。首里高等学校卒業後、上京して、法政大学文学部卒業。大学生時代、石嶺は「沖縄でアナウンサーをしたい」と思い、沖縄に戻って、1984年に、沖縄はいさいテレビに入社。沖縄はいさいテレビのアナウンサーの一人であった沖山浩司は、「才能がある」と思い、1985年にスタートしたおはようOHTですの中継担当(コーナー名は、おはよう中継)に起用させた。このコーナーでは、石嶺の親しみさが好評で、9年間担当した。

他にも、漁師さんいらっしゃい!クイズ!ファミリーランドの司会を担当した。

ローカルタレントへ

しかし、1994年に退社した。これには、一部の視聴者からは残念の声も少なくなかった。なお、退社した後は、テレビの出演はあまりなかった。しかし、1996年から南西放送土曜情報プラス1のリポーターに起用される。久々の出演で、再び好評になって、番組終了まで出演した。また、司会不在時には、代理司会も務めて、これまた好評であった。

司会者へ

2006年10月から南西放送のうちなぁ情報 ツボわかり!の司会に起用された。夕方の番組にしては、高視聴率を獲得した。後番組のめんそーれ壷川屋でも司会を務めており、石嶺は沖縄の夕方の顔になっていた。

一転して転落

しかし、この不況でめんそーれ壷川屋ナイトウォッチが終了することになったため、仕事がゼロになった。一説には、最近の保守的な論調に対して批判が多いためであり、これに関しては「何も書きたくない」とブログで書いている。

その直後、4月から毎週土曜日でかつての勤務地であったテレビ那覇で情報番組の司会を担当することになった。しかし、これも半年で終了となった。これ以降あまりテレビ出演がない状態が続いている。

現在の出演番組

過去の出演番組

局アナ時代

退社以降

※放送局の名前が書かれていないものは、すべて南西放送

  • 土曜情報プラス1
  • 新春!沖縄の正月(2004年~2007年)
  • 行列のできる法律相談所(日本テレビ・2005年に1回だけ出演)
  • うちなぁ情報 ツボわかり!(2006年~2007年)
  • めんそーれ壷川屋(2007年~2010年)
  • 情報ライブミヤネ屋(2007年、2008年にそれぞれ1回出演)
  • YOU感ワイドテレビ那覇・2007年に中継の形で出演)
  • たかじんのそこまで言って委員会(読売テレビ・2007年、2008年にそれぞれ1回出演)
  • ナイトウォッチ
  • 宮根誠司の南国で人気者になろうスペシャル!(読売テレビ・案内役として飛び飛びで出演)
  • 春真っ盛り!せきららSHOW(2010年3月27日、司会)
  • テレビ那覇開局35周年大感謝祭(テレビ那覇・2010年4月3日、司会)
  • 石嶺剛志のノーギャラ2時間TV~ustもあるよ!~(テレビ那覇・2010年8月28日、「サタデーシアター」枠で放送)

エピソード

  • 2004年から自身のブログを開設している。ニュースに対しての率直なコメントや、日常に起こったこと(もちろんめんそーれ壷川屋に関することも)などを書いており、県内ではファンの人も多い。
  • 創価学会を嫌っていることを、ブログ内で公言した。理由としては、大学時代勧誘されそうになったことがあることと、「自分は宗教はあまり信じていない」ということからである。そのため、公明党には批判的である。
  • 思想は、沖縄県出身では珍しく、基本的に保守である。めんそーれ壷川屋では、毎回民主党には批判的である。しかし、自民党にも批判すること(「本来支えるべき人たちが降ろすと言うのはどうなのか」等)があり、自身も「決して自民党支持者ではありません。自民党がましと言うだけです。」と公言している。
  • 一時期南西放送の顔であった石嶺だが、日本テレビで夏休みに放送されている「24時間テレビ」には今まで参加していない。これは、石嶺が24時間テレビに批判的であるためである。(実際「チャリティ番組なのに、芸能人がギャラをもらっているとは何事だ」と発言している)
  • 2009年10月5日に「めんそーれ壷川屋」で辛抱治郎を批判した。この日は、故・中川昭一氏の特集をしており、終わろうとしたとき、「私はこれに関して許せない人がいます。」と言って、VTRに入った。本人のシルエットにテロップ(中川氏に対する発言)を掲載する形で、放送した。VTR終了後、「これを本人が見たらショックを受けるでしょう。社員と言う盾があるからと言って、言って良いことと悪いことがあるんじゃないんですか!あなたこそオメオメとテレビの前に出るべきではないでしょう!まあ辛抱も出来ない馬鹿なんでしょうね!」と痛烈に批判した。最後に、名前のヒントが出てきたため、「これ大丈夫なんですか?」とコメンテーターの仲田智之に言われたが、「間違ったことなら最初から言わない」と発言した。この発言は、YouTubeにアップロードされて、「よく言った!」と言うコメントが出ているものの、「お前こそ馬鹿だ」と言うコメントも出ている。ちなみに、以前から石嶺は辛抱に対して、「あの人何かが変だ」と疑問に感じていた。
  • 2008年以降ブログに続き、twitterもやっており、たくさんの人々にフォローされている。

親しい人物

  • OHT時代の先輩である沖山浩司は、現在も交流がある。
  • Nahoの解説委員である仲田智之は、年下であるが、思想が同じであると言う理由で、親しく、2人で番組も持っている。