※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

▼Master of Drawing Shangri-La

■Masterとは?:
MasterとはDrawingShangri-Laのゲームを司る存在です。
他のゲームのGMやSDやMOと同じです。
DrawingShangri-Laでは、PC船団の羅針盤という位置づけだと考えればいいでしょう。

■Masterの役割:
主な役割は達成値の掲示です。
達成値とは達成目安。
その数値と同等あるいは超えると、その行為・行動・言動が成功したということになります。
MasterはPLの航海日誌に記入した行動に対して、達成値を表示。その結果を掲示する。
それだけです。

■達成値の掲示方法:
MasterはPLの行動に対して達成値を複数表示します。
達成値の表示順番は【低ー中ー高】です。
数値にすると【達成値 1 2 3…】という風に表示します。

■達成値の効果:
達成値は全て結果・効果に直結しています。
達成値が低ければ低いほど、その効果や結果も低くなり。
逆に達成値が高ければ高いほど、その効果や結果も高くなります。

■達成値の数値と結果・効果の範囲関係について。
達成値の数値と結果・効果は約+2~8だと考えてください。

例:
海賊船で宝箱を見つけた。
【:中身を調べる】
達成値 5 7 8 12 17

この場合の最低達成値5 最大達成値17です。

まずは5が【金貨:財:資4】だった場合。
達成値5で資4だとすると、資4が最低ラインとなります。
つまり最低ラインの資4から+2~8が結果・効果範囲です。
その辺の調節はMasterの自由です。
しかし最低ラインから+2は確実だと思ってください。
そして結果・効果が下がることはないです。
これは宝以外の結果・効果もそうです。


■達成値の目安:達成値のつけ方。
達成値はPLによって違います。なのでPLによって達成値の基準も変わっていきます。
達成値の基準の求め方は各PLの【基盤値】+【経営値】です。
それによって出た数値が、そのPLの基準となります。

例:
あるPLの【文化】+【機転】の合計値が67の場合。
達成値の基準は67となりそこから高低が決まる。


■同じ行動を行う場合。
失敗して同じ行動を行う場合、Masterは+2~8をその達成値につけることができる。


■ゲーム進行の手順
MasterはPLを導く役目もあります。
導くといっても決められた手順を掲示するだけです。

1・エントリースレッド作成
2・エントリーを確認。
3・ゲーム始めの挨拶(しっかりと行いましょう)
4・各PCに主要行動を決めてもらう。
5・各航海日誌と編成を提出してもらう。
6・確認後、ゲーム開始。


1・エントリースレッド作成:基本中の基本です。

2・エントリーを確認:まあ普通やりますね。

3・ゲーム始めの挨拶:しっかり行いましょう。

4・各PCに主要行動を決めてもらう:提出は順番を決めて、出してもらったほうが分かりやすいでしょう。

5・各航海日誌と編成を提出してもらう:編成はしっかり見ましょう。

6・確認後、ゲーム開始:では楽しみましょう。

■NPCのDrawing化:

NPCは基本、勝手に動きます。
MasterによってはNPCに裏設定がある人も居るでしょう。
NPCが嫌と言ったら使用できません。このゲームは酷いもので他のPLがNPC出来ます(笑
また使用するには制限があります。高い能力ほど使用するのは難しいです。
なので頼らない。期待しない。気まぐれ。ということを念頭に入れておきましょう。


■その他、Masterが使うだろうデータ
名称:世界電報通信艦
【燃1~5:資2~10】
【燃料と資産を払うことで電文を他の船団へ届ける。電文の長さや船団の規模によって値段が変わる】

【燃料と資産を払うことで電文を他の船団へ届ける。電文の長さや船団の規模によって値段が変わる】

名称:世界郵便艦
【資1~10】
【資1~10を払うことで手紙を他の船団やNPCあるいはPCに届けることが出来る】
【電文との違いは速度である。電文はリアルタイムで届くが、手紙は資の支払いにより三日~一ヶ月かかる】