パワパーク@Wiki 第74回阪神

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

阪神タイガース

#ref error : ファイルが見つかりません (hanshin.gif)
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -

過去の総評:


html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

選手一覧


・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★素晴らしき打者達★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
選手名 作成者 PW MT 走力 肩力 守備 コメント
信陵君 歴史を知るもの 足が速くて守備がいい。全体的に能力がいい特に走力、ミートには目を見張るものがある。内外野どちらでも力を発揮できそうな選手です。今年から一番打者に抜擢されました。歴史を知るものの大好きな俊足巧打タイプです
JYAI KIM 入団6年目。ミートSという脅威の打者。そのシュアなバッティングに期待したい。ビハインドの場面でも逆境の強さが生かされる。ミート以外の能力もバランスが取れているので、今後の活躍に期待。
宮城正 鬼頭 ホームランが多く打点が高い。高卒の選手で、打率が良く、本塁打も良い。将来の4番に期待ができる打者。四番に抜擢されてもおかしくない選手です。
中村憲洋 あおい 今期ミートがAにまでアップしたが打率が思うようには伸びていない。パワーもあり本塁打が期待できる主軸バッターの一人。今期からはついに四番に抜擢され、主砲としての活躍が見られるだろう。
@@@@ @@@@ パワーがAで、その他の能力もバランスがとれている打者。活躍に期待がかかる。今期からは打点を荒稼ぎしてもらいたい。特殊能力による能力の底上げもまだまだ期待できる。前期打率2位、本塁打3位、打点1位という脅威の活躍を見せたので、今期も活躍が期待される。
成瀬未来 ホタル パワーとミートがBであるが、走力が少ないのがオチ。走力があれば最高のバッターになれるであろう。今期も主役の一人としての活躍に期待!
モリーナ 本村寿朗 毎年安定した打率を残している17年目の大ベテラン。最近は能力が衰えて盗塁数は減少傾向。しかし、持ち前のミート、走力、特殊能力でまだまだ活躍中!!
慶子 かん 入団4年目。1年目は打率.278の成績で新人王候補だったが、惜しくもタイトル獲得はならなかった。2年目以降のシーズンは1年目に比べて打率が低下しているが、今季は打率3割以上を狙う。
けいすけ けいすけ 5年目のシーズンもさらなる活躍を期待。ミートがすでにAであり、将来安定した打率をマークすることができるのではないだろうか。


・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★素晴らしき投手達★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
選手名 作成者 球速 制球 スタミナ コメント
エースの称号 エースの称号 142 名前の通り阪神のエースとして君臨。変化球が全て上級変化。安定した防御率を残す頼れる存在。引退までにどれだけチームに貢献してくれるかが楽しみだ。
のびねこM たこす 138 3種類のキレのある変化球を操る投手。特殊能力の多さも特徴の一つとしてあげられる。緩いストレートと抜群の変化球による緩急をつけたピッチングが信条。
浮舟 愛媛馬師連合会 142 打たれ弱い面がある為、早い回でスタミナ切れになることが多かった。スタミナがBまであがってきた今期は中継ぎ陣への負担軽減することができるだろうか。
郭李建夫 kuwata 144 入団3年目で制球力・スタミナ共にBと能力はすばらしいので、活躍が期待される。一発病の特殊能力を抱えているのが弱点。
眉村健2 海堂高校2 146 三年目の今期は先発に抜擢。スタミナに不安があるが、その他の能力は申し分ないので活躍を期待。
打たれ靖 かす 149 3年目のピッチャー。速球と変化球については申し分ないが、制球力に不安が残る。将来は郭李建夫と共に先発としての活躍が期待される。1年目からいきなり11勝(11敗)をマークしたが、防御率と被本塁打数に課題が残った。2年目も2ケタ勝利を手にしたが、今季はどうか。
劇場王 名無し 144 ドラフトにて獲得したが、名無しとなってしまった。
JC JC 142 今期入団のルーキーピッチャー。能力のバランスが取れていてこれからの成長に期待。将来の先発投手候補の一人。
特訓開始 145 入団13年目。これからは能力低下との戦いが始まる。特殊能力でどこまでカバーできるか。


第74回あけぼんペナントinGPPS杯結果


順位 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防御率 得点率 本塁打 盗塁 失策
78 59 .569 .296 4,31 5,3 210 73 47








野手編

チーム打率.296得点率5,3本塁打数210
打率、得点率、本塁打数と三つの部門で一位に輝く。年々打撃は伸びてきている。
課題であった機動力も改善され、盗塁数最下位から脱出した。


投手編

チーム防御率 4.31
入団1年~3年目の若い選手が多い為、73回シーズンよりも投手陣の総合力低下は否めないが、若手が成長する2~3年後は期待できそう。先発のエース格のピッチャーが二人とも高齢なので将来の先発投手候補選手が育ってほしい。



チーム総合


打撃力はリーグNO1と申し分ないが、中継ぎエース J・コール選手引退で投手陣総合力が低下してしまった。入団1年~3年目の若手選手が多く、能力も優れていると思うので、成長が来期以降の優勝を狙う為のポイントとなりそうだ。                         



                   最終編集者 轟