※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ある人が病気により余命数ヶ月という宣告を受け、家族と一番最初に葬儀について話し合いました。親戚などの中には「縁起が悪い」という声がありましたし、一緒に話し合った家族も、「葬儀について考えるのは、病気に負けたということではないか」という負い目がありました。でも、そうやって前もって話し合ったことにより、いざというときごたごたが起きずに、落ちついて葬儀を行うことができたそうです。


もともと特定の宗教を信じている人が少ない上、さらにキリスト教を信じている人はその中のごく一部です。そのため、キリスト教の葬儀は、結構その地方の葬儀の作法に配慮されているものとなっています。しかし、あくまでキリスト教の葬儀は、先に神のもとへ行く死者と、ひとまず残された家族の別れを悲しむものであり、死そのものは悲しむものではないということは変わりません。


葬儀にあたり、本当に自分にあった、すばらしい葬儀業者を見つけることは至難の業です。しかし、自分たちがいいようにとりしきってしまい、「家族や故人が望む葬式を行う権利」を奪ってしまう悪い葬儀業者をみつけるのは、ちょっと情報収集すれば簡単です。最低限、自分が望む葬儀を行ってくれる業者を元気なうちに見つけ、相談しては?