パワパーク@Wiki 第117回巨人

読売巨人軍




第113期 祝 セ・リーグ2位!!

第114期 祝 セ・リーグ1位、日本一決定!!

第115期 祝 セ・リーグ1位 セリーグ連覇達成!! 2期連続日本一決定!!

第117期 祝 セ・リーグ1位、2期ぶりに日本一決定!!



チームの歴史・最近の戦跡

今期(117期)の成績

順位 勝ち 負け 引き分け 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策 連勝
1位 98勝 39敗 3分 .295 2.88 5.1 178 41 24 9


目立った成績(ランキング10位以内の選手)

~野手陣~
選手名 作成者 打率 本塁打 打点 盗塁
C.Y.LIU2 rock1986 .310(4位) 12(10位)
DAI POP .302(8位)
6ⅠP トレビノ 80(10位)
春麗 かをる .369(1位) 44(1位) 149(1位)


~投手陣~
選手名 作成者 防御率 勝利 セーブ 奪三振
イーグル ハンマー 1.82(2位) 16(3位)
ビジャ メッセンジャー 2.36(6位) 15(4位)
エターニア よしろう 2.63(10位) 9(7位)
和拓 ワタク 14(5位) 7(8位)
マウス? マウス 32(1位)
のびねこZZ たこす軍曹 14(6位)

前回各賞

選手名 作成者 成績
なし なし なし なし

今回各賞

選手名 作成者 成績
首位打者 春麗 かをる .369
打点王 春麗 かをる 149
本塁打王 春麗 かをる 44
最多セーブ マウス? マウス 32



これ以前は『巨人の歴史』で紹介。
  内容は、戦跡・過去の名選手たち等

○ 以前のコピー(クリックすると展開)

○ 過去の最終成績(クリックすると展開)

第117回所属選手紹介

野手-Fielder-

選手名 ポジション 作成者 コメント
C.Y.LIU2 rock1986 阪神からトレードで移籍してきた選手。26歳で通算打率2割9分は本物。高い走力と技術を持つ。俊足巧打のバッターで、今期から1番に座った。117期は1番に固定で.310、195安打の活躍を見せた。盗塁数が伸びれば他球団にとって更なる脅威となるだろう。
DAI POP 昨季は打率もあがらず、不本意な結果となった。今季はその悔しさをばねに上位打順に返り咲いた。新しく来た春麗選手にライバル心を燃やしている。3割を超える打率に70を超える打点は2番打者としては文句無しの成績。来期は穴の開いた5番に座り、打点を量産するか。
6ⅠP トレビノ 移籍してきた春麗選手に四番の座を譲り、今季は三番としてチームに貢献した。安定した打率・本塁打は健在で、チームの守備の要としても活躍している。今期も20本塁打、80打点をクリア。毎シーズン安定した成績を残せるのは見事の一言。
春麗 かをる 116期パのMVP。ロッテ野球の構想から外れたため巨人で新しい野球人生を始める。移籍1年目に4番に座り、.369、44本塁打、149打点の大活躍。チームの2期ぶりの優勝に大きく貢献してくれた。来期の連覇に関しては間違いなくこの選手の活躍が鍵を握るだろう。
遮那王4 名無し 名無し化によりコメント無し。
ファイラ ファイガ 112期新人王。若干25歳で高い打撃力をもつ。野手での若手の期待の星で、今季は昨季までの一塁手から、左翼手をまかされた。高いミート力と走力の高さは将来的にも上位に座れる魅力的なポイントだ。今期はミート打者ながら68打点を叩き出す活躍を見せた。下位に繋げる役目も含めて来期も好成績が望めそうだ。
ミート ミート 優れた技術を持ちながらなかなか打率があがらない。もう少し走力があれば内野安打を量産できるのだが・・。満塁に強い満塁男。以前は3割を大きく超える打率を残していた。力はある。117期は.281の成績。3000本安打達成にも向けて来期は安打数を伸ばしたい。
セイシェル SAS ついに能力の衰えが始まってしまった・・・ただでさえ打撃能力が低いのにこれから先はもっと低くなる可能性が高い。守備だけを見ればまだいける気もするがそれも時間の問題であろう。これから先は特殊能力を購入して能力の低さをカバーするという方法を取るしかなさそうだ。
松井秀喜 DH まっく 116期の新人王。ミート力とパワーから将来性を感じる。117期は.282と確実に成績を上げてきた。来期は本塁打を増やし、将来の看板選手としての基盤を作る。

