パワパーク@Wiki 来期の展望(広島)

174回パ・リーグ予想


チーム 順位 総評
日本ハム
ロッテ
ソフトバンク
楽天
西武
オリックス

※奇数回はセ・リーグ、偶数回はパ・リーグを更新しています。



173回セ・リーグ予想


チーム 順位 総評
巨人 3位 wikiはまずまずの評価。
若手野手が順調に育ってきており、Aクラス入りも十分有り得る。
中日 4位 古株がチームを抜けた影響かwikiランクを下げている。
このまま順位も下げていく可能性がある。
阪神 5位 若手とベテラン両極端といった感じ。
若手の活躍しだいではAクラスも可能だが、その逆を行くことも。
横浜 6位 wiki放置により最下位は堅い。
どう建て直すか
広島 2位 リーグ最強の打線に投手陣も徐々に整備されつつある。
okko選手の抜けた穴をどう埋めるか注目される。
ヤクルト 1位 総合力はダントツでリーグトップ。中抑力はSランクとまさに鉄壁。
黄金期を迎えており、優勝は堅いだろう。

奇数回はセ・リーグ、偶数回はパ・リーグを更新しています。



172回パ・リーグ予想


チーム 順位 総評
日本ハム 5位 守備・投手に難有り。
楽天の上昇により、Aクラス入りは厳しいか。
ロッテ 4位 チーム力の割に成績が芳しくない。
Bクラス入りと予想したが、普通にやれば1位になれるはずだ。
ソフトバンク 6位 若手が多く、発展途上のチーム。
最下位脱出はすぐそこだ。
楽天 3位 他球団からの移籍が活発で投手陣が整備された。
中継ぎ・抑えに穴はあるものの、先発がすばらしく、それほど気にならない。
西武 2位 穴が少なく、総合力のあるチーム。
Aクラスは堅いだろう。
オリックス 1位 若手とベテランのバランスが良い。
接戦になるだろうが、1位になると予想。

※奇数回はセ・リーグ、偶数回はパ・リーグを更新しています。



171回セ・リーグ予想


チーム 順位 総評
巨人 3位 wikiはまずまずの評価。
若手野手が順調に育ってきており、Aクラス入りも十分有り得る。
中日 4位 古株がチームを抜けた影響かwikiランクを下げている。
このまま順位も下げていく可能性がある。
阪神 5位 若手とベテラン両極端といった感じ。
若手の活躍しだいではAクラスも可能だが、その逆を行くことも。
横浜 6位 wiki放置により最下位は堅い。
どう建て直すか
広島 2位 リーグ最強の打線に投手陣も徐々に整備されつつある。
okko選手の抜けた穴をどう埋めるか注目される。
ヤクルト 1位 総合力はダントツでリーグトップ。中抑力はSランクとまさに鉄壁。
黄金期を迎えており、優勝は堅いだろう。

※奇数回はセ・リーグ、偶数回はパ・リーグを更新しています。



170回パ・リーグ予想


チーム 順位 総評
日本ハム 5位 打撃はリーグトップクラス。
中継ぎに大きな穴があり、先発の頑張りが必要とされる。
ロッテ 1位 圧倒的な戦力を誇る。
普通にいけば1位以外は考えられない。
ソフトバンク 3位 チーム力は球界でもトップクラス。
経験の浅さをどう補うかが鍵を握る。
楽天 6位 打線はバランス良く構成されている。
変化球不足の投手陣、化けるか。
西武 4位 打撃陣はかなりのものがある。
投手陣にやや穴があるが先発は安定して勝ち星を挙げそうだ。
オリックス 2位 経験豊富な選手が多く、安定した戦いをしそう。
Aクラスは間違いないだろう。

※奇数回はセ・リーグ、偶数回はパ・リーグを更新しています。



169回セ・リーグ予想


チーム 順位 総評
巨人 5位 投手陣の高齢化や、野手陣に若手が多いことから上位進出は厳しいと見る。
今期は投手戦で勝たないと打撃戦では勝てる見込みは低い。
中日 1位 主力選手の引退により戦力ダウンは否めないが、もともと圧倒的な戦力なだけに順位変わりそうにない。
野手は隙が見当たらない。
阪神 4位 名無しの強力選手のところに新人選手が入団したため、戦力ダウンした印象を受ける。
投手陣は中継ぎ以降に若手が多く、どうやりくりするか注目。
横浜 6位 発展途上のチーム。
今の若手が主力となるまでは我慢の戦いが続くだろう。
広島 3位 リーグ最強の打線だが、投手陣がどう踏ん張るかが鍵。
昨期同様崩壊しなければ、1位、2位も見えてくる。
ヤクルト 2位 総合力はリーグトップ。
経験を積めば間違いなく黄金期が訪れる。



過去の来期の展望(広島)

☆ミ 過去の来期の展望(広島)

最終更新日時 : 2008年03月02日 17時45分23秒 :篠田純平