パワパーク@Wiki 過去他球団分析207-208

208期他球団分析&注目選手

記入例
チーム 選手名 ポジション コメント

-西武-

注目選手 きょん子 西武のリード・オフ・マン。出塁するための能力がほぼ揃っており、厄介なバッター。
コスギⅤ 全盛期に比べだいぶ衰えたが、豊富な特能でカバー。前期も二桁勝利、防御率1点台と幻影の詩人選手が引退した現西武のエースといってもいい。

総評
前期5位とBクラス。投手陣野手陣共に若手が豊富であり、数期後には優勝争いに加わってるチームになっていそうだ。

-ソフトバンク-

注目選手 ヘンダーソン 前期のパリーグ唯一の3割打者。ソフトバンクの安打製造機。前期よりもバッティングセンスに磨きがかかっており更に厄介な打者になっている。
海野民子 前期チーム断トツの37本,107打点と活躍したソフトバンクの主砲。能力は衰えているが油断できない選手である。
大隣憲司 能力は衰えてるが、変化球のキレは今期も健在。気迫を獲得したため、点を取るのが前期よりも難しくなっている。

総評
大規模な退団があり、チーム能力は低下。そのため前期圧倒的な力で優勝したのが、今期苦戦現在3位となっている。だが優勝を狙えるチーム力はまだ残っているので油断はできない。

-楽天-

注目選手 ピノ 前期盗塁王獲得。球界の韋駄天。出塁をされたら3盗までされる可能性大なので四球での出塁は避けたいところ。
上杉克也 現楽天のエース、大黒柱。速球・制球力共に若干衰えたが能力はまだまだ一流。変化球のキレが前期よりも鋭くなり打ちにくくなっている。

楽天総評
今期投手陣の方は新規入団者4名と名無し化がなくなったが、野手陣はソフトバンクから主砲が移籍してきたが、3名の退団がでて戦力的には若干衰えた感がある。

日本ハム

注目選手 独眼竜 日本ハムの主砲。パワー、ミート力共に球界屈指。前期好成績を収めている。今期も要注意打者である。
あるしゃーびん 多彩な変化球がありトルネードから繰り出される速球の威力もいまだ健在。
日本ハムの大黒柱。

総評
打撃力が飛びぬけてるチーム。パワーB以上が5名ミート力B以上が7名と隙がない打線である。
かといって投手陣の方にもあまり穴といえるような投手はいない。唯一弱点といえるのがスタミナがある投手が少ないという点か。

ロッテ

注目選手 久々津虎鉄 MAX160km台の剛速球と多彩な変化球を持つ投手。今期中継ぎとなったが、脅威である事には変わりない。
ムシーナ 前期最優秀防御率獲得。素晴らしい制球力・変化球のキレに威力のある速球を持ったほぼ完璧といってもいい投手。久々津虎鉄と共にロッテを支える柱となっている。

総評
4番にパワーEの選手をもってきている珍しいチームである。投手陣の方もスタミナがある投手が中継ぎ・抑え、スタミナがない投手が先発という理解に苦しむオーダーになっておりどういう戦略なのかは不明。

207期他球団分析&注目選手

記入例
チーム 選手名 ポジション コメント

-西武-

注目選手 きょん子 西武のリーディングヒッター。バッティングセンスが良く、足が速いため投手にとっては嫌な打者である。
幻影の詩人 全盛期に比べだいぶ衰えているが、変化球・特能でカバー西武の大黒柱である。球界の大ベテラン投手であり、今期引退が悔やまれる投手でもある。

総評
wiki評価がSになったが、C評価時代が数期続いた為上位チームと比べるとまだまだ戦力的に劣っている。
ただ野手陣が5年目以下の選手が8人と数期後には恐ろしい打線になっている可能性あり。

-ソフトバンク-

注目選手 ヘンダーソン 前期、打率344と圧倒的な数字で首位打者を獲得。今期対左×を消した為前期以上に厄介な打者になっている。
海野民子 前期本塁打41本,打点120点とソフトバンクの主砲として大活躍。今期チャンス◎を取得したため、恐怖のバッターになる事だろう。
大隣憲司 前期20勝で最多勝を獲得。能力は少し落ちたが、変化球のキレは健在。あまり対戦したくない投手である。

総評
投手・野手共に強い。先発陣に若干能力の衰えが見え始めてるが、まだまだ手強い。投手陣の層が厚く今期も優勝候補筆頭。

-楽天-

注目選手 ピノ 前期盗塁王。できるだけ塁にだしたくない打者である。走守に優れており、これに打撃が加わったら手が付けられない打者になるだろう。
上杉克也 現楽天のエース、柱といってもいい。156km/hの速球に多彩な変化球を操る投手。
回を重ねるごとに強くなっていく投手であり、早めに打ち崩すのが鍵となる。

楽天総評
数期前までは優勝を狙える位置にいたチーム。wiki編集をやっていた選手達の相次ぐ移籍により、今期はwiki評価Cと落ちた。成績も3位から5位と転落。投手力でもっていたチームだけに投手陣の崩壊が成績に大きく響く結果となった。

日本ハム

注目選手 独眼竜 日本ハムの主砲。前期、成績はあまり良くなかったが今期豪力を取得。
このバッターの前にランナーを溜めるのだけは避けたい。
山本昌 多彩な変化球を武器に今期好成績をおさめた。
今期気迫を取得し前期より更に打ちにくい投手となっている。

総評
野手9人中4人がミートSという恐怖打線。特に3番~6番まで続くパワーヒッターには気をつけたい。
投手陣の方にもあまり穴といえるような投手はおらず、隙が見当たらない。

ロッテ

注目選手 久々津虎鉄 前期最優秀防御率獲得。剛速球は若干衰えたが、まだまだ脅威である。変化球も素晴らしく、球界を代表する投手となっている。。
ムシーナ 素晴らしい制球力・変化球のキレを持った投手。久々津虎鉄と共にロッテを支える柱となっている。

総評
野手陣に主砲といえる打者がいない珍しいチームである。投手陣の方もスタミナがある投手が中継ぎという理解に苦しむオーダーになっており、どういう戦略なのかが知りたいところ。



担当 moemoe
更新日 11/19
合計: - 今日: - 昨日: -