大正15年4月11日付富山日報の記事(富山市総曲輪小学校での演奏会の記録)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 開会前すでにハチ切れるような盛況で、廊下は子供でもみ合うばかり。口々に囁くザワメキは洪水のようで、定刻前雷の様な拍手を浴びて、権藤、藤井の両氏がステージに現れ、たえなる藤井氏のピアノに連れて潤いある豊麗な権藤氏の声が堂の隅々に行き渡る。一曲を終わるごとに満場思はず感嘆の叫びを上げるのみにて雑音なく、ただ芸術的雰囲気のみであった。(以下略)