パワパーク@Wiki 日本ハム第187回~第189回成績表

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日本ハムの成績です。


大混戦の末2位。ギリギリでの勝ち越し。


187回順位表

順位 チ ー ム 試合 ゲーム差 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策
1位 オリックス 140 77 61 2 - .557 .270 4.07 4.4 176 131 14
2位 日本ハム 140 69 67 4 7.0 .507 .261 3.82 4.5 198 113 15
3位 楽天 140 67 70 3 2.5 .489 .273 4.30 4.6 197 144 17
4位 西武 140 67 70 3 0.0 .489 .272 4.35 4.1 155 162 10
5位 ロッテ 140 66 70 4 0.5 .485 .273 3.85 3.7 142 204 8
6位 ソフトバンク 140 64 72 4 2.0 .470 .251 4.16 3.9 167 21 23


第187回オールスター出場選手

ブーホールズ(ぶーほーるず) 三塁手 2回目

第187回ポストシーズン

1ndステージ
VS楽天
第1戦 日 4-2 楽 (札幌ドーム)
WIN
第2戦 日 6-10 楽 (札幌ドーム)
LOSE
第3戦 日 0-5 楽 (札幌ドーム)
LOSE





※左側がホームチーム、右がアウエーチーム

ポストシーズン・日本シリーズ総括
1stステージの相手は楽天。
リーグ戦では圧倒した相手だったが、ポストシーズンでは思うようにいかず1勝2敗で敗退。
やはりチャンスでの凡退の悪癖を直したいところだ。



野手総評

3割打者はごりたもう選手のみという寂しい結果になった。
盗塁もごりたもう・機龍・アイゼンの3選手が目立った程度だった。

投手総評

番長・ファニキス選手が先発の軸となった。影松神事選手はノーヒット・ノーランを達成した。
碧色のユメ選手が中継ぎの中心として活躍した。

総合総評

大混戦になったシーズンとはいえ2位だった。しかし、チーム打率の悪さ・野手陣の三振の多さには「喝」を入れたくなるはず。
ロッテに10勝17敗1分と大きく負け越したのが致命傷だろう。

来季への課題

衰退期に入っている選手の起用を考えたい。
投手陣の立て直しと、チーム打率のアップが必須。
守備力を筆頭に能力向上に努めよう。
依然 wiki編集は積極的に。試合監督をしている方は、必ずwikiの編集を。評価の時は、派生ページと編集人数が必須。編集したあとにチーム内コメントは忘れずに。更新した意味がなくなる。



2年連続、勝ち越しで2位通過するも・・・


188回順位表

順位 チ ー ム 試合 ゲーム差 勝率 打率 防御率 得点率 本塁 盗塁 失策
1位 楽天 140 83 54 3 - .605 .279 4.00 5.0 211 146 16
2位 日本ハム 140 78 58 4 4.5 .573 .277 3.95 5.1 225 90 6
3位 オリックス 140 67 70 3 11.5 .489 .264 4.12 4.4 210 91 25
4位 ロッテ 140 64 75 1 4.0 .460 .272 3.96 3.6 138 275 5
5位 西 武 140 63 74 3 0.0 .459 .265 4.98 4.3 172 164 12
6位 ソフトバンク 140 57 81 2 6.5 .413 .250 4.72 4.1 176 42 28


第188回オールスター出場選手

ブーホールズ(ぶーほーるず) 三塁手 2回目

第188回ポストシーズン

1ndステージ
VSオリックス
2ndステージ
VS楽天
第1戦 オ 5-10 日 (大阪ドーム)
WIN
第1戦 日 5-6 楽 (札幌ドーム)
LOSE
第2戦 オ 2-3 日 (大阪ドーム)
WIN
第2戦 日 1-6 楽 (札幌ドーム)
LOSE
第3戦 日 4-8 楽 (札幌ドーム)
LOSE




※左側がホームチーム、右がアウエーチーム

ポストシーズン・日本シリーズ総括
1stステージの相手は昨季日本一のオリックス。
リーグ戦に引き続き、2連勝と相性の良さを発揮し、2季ぶりの2ndステージに進出!
しかし次のリーグ覇者楽天には3タコと無惨な結果に。
ペナントの相性がモロに反映されてしまった。



野手総評

3~7番の中軸がいずれも好調で、リーグトップの本塁打数を誇った。
一方盗塁数はブービー賞と、バランスの悪さも露呈。打線にメリハリをつけていきたい。

投手総評

打高投低のリーグの中、チーム防御率トップをマーク。
中でもファニキス投手がエースとして大車輪の活躍だった。
先発昇格の碧色のユメ投手も合格点。

総合総評

クライマックスシーズン進出はできるものの、その先にいけない詰めの甘さが続く。
チーム全体が高齢化しつつある中、何か打開できるような決定力が欲しい。

来季への課題

若手若手と言われる中、そろそろ世代交代を見据えた強化が必要になってきた。
ポイントはリリーフ陣の成長か。野手の守備力はこのまま上昇に勤めよう。
依然 wiki編集は積極的に。試合監督をしている方は、必ずwikiの編集を。評価の時は、派生ページと編集人数が必須。編集したあとにチーム内コメントは忘れずに。更新した意味がなくなる。


. . . . .
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -


最終更新者:ごりたもう
最終更新日: 2008年06月27日 11時09分08秒