投手-Pitcher-

選手名 作成者 コメント
イーグル ハンマー 先発 37歳ながら衰えない制球・変化球を武器に、シーズンを通して好調を貫いた。勝利数では自己最多となり、まさに充実したシーズンだった。しかし、念願のタイトル獲得がならなかったのは残念である。来期こそタイトル獲得を狙う。
ビジャ メッセンジャー 先発 中継ぎ、抑えを経験し、チーム事情から先発に変更。落差の大きいカーブに他3種類の変化球を使い分ける。安定した低い防御率が魅力。117期は新たに取得した超特殊能力の成果が大きく現れた。チーム2位の15勝を挙げ、防御率も2点台前半と文句なしの活躍。
OK ok 先発 111期移籍入団の変化球右腕。4種類の変化球を使いこなし、自慢のコントロールで強打者を打ち取る。毎シーズン2桁に近い勝利数を挙げ、防御率も安定している。チームへの貢献度は非常に高い。117期は9勝と惜しくも2桁には届かなかったが、いつも通り安定した成績を残した。来期は2桁勝利なるか。
のびねこZZ たこす軍曹 先発 104期入団のナックル使いのサウスポー。速球・変化球・制球ともに文句なしなのだが、先発ではなかなか結果が残せず、一時期中継ぎにまわって好結果を残した。114期は17勝を挙げ、チーム日本一の原動力に。117期も14勝と好成績。先発のメンバーとして欠かせない存在になってきた。
エルメス キノ 先発 104期入団の中継ぎ左腕。3種の変化球が武器。中継ぎと先発の両方をこなせる有能投手。117期は負け越しはしたものの2桁勝利を記録。来期も安定した投球でチームに貢献する。
和拓 ワタク 中継ぎ MAX158㌔の剛速球は圧巻。今季は中継ぎながら14勝もあげ、シーズンを通して中継ぎの柱として活躍した。大きな特能を狙っているという噂もあり、来季が楽しみな選手である。
エターニア よしろう 中継ぎ 107期入団の速球派左腕。150キロを超えるストレートと2種類の落差のある変化球が武器。116期にチーム事情から中継ぎに回る。117期はシーズン当初に取得した超特殊の成果が出たか、防御率2点台の好成績を収めた。来期は先発か中継ぎか分からないが、与えられた役割をきちんとこなし、来期もチームの連覇に貢献したい。
たんすの精霊 炭水化物 中継ぎ 6年目になって防御率もかなり安定してきている。後は一つ一つのレベルアップをすれば球界を代表する投手になれる素材を持っている。ただ、全体的に小さくまとまりすぎている感は否めない。今期の好成績が今後の飛躍に繋がるか。今後期待の選手の一人である。
マウス? マウス 抑え 巨人が誇る守護神。150キロを超える速球と2種類のレベルの高い変化球で毎シーズン安定した成績を残している。守護神として今後も活躍が期待される。117期は32セーブを挙げる。被本塁打は1と貫禄のピッチング。


総評

【野手総評】
攻撃力:S 走力:C 守備力:C
シーズンを通して、1~9番まで切れ目の無い打線だった。特にロッテから移籍してきた春麗選手が大爆発し、それに合わせるように打撃陣全体が好調を保ち、得点率も5点前後とチーム全体としての打撃力の高さを示した。数年間名無しなしの巨人において、将来が期待されていた遮那王4選手が名無しになってしまったのは悲しいが、個々の選手が成長しているのは確実である。


【投手総評】
先発力:S 中抑力:S
能力に比べ今一納得できる結果が出ていなかった投手陣も、実力が出し切れた、という感じのシーズンだった。先発のイーグル選手とビジャ選手両選手、中継ぎの和拓選手、抑えのマウス選手の活躍には目を見張るものがある。特に、試合全体の流れを作る先発で成績を残した最年長の二人がチームを優勝へと導いてくれた。今後は数年後の世代交代が円滑に行われるように、若手の投手が成績を残していかなければならない。

【チーム総評】
総合力:S
今季は序盤から圧倒的な強さを見せ、シーズン途中で早々と優勝を決めてしまう程であった。昨季は能力では勝っていながら、広島に優勝を譲ってしまった。今季はそれぞれが良い成績を残したことが、チームをここまで押し上げたといえるだろう。
今、まさに巨人の黄金時代の幕開けといえる。

昨シーズン(116期)の感想

114期、115期と連続日本一で3連覇を目指した116期だったが、広島の独走に阻まれた。チーム打率もチーム防御率も悪くはなく、原因を挙げれば得点率の差か。115期終了時に比べるとチームの長打力が落ちたのは認めざるを得ない。
優勝できなかったのは残念だったが、Aクラスを確保したことは大きい。100期前半の低迷期を考えればこの数期で巨人軍は驚くほど強くなった。来期以降も広島のように長期Aクラスに留まりたい。

