パワパーク@Wiki 今季の成績・タイトル獲得・wiki評価など

今期のヤクルトニュース

後藤大輝2選手がオールスター投手MVPを獲得。

第141季成績 93勝45敗2引き分け 最大連勝8  首位

V2達成。全球団勝ち越し完全優勝。・・・

リーグ戦総括
終盤戦まで阪神との優勝争いが続いた。
一時は詰められたが、振り切って連覇を達成した。

ポストシーズン・日本シリーズ
2ndステージの横浜戦を3戦ストレート勝ち。
日本シリーズはオリックス戦。
ようやく初戦を勝って、さあ、ここからと思ったが、3連敗。
マケレレ選手が、意地の完封勝利を見せるも、2勝4敗で敗退となった。
7回も挑戦して、未だに日本一になれていない。
皆さんの為にも、来季は悲願の日本一を達成してあげたい・・・・。

Wiki評価

年期 73 74 75 76 77 78 88 89 101 102 107 111 113 115 117 119 121 123 124 125 126
評価 C B D B A B B B C B B C B B C C C
A A A A
127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141
A A B B A A A A A A A A A A A


現在のチーム状況

A B A S B S

今季オールスター出場選手

選手名 作成者 ポジション 成績 出場回数
たい焼き うぐぅ 遊撃手 .545(0本1点) 8回目
猿野天国 tomi 左翼手 .384(0本0点) 5回目
カイト kaito 一塁手 .111(0本0点) 7回目
双海聖二 神代 三塁手 .400(0本2点) 初出場
どうっぱ どうっぱ 右翼手 .153(0本1点) 初出場
後藤大輝2 EAST 先発投手 0.00(0セ7奪) 2回目
マケレレ のぐち 先発投手 3.60(0セ3奪)) 8回目
オリックス・ソフトバンク連合軍のチームに勝利。





昨季のチーム部門の成績
打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
.299 3.82 5.9 185 254 17


今季のチーム部門の成績
打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
.301 3.54 5.6 190 236 13

今季ベスト10入り選手

(野手)
選手名 作成者 打率 本塁打 打点 盗塁
カイト kaito .338(1位) 28(7位) 93(10位)
猿野天国 tomi .355(1位) 36(2位) 131(1位)
ガル カル .310(8位) 26(10位) 103(5位)
駒宮宏明 矢ノ宮亮樹 33(5位)
たい焼き うぐぅ .351(2位) 26(9位) 58(1位)
メッサーラ サザビー 32(7位)
どうっぱ どうっぱ 54(3位)

(投手)
選手名 作成者 防御率 勝利 奪三振 セーブ
マケレレ のぐち 3.01(2位) 16(3位) 113(6位)
後藤大輝2 EAST 2.09(1位) 18(1位)
ざっき~ ざっき~ 3.22(7位) 14(9位) 108(8位)
蘿蔔頭 pptry 115(5位)
山野 山野 6(8位)
メイプル 木の葉落合 4(10位)
alate 5(9位)
増渕竜義 ヤクルト 29(1位)

今季ベスト10入り選手

(野手)
選手名 作成者 打率 本塁打 打点 盗塁
カイト kaito .338(1位) 28(7位) 93(10位)
猿野天国 tomi .355(1位) 36(2位) 131(1位)
ガル カル .310(8位) 26(10位) 103(5位)
駒宮宏明 矢ノ宮亮樹 33(5位)
たい焼き うぐぅ .351(2位) 26(9位) 58(1位)
メッサーラ サザビー 32(7位)
どうっぱ どうっぱ 54(3位)

(投手)
選手名 作成者 防御率 勝利 奪三振 セーブ
マケレレ のぐち 3.01(2位) 16(3位) 113(6位)
後藤大輝2 EAST 2.09(1位) 18(1位)
ざっき~ ざっき~ 3.22(7位) 14(9位) 108(8位)
蘿蔔頭 pptry 115(5位)
山野 山野 6(8位)
メイプル 木の葉落合 4(10位)
alate 5(9位)
増渕竜義 ヤクルト 29(1位)

今季タイトル獲得者

タイトル名 選手名
首位打者 猿野天国
打点王 猿野天国
盗塁王 たい焼き
防御率 後藤大輝2
最多勝 後藤大輝2
最優秀救援投手 増渕竜義
リーグMVP(野手) 猿野天国
リーグMVP(投手) 後藤大輝2

ベストナイン
選手名 作成者 ポジション 受賞回数
たい焼き うぐぅ 遊撃手 6回目
カイト kaito 一塁手 7回目
双海聖二 神代 三塁手 初受賞
猿野天国 tomi 外野手 3回目
どうっぱ どうっぱ 外野手 初受賞
CHARA3 CHARA DH 2回目
後藤大輝2 EAST 先発投手 初受賞


移籍・新入団・転生選手情報

IN               
選手名 状況

OUT     
選手名 状況


野手総評

チーム打率が3割をマークした。
若手選手・中堅・ベテラン選手が一体となっての攻撃は鮮やかだった。
1・2番のたい焼き選手、どうっぱ選手が足を絡め、クリーンアップで還すという理想の野球ができた。

投手総評

後藤大輝2選手、マケレレ選手が15勝以上をマーク。
ざっき~選手、蘿蔔頭選手も二桁勝利をマークし、先発としての存在感を見せてくれた。
中継ぎも山野選手を軸に安定していた。

総合総評

16季連続の勝ち越し、そして2季連続優勝を成し遂げた。
広島にやや苦戦したが、勝ち越した。
紅選手の能力が非常に高く、自慢の打線も手も足も出なかった。


来季の課題

若手投手は、成績の向上をさせるには上級変化球取得が必須。
野手もベテランが多いので、得能を取得して欲しい。


※補足
外野は、走力・肩力・守備力の高い選手が守るポジション。肩が強ければ、相手走者の進塁を阻止でき、三塁・ホームで刺すことができる。
内野は、外野と同様なことができない。一言で言えば、併殺の完成が重視されるポジション。

※注意
あけペナは5日間で140試合ですから、1日分で45試合以上を消化しないと、全試合の消化は厳しくなります。wikiの書き込みもあるので、4日目で全試合を終わらせましょう。(wiki評価の対象でも対象でなくても)
それと、全試合を消化できなければポジの変更ができません。ポストシーズンに進出出来るよう、まずは全試合を絶対に消化しましょう。これだけはお願いします。


※新入団選手にあたって
新入団選手の方はご挨拶をお願いします。一言でいいです。
わからないことがあればアドバイスをいたします。(出来る限りの範囲までは教えられます。wikiの書き込みは、全てでなくていいです。そこそこ書いて頂ければOKです。)