パワパーク@Wiki 平安VS成章

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

平安VS成章


見どころ


初戦を逆転勝利した成章はセンバツの古豪平安との対戦。

成章:エース小川を軸とした守り主体のチームですが、前の試合で3失策していたので
    ここを修正できるかがカギとなってくる。

平安:4番の小林は打率が5割を越えており、どこからでも得点でき、
     サウスポーの川口は打たせて取るピッチングで投打バランスの取れたチームなので
     当日の川口のできによる。


Result


試合開始9:01
試合終了11:00

- H
平安 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 7
成章 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2 5

勝利投手:川口亮(平安)
敗戦投手:小川泰弘(成章)
本塁打:なし

戦評


平安は2回に4安打と序盤に成章のエース小川をたたみかけ3点を獲得。
平安のサウスポー川口の多彩な変化球で成章打線は翻弄されていましたが、
6回にその打線は川口を捉えます。宮下のチーム初安打で流れを作り1死2,3塁
とすると、3番中尾の2点タイムリーで1点差に詰め寄ります。
しかし平安は8回から松田が登板し成章の反撃を抑えました。

これでセンバツ史上初となる近畿勢6校が初戦突破を果たしました。