パワパーク@Wiki 第77回阪神

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

阪神タイガース

#ref error : ファイルが見つかりません (hanshin.gif)
通算訪問者   -
今日の訪問者  -
昨日の訪問者  -

更新コメント?



過去の総評:



過去の成績表:



最新のページ





html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。
html plugin Error : このプラグインを使うにはこのページの編集権限を「管理者のみ」に設定してください。

選手一覧


・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★素晴らしき打者達★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
選手名 作成者 PW MT 走力 肩力 守備 コメント
信陵君 歴史を知るもの 1番打者として申し分ない活躍を見せている俊足巧打タイプの選手。能力低下は否めないので、特殊能力でカバーしたい
JYAI KIM 入団9年目。ミート力Sで安定した成績を残す。そのシュアなバッティングにて今期も当然活躍の期待がかかる。パワーも標準レベルあり、長打も期待できる2番バッター
宮城正 鬼頭 前期もすばらしい成績を残したが、信陵君選手同様に能力低下は否めないので、特殊能力でカバーし主軸としての活躍が期待かかる。
@@@@ @@@@ 76回シーズンは打点王のタイトル獲得。今期も破壊力抜群の打線の中心選手として活躍が期待かかる。
成瀬未来 ホタル ミートがBにdownしたが、今期は超特殊能力取得し主軸選手として活躍を期待。
けいすけ けいすけ ミートがSにupした前期は不本意な成績だったので、巻き返しに期待。
モリーナ 本村寿朗 20年目の大ベテラン。今期通算3,500本安打を達成できるか。
慶子 かん 入団7年目。ミート・走力がBで、その他の能力もD以下無しとバランスが取れている。前期は打率.308を残し数シーズン続いたスランプから脱出した。今期も安定した成績が残せるかが鍵。
トカラ海峡 36 2年目の選手。今期はパワー・走力も標準レベルに成長したので、活躍に期待。将来の主軸打者に育ってほしい。


・*゜゚・*:.。..。.:*・゚★素晴らしき投手達★゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*
選手名 作成者 球速 制球 スタミナ コメント
エースの風格 エースの風格 142Km C B 2年目の選手。既にスタミナがBの為先発として頑張ってもらう。いつかエースになる日が来るまで頑張れ!今期のキャンプで上級変化球取得。
打たれ靖 かす 150Km C C 6年目の選手。今期は縦の変化球を上級変化球にUPさせた。速球・変化球・制球力・スタミナ共にバランスがとれているので、さらなる活躍が期待できそう。
オレンジ バナナ 148Km D C 中日からめんたま2選手とのトレードで来た3種類の変化球と150キロ近い速球を操る選手。移籍1年目からの活躍に期待。
サルムンド (☆*☆) 149Km C C 77回シーズン入団の新人選手。150キロ近い速球と威圧感でどれだけ活躍するか楽しみ。新人王獲得なるか。
皆川 狩る派地 150Km D C 入団3年目。今期は宣言通り、弱点であった左打者への弱い面を解消させた。打たれ靖選手と共に150キロの速球を武器に活躍の期待がかかる。
のびねこZ たこす軍曹 140Km C C スタミナがCとそこそこあるが、勝ち運が備わっているので中継ぎで起用。3種類の上級変化を持っているのも魅力。
JC JC 144Km C C 2種類の上級変化球を持つ4年目の若手ピッチャー。前期は中継ぎで14勝とすばらしい活躍を見せた。
NAT イエー 143Km C D 前期は新人として申し分ない成績を残した。今期は2年目のジンクスを打ち破り、見事な成績を残す事が出来るか。
特訓開始Ⅰ 144Km B D 76回シーズンは終盤2連続救援失敗の影響が響き1セーブ差で最多セーブのタイトルを逃したが、入団2年目にして守護神としての素質の片鱗を見せた。77回シーズンは真価が問われる。

総評


攻撃力 守備力 走力 先発力 中抑力 総合力


<野手総評>

攻撃力の評価はAと申し分ないが、守備に不安あり。
ベテラン選手が多いので全盛期に比べパワーの衰えは否めない。


<投手総評>

世代交代をむかえ最高年齢が27歳と若く、成長途上の選手が揃っているので不安要素も多々抱えている現状である。順調に成長すれば数年後には最強投手陣が完成するだろう。それまでは弱点をみんなでカバーしたい。


<チーム総評>

77回シーズンも投低打高となりそう。野手陣はチーム盗塁数が大幅に増えたので、機動力も攻撃のバリエーションに生かし得点力増加を目指したい。投手陣は先発陣のスタミナ不足等の不安があるが、投手陣全員で弱点をカバーし上位を目指したい。

総評更新:轟