パワパーク@Wiki 第206回ソフトバンク総評


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#ref error : ファイルが見つかりません (総評.bmp)


ソフトバンクの今期の総評です。選手のシーズン最終成績も載せています。




◎第206回

☆今期のチーム最終成績

年度 順位 試合 勝ち 負け 分け 連勝 勝率 打率 防率 得率 本塁 盗塁 失策
206 1 140 85 52 3 10 .620 .266 2.59 4.3 128 164 8
30回目のリーグ優勝を2連覇を果たす。
今期は、西武戦で苦戦したもののロッテ戦で貯金を多く作れたのが勝因だ
野手陣の得点率が昨期よりも上昇し、ソフトバンクが目指す機動力野球が出来た成果だ。
盗塁数は2年連続リーグトップの164個だが昨年より30個ほど減少。
投手陣の防御率は2点台中盤で安定した成績を残した。特に先発陣の頑張りが見えた。
西武に負け越した為、完全優勝を惜しくも逃した。


☆今期のパ・リーグを振り返る

  • 優勝は、 ソフトバンク 。通算30回目!2連覇達成する。
  • 二位は、日本ハム。2年連続ソフトバンクと熾烈な優勝争い。
  • 三位は、オリックス。失策数がリーグトップだがCS進出を果たす。
  • 四位は、西武。編集者が移籍加入しwiki復活と共に選手が結果を残す。
  • 五位は、楽天。チーム総合力はリーグトップクラスだが・・・
  • 最下位は、ロッテ。若手が育たず苦戦。選手層は厚くなってきた。


☆プレーオフ展望

ソフトバンクが優勝でCS進出を果たす。初戦のCS第2ステージは3位オリックスか2位日本ハムと対戦することになる。レギュラーシーズンは対オリッックス18勝8敗2引、対日本ハムは16勝12敗とオリックス戦の方がソフトバンクは得意としている。


☆今期のオールスター

選手名 出場回数 成績
ヘンダーソン 2年ぶり3回目 .333(0本0点)
海野民子 3年連続8回目 .100(0本0点) 
ドリーム7 2年連続4回目 0.00(0セ1奪) 
我末 2年ぶり2回目 5.40(0セ1奪) 
今期はソフトバンクから野手2人・投手2人がオールスターに出場した。
3年連続出場の海野民子にホームランを期待したが10打数1安打に終わる。
野手からヘンダーソン・投手からは我末が2年ぶりにオールスターに選出される。
2年連続出場のドリーム7は3試合に登板し自責点0と好投した。
オールスター連続出場中だった多村仁は前半戦打撃不振だった為、選出されず連続出場記録が止まった。


☆野手陣総括

  • 206期最終成績
ポジ 名前 打率 安打 本塁 打点 三振 犠打 盗塁 失策
1 星空散歩Ⅲ .268 160 1 37 140 48 30 0
2 赤坂V弐 .257 153 10 53 92 1 18 2
3 ヘンダーソン .344 198 6 51 62 1 32 0
4 多村仁 .289 151 30 104 82 2 28 0
5 海野民子 .277 137 41 120 110 3 15 4
6 後藤光尊 .285 148 14 79 70 5 7 0
7 イチロー .234 119 9 52 85 0 22 1
8 おおぴら .209 105 11 48 102 1 13 3
9 DH 川崎 .201 107 5 37 109 1 6 0
【寸評】
昨年より得点率は上昇し、全体的に良い成績を残す事が出来ている。
打率.344のヘンダーソン選手が昨年の盗塁王に続き今年度は首位打者を獲得する。
海野民子選手は3年連続40本塁打100打点をクリアーしたものの西武の野村克也にタイトルを奪われる。
昨年より2番打者を任された赤坂V弐選手。今年は過去最高の成績を残し、成長が見られた。
★各選手能力はこちらです。


☆投手陣総括

  • 206期最終成績
ポジ 名前 防率 勝ち 負け セーブ 奪三 四死 被本
10 杉内2 1.83 11 7 0 135 81 12
11 大隣憲司 2.23 20 5 0 152 117 12
12 だれさき 2.27 14 7 0 155 85 15
13 我末 2.19 14 10 0 156 82 12
14 おィ!!其処の君 4.10 11 9 0 84 102 14
15 ドリーム7 1.91 9 3 3 69 48 9
16 流浪人 3.38 2 5 3 47 41 4
17 憲6 4.66 4 4 2 52 55 4
18 堂谷 1.89 0 2 32 24 15 5
【寸評】
昨期に比べチーム防御率が向上。
先発陣は例年以上の安定した投球で全員が二桁勝利と好成績を残した。防御率が2点台前半、20勝を記録した大隣憲司投手は2年連続の最多勝はほぼ確定した。杉内2投手が防御率1.83と好成績を残したが惜しくもタイトル獲得には至らなさそう。
救援陣では28歳と若いドリーム7投手が防御率1.91、抑えの堂谷投手がベテランらしい投球で3年連続30セーブ&最優秀救援投手に輝く。
★各選手能力はこちらです。


☆チームWiki

wiki更新者の方いつもお疲れ様です。
編集人数は他チームと遜色ない人数と思われますが、まったくやる気がない人にいてもらう意味はありません。
やり方がわからないなら見て学ぶべし。最初は誰だって出来ません。わかる限りの事は教えるので。
そろそろwiki非協力者は切っていくので覚悟しておいてくださいね。



  • 最終編集者 :MARU
  • 編集内容 : チーム最終成績、今期のパ・リーグ、プレーオフ展望、野手・投手陣総括『成績寸評共に』(第206回)
  • 更新日時: 2008年10月26日 13時51分24秒 :
  • 通算: -
  • 今日: -
  • 昨日: -