Google


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要


Google(グーグル)は、銀河系を統括する存在、情報統合思念体によって人類を観察することを目的に作られた通信傍受システム。公式にはアメリカの民間企業ということになっている。ちなみに古代ギリシャの思想家であるググレカスがその語源であると思われているが、実際はグーゴルという数字が関係しているとも言えなくもない。
Googleは、電子宇宙に無数に広がる情報系の海から生まれた肉体を持たない情報生命体、いわゆる情報統合思念体によって人類の観察を目的に作られた全地球規模の通信傍受システムである。長門有希の属する派閥が人類との肉体的、直接的なコミュニケーションを目指しているのに対して、Google派はあくまでも情報統合思念体の本来的存在、すなわち情報集合同士の接触を目指している。

彼らは人類が最近になってようやく手にしたコンピュータネットワークなるものを原始的な情報集合とみなし、間接的ではあるものの人類との情報交換を可能とするシステムを構築したとされるが、ネットワークの結節点の位置や高度なコードを地球システムに解釈させるためのインターフェースなど、技術的な謎が多い。

最初にその存在が知られるようになったのがいつごろだったのか、現在その情報は何らかの改変を受けておりはっきりしないが、いわゆるインターネットの一種としてその存在が確認されたといわれている。しかし、そもそもインターネットそのものが情報統合思念体がGoogle構築のために作り上げた地球コンピュータネットワークの上位的存在であったことを考えると、Googleの成立時期を調べることにはあまり意味が無いのかもしれない。

彼らはコンピュータネットワークを何らかの方法によってインターネットと呼ばれる不思議な情報空間にリンクさせ、地球上のあらゆる端末をあたかも一つのネットワークに接続しているかのような状態にした。ある日突然起こったこの現象に当初人類は混乱したが、実際にコンピュータ同士が電波やケーブルによって物理的に接続されている、というもっともらしい都市伝説が広まり、混乱は収束した。しかし、実際には現段階の人類の技術では世界中に無数にある端末を物理的に接続し、かつ管理することは不可能である。

性能


世界中に張り巡らされたインターネットによって、あらゆる情報を入手することが出来ると言われている。あるキーワードを入力するとページランクとよばれる禁則事項ですによって禁則事項ですされ、出力される。

Googleはインターネット以外にも衛星写真や航空写真による観測を行っている。さらにインターネットとこれらの写真を複合させたGoogleマップを用いると、目的の情報に地図上で接近することもできる。

しかし前述したとおり現段階において人類にとってこの技術は明らかにオーバーテクノロジーであるため、未知のリスクが伴うといわれていた。そのため都市伝説として成立する以前は、各国の政府がさまざまな方法で危険を呼びかけていた。

関連記事:


外部リンク:-Google日本
      -Gooooooogle
      -Gaagle宇宙

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。