来季に向けて・・・・

チームの高年齢化が激しくなってきた。特に投手陣はたんすの精霊選手を除けば全員30代前半~後半の選手である。若い頃から在籍し、チームの躍進に貢献した選手ばかりが揃っている。彼らの引退期が巨人にとってしばらく若返りのための低迷期になるのは仕方がない。
早めの若返り政策も考えるべきか。

ドラフト希望選手

~野手~
即戦力になれる強打、もしくは巧打俊足タイプの選手。 

~投手~
現在募集しておりません。



FA移籍・トレードの選手


  • 野手
①守備型プレーヤー。守備力Bクラスなら大歓迎です。

②走塁型プレーヤー。トップバッター、もしくは下位で上位につなげる役目を担う選手。

③パワー型プレーヤー。中軸に座り、本塁打量産で勝利に貢献!!の選手。


現在は①のタイプの選手は大歓迎です。守備の要としての活躍を期待しています^^



  • 投手
先発、中継ぎ、抑え関係なく即戦力の選手。巨人で長い間戦力になっていただける方大いに期待します。


上記に当てはまる選手で移籍を考えている方、またはこのタイプの選手を育成したいと考えている方。是非巨人への移籍・入団をお願いします。


今シーズン両リーグの動向


セリーグ -Central League-

117期2日目。116期で首位独走、連覇を目指す広島を我らが巨人軍が抑えて首位に立っている。戦力的にもこのままいけば優勝はほぼ間違いないか。怖いのは広島の爆発。勢いを取り戻す前に差をつけて優勝を確実なものにしたい。Aクラス争いも目が離せない。中日、阪神の2チームが3位に食い込む形になりそうだ。


パリーグ -Pacific League-

117期2日目。上位4チームが貯金10以上とまだまだ接戦の予感。現在首位の日本ハムがこのまま首位をキープするか。攻撃に長けるオリックス、走守と投手陣の安定が魅力のソフトバンク、総合的に素晴らしいロッテ、どの球団も優勝できる可能性はまだまだある。下位のチームとの勝利数の差や直接対決での差が大きく明暗を分けそうな展開だ。


今シーズンの他球団注目、要注意選手

他球団から注目・要注意選手を1人、もしくは2人紹介したいと思います。
球団 選手 ポジション 巨人軍観点的コメント
広島 松坂小輔I 投手 広島投手陣のエース。毎シーズンタイトル争いに絡むと共に広島のAクラス入りに貢献している。今期も活躍することはほぼ間違いないだろう。なんとか打ち崩して勝利を掴みたい。
中日 ドン・ブソーン 投手 引退した斉藤選手に代わり、今期から抑えになった。現在防御率0点台と完璧な成績を残している。彼に登板される前に勝ち越しておきたい。
阪神 吉川健二 捕手 11年目を迎えた攻守のできるパワーヒッター。非凡なミート力は脅威。左投手にもめっぽう強く注意が必要だ。
横浜 延江大輔 投手 日本ハムから移籍したパリーグNo.1の抑え投手。今期から先発に回ったが実力はリーグが変わっても変わらなく、すでに8勝を挙げている。2桁勝利はほぼ確実か。
ヤクルト 森下② 投手 若い年齢ながら高い能力を持つ左腕投手。SFFが武器。117期も開幕投手を任されている。打線の援護があればもっといい成績を残せる。
日ハム ほわいとらぶ 外野手 鉄壁の守備力に加え、俊足、強肩、巧打を兼ね備えた好選手。守備職人も光るが、打撃力も魅力。日ハムを変えた選手の一人。今期も自慢の守備力でチームを支える。
オリックス 蛇魂王Ⅲ 投手 高速スライダーを武器とする速球派左腕。今期はすでに16勝を挙げる大活躍。防御率も1点台と文句なしの成績を残している。このままシーズン終了まで20勝を挙げるとともにチームを優勝に導けるか。
ロッテ 黒糖 外野手 115期に楽天から移籍した俊足巧打の有能外野手。ロッテ移籍後はチームの1番打者として活躍している。今期も3割を超える打率を継続している。このままチームを引っ張りたい。
ホークス KERORO(DX) 捕手 豪力を持つ大型パワーヒッター。ソフトバンクの4番打者。ミート力も高く、攻守にわたり、チームの要でもある。
楽天 MEGADEATH 投手 23歳ながら楽天の抑えを任されている本格派投手。150キロを超える速球と3種の変化球が魅力。なんとか試合を作って彼に回したいところか。
西部 赤生玉 投手 西武一筋のベテラン左腕。ナックルを駆使する。投手陣のエースとしてチームの浮上にこの選手の活躍が鍵を握る。




備考:名無し野手1名、投手0名

最終投稿者:よしろう
注意: コメント用の新規ページをつくりました。これからはこちらを利用してください。
BBS(巨人)

これまで - 人の方がここを訪れました
今日は -
昨日は - 人  
Since 2006/5/14