パワパーク@Wiki 第193回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#ref error : ファイルが見つかりません (総評.bmp)


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。




◎第193回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
193 5 140 54 79 7 4 .406 .257 3.80 3.2 96 128 15
パ・リーグ1の若さを誇るソフトバンクは、今期も前期と同じく5位に甘んじる結果となった。
投打ともに絶対的な柱に欠ける為、次世代の主力選手の育成に急がなければならない。
現在黄金期真っ只中の楽天を見ると分かるように、WIKIでSランクを取り続ける事が出来れば一気に上昇軍団への道を開く事が出来る。
そのためにはチームでの更なる話し合いが不可欠だろう。




☆今期のパ・リーグを振り返る

  • 一位は、東北楽天。黄金期はまだまだ続きそうだ。
  • 二位は、埼玉西武。2番~5番の4選手の活躍が大きかった。投手陣も中々の成績。
  • 三位は、千葉ロッテ。投手陣の高齢化が気になってきた。若手先発の奮起が待たれる。
  • 四位は、オリックス。野手陣全体の打棒の不安定さが仇となったのか四位に。
  • 五位は、我々ソフトバンク。長期的な目でAクラス入りを狙っていきたい。
  • 六位は、日本ハム。若手とベテランの年齢がかなり離れており、しばらくの間上位進出は厳しいか。





☆プレーオフ展望

ソフトバンク不出場。






☆今期のオールスター

選手名 出場回数 成績
エッジ .250(0本1点)
びーむ 21.60(0セ0奪)
岡上和也 46.29(0セ2奪)










☆野手陣総括

  • 192期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 後藤光尊 .274 158 6 40 76 0 24 2
2 レオピカ .252 151 2 37 84 1 17 0
3 機龍 .287 159 12 44 49 1 19 1
4 麒麟 .245 135 15 65 76 2 10 0
5 ここりこ .243 134 14 63 106 1 5 0
6 エッジ .286 152 4 42 66 2 19 4
7 青龍サンデー .235 121 18 59 98 0 6 4
8 DH 海野民子 .228 116 15 56 75 1 7 0
9 本多雄一 .258 142 10 44 77 1 21 0
【寸評】
今季は3割を越えたのが一人もおらず、盗塁数も昨季より減った。
今シーズンは投手陣が奮闘していたため打線が振るわなかったのが特に目立った。
しかし足の速い選手はまだまだ健在なので調子のいい者の打順を上げるなど足を生かせるようにもっと流動的にしたほうがいいかもしれない。
★各選手能力はこちらです。





☆投手陣総括

  • 191期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 あはは 2.31 13 5 0 89 78 8
11 大隣憲司 5.86 2 12 0 53 78 23
12 びーむ 2.65 8 11 0 66 88 10
13 だれさき 5.40 3 15 0 63 94 15
14 shun 4.57 8 12 0 88 106 16
15 杉内2 4.06 5 9 6 117 120 18
16 岡上和也 3.05 7 7 4 139 150 16
17 wii+sport 3.59 8 6 2 84 122 9
18 堂谷 3.00 0 2 22 15 12 4
【寸評】
今季の投手陣は奮闘が目立った。
先発2年目のびーむ投手が防御率2点台など好成績をあげた。
しかし援護に恵まれずに勝ち星は伸びなかった。
来期もこの調子で頑張ってもらいたい。
★各選手能力はこちらです。







☆チームWiki

名無し化が2人出たり、いるのにWikiに参加しないなど不満点が多い。
このままではいつまでたっても暗黒時代のままだし、投手の駒がいないのだから
よけいに尚更だ。皆さんよく言われるが、本当にやる気のない奴は入らなくて結構。
人数は少ないが、我々でWikiを立て直していこう。






  • 最終編集者 : lazy
  • 編集内容 : 野手・投手陣総括
      オールスター
  • 更新日時: 2008年07月26日 21時40分52秒 :
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -