パワパーク@Wiki 第73回巨人

巨人

チームの歴史・最近の戦跡

巨人の歴史で紹介。
内容は、戦跡・過去の名選手たち・ここ3期でのチーム成績&個人タイトル

第73回所属選手紹介

野手

選手名 ポジション 作成者 コメント
臼野原 明日があるさ 攻撃リズムを作り出す役割を見事に果たしている選手。能力は落ちていっているが、攻守両面で野手を引っ張る。200安打が目標。
梅島博人 Dream 巧打の捕手。今期は足も健在なところを見せてくれている。能力は大分落ちたが、チームに無くてはならない存在だ。
賛美委 産英 前期打率3割を達成し、ベストナインにも選ばれた。能力に若干の衰えが見えるが、走攻守すべてでまだいける。今期もよりいっそうの成績が望まれる。
堀江由衣 ホリィ 長年チームを支えた支えてきた名二塁手も今期で引退。最後の年もチームをまとめる働きを果たしてくれた。ちなみに自称17歳(ぇ
OVER 中野屋 バランスのとれた能力を持つが、今期のこの成績を見る限り今年限りかもしれない。来期の新しい選手に期待を寄せる。
豊泉 ライト 俊足強打の万能バッター。今期から4番を任される。特殊能力がさみしいが、期待の大きな選手である。
遮那王2 遮那王 長打力に光るものがある7年目。今期からクリーンアップを任される。能力を存分に発揮してほしい。
小久保裕紀 yabe 引退して再入団の一年目。今回も典型的な打撃型なので打率・本塁打でチームに貢献したい。
猫汰 こきち そろそろ、完成感が出てきたがまだまだ成長しそうな予感。今後は、盗塁王に期待したいところだ!

投手

選手名 作成者 コメント
有沢龍堂 KAZU 剛速球と、大きな変化球を三つ持ついまや巨人の大エース。前期は14勝で防御率が2点台前半と、タイトルこそなかったもののやはりある程度の活躍は望める。今期はコントロールがCに下がったことがどう影響するか?
カルマ chicken 黄金時代を知る大ベテランも今期が最終年。通算200勝も達成し、今期も投手陣の核として働き、最後を飾りたい。
ガディオス 美澄 最多勝するも、防御率には課題が残った。今年が真価をとわれる年だ。
藍天客1 LEE 先発一年目は大活躍、一気に柱の一つとなった。よくコントロールされた二種類の大きな変化球を武器に、今期も安定した成績を残したいところだ。
寿々奈鷹乃 朝凪 前期は7勝14敗、またもや結果を残せなかった。7年目の今期は巻き返しを図り、最低でも二桁勝利が求められる。能力はある程度いいものを持っているので、大化けの可能性も無いわけではない。
take2 take ついに現役に終わりが近づいてきた。それでも高い制球力と変化球はいまだ健在。中継ぎ陣の支柱となる投手だ。
幸村 mss2 試合を作る能力は十分あるが、成績に現れないのが悩みの選手。基礎能力はなかなかのものを持っているので一皮向ければリーグでも屈指の中継ぎとなるだろう。
こてⅢ こて3 1年目はまずまずの成績。これまで巨人の抑えを任され続けたノウハウを活かし、うまく成長することができるか。将来の守護神の座を狙う期待の若手。
アイバーソン セイフェル 巨人に移籍してからの成績は文句なしの絶対的守護神。捕手の要求そのままに投げ込まれる剛速球と、大きなHシンカーが持ち味。

総評

【野手総評】
走攻守すべてにおいて若手・ベテランのバランスがいい。守備に関しては大きな問題は無い。投手にとって頼もしいことだ。打線としては、誰が主軸を打っても大量得点が狙える。しかしながら、松井秀喜選手の引退により少々力が落ちたのは事実だ。賛美委、豊泉ら中軸を担う打者がどこまで穴を埋められるか期待されるが、今期はチーム全体不調なのか不本意な成績で終わりそう…

【投手総評】
全体的に能力が高い。現状の先発投手の力は高いと思われる。しかし、カルマ選手が契約最終年となり、後を埋める先発投手候補問題が俄然重要となった。中継ぎは制球力があり、試合を任せることができる。アイバーソン選手が抑えに定着したことで、後ろに心配は無い。

【チーム総評】
引退前の2選手だけでなく、すべてが機能して勝ち取ったリーグ優勝。今期も勢いを維持したいところだ。堀江選手を核とした打線は今期も強力な力を持つ。投手もバランスよくまとまり、各々が役割を果たせば、かなりの成績を残せるチームだといえる。不安とされていた若手の力も伸びてきており、将来性にも富んだ構成だ。

【昨シーズンの戦績評価及び今シーズンの展望】
昨シーズンの最終成績は140試合で86勝52敗2分、最大で13連勝し、リーグ連覇を果たした。日本シリーズでは敗退したものの、リーグ随一のチーム力は健在だった。1番から9番までどこから始まっても点を取れる打線が形成されて、投手も奮闘したとはいえ、打撃力で勝ち取った優勝といえるだろう。投手陣では、藍天客1選手が先発として一本立ちしたのが大きな収穫だ。

今期は長年チームを支えた松井秀喜選手が引退し、打撃力の低下が危惧される。若手野手の力は確実に伸びているが、投手の力でカバーすることが必要だろう。今期で引退するカルマ・堀江由衣両選手の最後を飾るためにもリーグ3連覇、日本一を目指してチーム一丸となっていきたいところだ。

【希望選手】
引き続き、巨人では未来の先発候補となる若い選手(出来れば高卒)を募集しています。スタミナと制球が高ければ、多少能力が低くても変化球であればすぐ育ちますので、速球と変化球に関しては二の次(もちろんこれらも高い方が良いですが)と考えています。これからドラフト、新規入団希望される方はどうぞ宜しくお願い致します。

最終投稿者:朝凪

↓選手コメント等を更新したら、下の投稿フォームを使ってこちらに報告をお願いします。
  • 今期(73回)分の自選手のコメントと昨シーズンの戦績評価及び今シーズンの展望を不完全ながら更新しておきました^^ -- 朝凪 (2006-05-17 19:16:08)
  • 今回も、早速更新しておきました^^
    今年も優勝目指しましょう!! -- こきち (2006-05-17 21:04:37)
  • 更新しておきましたw -- KAZU (2006-05-18 15:10:11)
  • 更新しました^^ -- yabe (2006-05-18 16:12:57)
  • 更新しました。 -- 産英 (2006-05-18 22:56:38)
  • 更新しました^^ --中野屋
  • 副管理人・孝斗さんの指摘をうけ、いまさらながら選手コメントを更新しました^^; -- 朝凪 (2006-05-23 16:59:45)
名前:
コメント:
これまで - 人の方がここを訪れました
今日は -
昨日は - 人  
Since 2006/5/14