プロットや案など


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロットや案など

当面の仕事

とりあえず 舞台設定とキャラクターと

情報量を増やしていく

 

 

 

鳥之宮市

画像ファイルが期限切れ~。再うpしてくれ

・県中南部の中小都市
・人口はおよそ12万人
・海からの風が強く、山頂付近に風力発電の風車が林立する

鳥之宮診療所(or鳥之宮医院)

サナトリウムを併設する中堅規模の医院

入院設備・救急受け入れ態勢なし

往診あり(老人は往診)

・サナトリウムを中心とした、若年傷病者のQOL重視医療

 

背景素材

こちらでも多少用意する予定


 

相川 博也

177cm細身

線の細い印象を

・都会の医学部を卒業後、地方での医療従事を希望して研修にやってきた医師の卵。理想を抱いているが、現実とのギャップに苦しんでいる。


藤城 由季

168センチ細身

貧乳

・お手伝いさんか何か必要だな

・↑サブキャラに出す予定

・後天性の眼疾患により左目の視力をほぼ完全に失う。右も極めて悪く、外を歩くことすらままならない。
・原因?


 

沢越 ひなた(さわごえ ひなた)

153センチ普通

普通乳

・看護学校卒業後、地元である鳥之宮の病院に就職

最初のスレのdatから補完よろ


老人

白髪

紳士髭

 

・第二次大戦の経験者
・海軍航空隊
・出撃経験あり
・敗色濃厚となった1943年、無謀な出撃命令により、とある空戦に中隊長として参戦する
・戦前好きだった女性がいた
・戦後帰還してみると、女性の消息が不明になっていた
・風の噂で、女性は死んだと伝えられる
・人生に失望し、仕事人間になる
・一応結婚するも仕事に明け暮れて家庭を顧みない
・大富豪になるが、いつのまにか家族を捨ててしまい気づけば孤独
・孤独なまま会社を引退し、隠居暮らし
・莫大な財産の中から、全国の孤児院に寄付する
・長年の無理がたたり長期療養に

・昔好きだった女性に似た子供を見つける?

・成長した無声に偶然再会するが、無声が声を失ったのは自分のせいだと思い込み、会うことを拒む
・メロンを贈るようになる


常盤 小夜子

低身長貧乳

・会話は筆談

・幼少期に先天性逼迫脈動症という大病を患う
・小児限定の病気?

・同じ病気を患っていた友達が、手術を受けられずに死ぬ
・死の恐怖におびえる
・荒れる
・自殺未遂?
・篤志家からの莫大な支援で、海外で手術を受けられることに
・英語か何か、わりと喋れる

・手術後は里親のもとへ
・友達への申し訳なさから鬱状態に
・喋れなくなる
・八方手を尽くした里親が、市立鳥之宮病院に併設されているサナトリウムに入所させた

●描ききれる絵師がいるのか?という話

真実告知は済んでいる?


 ・医者に憧れる女子高生

 名前未定

・活発

・努力家
・メガネ?
・理想の医師像から外れていく主人公に失望するor切れる
・中学で唯一無声の友達

→主人公を立ち直らせるきっかけ?


背景考証

 

 

・眼疾患
→サルコイドーシス?
・老人の戦争
→ミッドウェー以降
・失語症の原因
→機能的なもの?
→PTSD?

連絡はあずち(azureheim@gmail.com)まで