ゲーム辞典『は行』


VEGA(べが)
キャラクター(SFIIシリーズ/SF ZEROシリーズ/VSシリーズ/CvsS)
  • 『ZERO3』ではエンディングで溶けてた。
  • 最近は太ったり痩せたり忙しい。
  • 通称デ・ニーロ。
  • いつでもゴウキに襲われているイメージがある。『CAPCOM vs SNK』に至っては「命が惜しくズビャアと、決めセリフ中に手刀で一刀両断されてしまう…哀れ。【管理人】


ぺったんピュー(ぺったんぴゅー)
アクション(サン電子/AC)
  • どこぞの雑誌の一言攻略みたいなコーナーに書かれていた、「24面までは必ずぺったん子とピューすること!」と言うアドバイスが頭から離れません(笑)。【管理人】


ペパルーチョ(ぺぱるーちょ)
主人公(クロックワークナイト)
  • そう言えばいたね。…結局ソニックは超えられなかったね。(同義キャラ:ナイツ)【さすかッチ】


ヘヴィーウェイトチャンプ(へびーうえいとちゃんぷ)
ボクシング(セガ/AC)
  • セガの一連の体感ゲームの一つ。
  • スタンディング筐体から突き出した2本のレバーを握り、あとは実際のパンチを出すように手を動かしてプレイする。
  • ある日、ムキムキマッチョなおにーさんがプレイしているところを見た…あまりのパンチのすごさに筐体がこれでもかと揺れまくり、GAME OVER時には元の場所から1mほど移動していた。【管理人】


へべれけ(へべれけ)
アクションアドベンチャー(サン電子/FC)
  • 自称『クソゲーすれすれのスリリングなゲーム』(笑)。
  • パスワードが色のついた玉であらわされるため、紙にメモしづらい。
  • 北野チェきは買ったばかりの未開封『エースコンバット3』を友人のコレと交換した。【管理人】

  • 「くわしくはとりせつをよむにょー」…中古屋で取説なし1500円で買った私に対する仕打ちがそれかい。(遊び方が分かるまでに1時間半かかった)
  • 2002年3月、PSで復刻・・・マジですか、サンソフトさん【りおん】

    関連項目 『チュートリアルモード』


ベルセルク(べるせるく)
アクションRPG(アスキー/DC)
  • 妖精をつれた主人公が身の丈以上あるごっつい剣で大暴れするARPG(笑)。
  • 主人公であるガッツの(原作での)破天荒なまでのタフさがあまり感じられないのは残念。とはいえ、原作者がシナリオ監修しているだけあり、世界観にそれほど違和感が感じられなかったのは救いだった。
  • ベヘリット欲しさに2本買いました(笑)。【さすかっチ】


ヘルツォーク・ツヴァイ(へるつぉーくつばい)
リアルタイム戦術級シミュレーション(テクノソフト/MD)
  • 『THUNDER FORCE』シリーズに隠れて全くといっていいほど話題にならなかったが、実は名作。
  • 生産、運搬、補給、占領、防衛、何一つおろそかに出来ない上に、対人戦にいたっては心理戦も重要な要素を占める。
  • それを全てリアルタイムで処理しなければ対人戦では勝てないので、1マップ終わった時は疲労度MAX必至。
  • マップ画面は時間がもったいないので開いてはいけない。対戦相手が開いたマップを盗み見るのだ!相手側の所持金や生産ユニットも把握できるぞ!【管理人】

  • アメリカでは、『エイジオブエンパイア』『コマンド&コンカー』等の「リアルタイム戦略ゲーム」の祖先と崇められている…(『エイジオブエンパイア』公式ガイドブックより…)【MIG-29】







| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー