本ページには主に「動画編集・加工動画」に関する情報の内、主に「モーションブラー」と呼ばれる加工方法に関する情報を集めています。MMD上でモーションブラーを行うことは出来ませんが、MMD上で行う設定なども含めたTIPSの解説動画紹介しています。

  • 注意
    • 本ページで紹介する動画は主にMMD以外のツールを使用した内容となっています。
    • モーションブラーの効果については、動画の内容によっても変わるため、必ずしも有効とは限りません。
    • モーションブラーに限らず、動画の加工を行う際にはHDD容量を圧迫する恐れがあります。

モーションブラーとは (Wikipedia)
モーションブラー (motion blur) は、動いている対象をカメラで撮影した時に生じるブレ(英語でblur)のことである。

※ 「MMD講座」の最新動画検索は【ココ】から。(タグ:MMD機能紹介,MMD技術部,MMDアクセサリ,MMD講座)

モーションブラー



NiVE を利用した例

動きの残像に利用した例

遠近感の演出に利用した例

エコノミー回避版 はコチラ ⇒ sm3568199

AviSynth を利用した例

MFlowBlur
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7389279

導入からAvsPの使い方まで
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7559724

Crystel Engine を利用した例

Crystel Engine
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6431920
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7402125

VirtualDubMod / NiVE を利用した例

VirtualDubMod他との比較
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7471134


コメント

名前:
コメント: